“日本一かわいい女子高生”を決める「女子高生ミスコン2020」は14日、『投票サイト powered by モデルプレス』をオープンし、SNS審査を開始。投票サイト上で、書類審査・面接審査を通過した約500人の候補者を公開した。

「女子高生ミスコン2020」候補者の一部

「女子高生ミスコン2020」投票スタート 候補者を公開

6回目となる今年度も、「北海道・東北」「関東」「中部」「関西」「中国・四国」「九州・沖縄」の6つのエリアの投票サイトをオープン。候補者たちは、「Twitter投票数」「モデルプレスアプリ投票数」「リツイート数」「ページ閲覧数」「LINE LIVEイベント」「mystaポイント数」「TikTokいいね数」「総合ポイント数」の8項目で審査。

モデルプレスアプリ投票はこちらから

北海道・東北エリア候補者の一部
北海道・東北エリア候補者の一部
関東エリア候補者の一部
関東エリア候補者の一部
中部エリア候補者の一部
中部エリア候補者の一部
関西エリア候補者の一部
関西エリア候補者の一部
中国・四国エリア候補者の一部
中国・四国エリア候補者の一部
九州・沖縄エリア候補者の一部
九州・沖縄エリア候補者の一部

23日21時59分に投票締切、24日にSNS審査通過者を発表する。セミファナリストとして次に進めるのは6エリア合計で100人。「SNS代表」と「都道府県代表」の2つに分けられる。

「SNS代表」はSNS審査の総合ポイントにより、6エリア合わせて50人、「都道府県代表」は面接審査とSNS審査の結果を加味して各都道府県から一人ずつ、47人が選出され、シードを勝ち取った3人が加わり、計100人がセミファイナリストとなる。

「北海道・東北」投票サイト/候補者写真

「関東」投票サイト/候補者写真

「中部」投票サイト/候補者写真

「関西」投票サイト/候補者写真

「中国・四国」投票サイト/候補者写真

「九州・沖縄」投票サイト/候補者写真

※エリアごとのSNS審査通過者人数(内訳)/計100人
北海道・東北エリア代表:15人(都道府県代表7人+SNS代表8人)
関東エリア代表:16人(都道府県代表7人+SNS代表9人)
中部エリア代表:18人(都道府県代表10人+SNS代表8人)
関西エリア代表:15人(都道府県代表6人+SNS代表9人)
中国・四国エリア代表:17人(都道府県代表9人+SNS代表8人)
九州・沖縄エリア代表:16人(都道府県代表8人+SNS代表8人)
シード3人

※「女子高生ミスコン2020」の問い合わせ
下記「女子高生ミスコン」運営メールアドレスまで。
[email protected]

「女子高生ミスコン2020」今後のスケジュール

昨年度グランプリ・あーーゆ
昨年度グランプリ・あーーゆ

続く審査ではさらにセミファイナリスト(ベスト100)から10名を選出し、敗者復活戦の勝者から2名を加えた計12名がファイナリストに決定。ファイナル投票へと駒を進め、12月20日に行われる本戦でグランプリを発表予定。グランプリ受賞者は、大手芸能事務所に所属できる権利を付与されるほか、「女子高生ミスコン」をTV・雑誌等で広く宣伝するPR大使に任命される。

8月14日~8月23日:SNS審査 by モデルプレス
8月24日:セミファイナリスト(ベスト100)発表
9月21日:ファイナリスト発表
10月28日~12月18日:ファイナル投票
12月20日:グランプリ発表

※スケジュールは予告なしに変更する可能性あり

「女子高生ミスコン」とは

昨年度の受賞者
昨年度の受賞者

「女子高生ミスコン」は、前身時代に“くみっきー”こと舟山久美子や“ちぃぽぽ”こと吉木千沙都を輩出した、全国規模の女子高校生限定のコンテスト。SNS投票など女子高生の生活に即した審査方法が取り入れられ、「女子高校生が選ぶ女子高校生のNo.1」を決めるミスコンとなっている。

2015年に初の全国開催となった女子高生ミスコンも今年で6度目の全国開催。昨年度グランプリを獲得したあーーゆはSNS総フォロワー45万人越えとティーン世代に絶大なる人気を誇り、ファイナリストたちも青春恋愛リアリティーショーなどで活躍中。

昨年度グランプリ・あーーゆ
昨年度グランプリ・あーーゆ

また2018-2019年度は“あれん”がグランプリを受賞し「avex」に所属、2017-2018年度では“めいめい”こと福田愛依がグランプリを受賞し、受賞後9ヶ月で15本以上の地上波バラエティ番組に出演するなど、各方面で活躍するスターを輩出している。

昨年度の受賞者
昨年度の受賞者

「男子高生ミスターコン2020」も開催

また“日本一のイケメン高校生”を決める「男子高生ミスターコン2020」も、 8月15日より「投票サイト powered by モデルプレス」にてSNS審査がスタート予定。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

クレジットソースリンク