住友不動産は羽田空港直結複合開発プロジェクト「羽田エアポートガーデン」を2020年春に開業する

 住友不動産は12月10日、都内で発表会を開き、「羽田空港直結複合開発プロジェクト」の街区名称を「羽田エアポートガーデン」としたことと、その計画概要を説明した。

 羽田エアポートガーデンは、羽田空港国際線ターミナルと環八通りに挟まれた約4万3000m 2 の敷地に、1717室のホテル、約90店舗の商業施設、天然温泉施設、MICE施設、バスターミナルなどを備えた複合施設。京急線 羽田空港国際線ターミナル駅、東京モノレール 羽田空港国際線ビル駅どちらも直結で徒歩約1分とアクセスも優れている。

 ホテルは住友不動産のラグジュアリーブランド「ホテル ヴィラフォンテーヌ プレミア 羽田空港」(160室)と、ハイグレードブランド「ホテル ヴィラフォンテーヌ グランド 羽田空港」(1557室)が入る。宿泊予約は12月16日から受付開始で、ホテル ヴィラフォンテーヌ グランド 羽田空港のスタンダードな20m 2 台の部屋が1泊1室2万円前後になる予定だ。また、24時間営業の国際線ターミナル至近という立地から、早朝便・深夜便搭乗者向けの短時間利用のニーズにも応えていく考えがあるとのこと。

羽田空港国際線ターミナルと環八通りに挟まれた約4万3000m2の敷地に2020年春に開業する羽田エアポートガーデン

ホテル ヴィラフォンテーヌ プレミア 羽田空港

 ラグジュアリーブランドの「ホテル ヴィラフォンテーヌ プレミア 羽田空港」は33~173m 2 の全6タイプの客室を160室備え、すべての客室から多摩川を望むことができる。コンシェルジュサービスや24時間ルームサービス、宿泊者専用フィットネス施設などを備え、「日本の玄関口に誕生する品格漂う迎賓空間」を演出していく。

「ホテル ヴィラフォンテーヌ プレミア 羽田空港」の客室イメージ

ホテル ヴィラフォンテーヌ グランド 羽田空港

 ハイグレードブランドの「ホテル ヴィラフォンテーヌ グランド 羽田空港」は、全13タイプの客室が1557室。全室が2名以上対応で、3~4名対応の客室も250室備える。ベッドはシモンズ製の特注品を採用している。

「ホテル ヴィラフォンテーヌ グランド 羽田空港」の客室イメージ

泉天空の湯 羽田空港

 大規模天然温泉「泉天空の湯 羽田空港」は、飛行機や富士山を眺められる展望露天風呂を備えた広さ約2000m 2 、24時間営業(清掃時間帯は入浴不可。2時~5時予定)の入浴施設。4種の内湯、3種の岩盤浴、2種のサウナを備えるほか、マッサージやアカスリなどのサービスを提供。また、富士山ビューのレストランも併設する。

大規模天然温泉「泉天空の湯 羽田空港」

ショッピングシティ 羽田エアポートガーデン

 ショッピングゾーンは、日本文化を感じられる商品がそろう「ジャパンプロムナード」、服飾・雑貨などのショップが並ぶ「羽田参道」、さらに「ドラッグストア」「大型コンビニ」など約60店舗が入る。

ショッピングシティ 羽田エアポートガーデン

ベルサール羽田空港

 ベルサール羽田空港は、約2400m 2 のスペースに約700名まで収容可能な大型イベントホール(約1140m 2 、天井高4.5m)、会議室・バンケット(10室)などMICE対応施設を揃える。

イベントホール・会議室・バンケットを備えるベルサール羽田空港


クレジットソースリンク