新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、国内はお盆のシーズンを迎える。東京都の小池百合子都知事は「最大限の警戒が必要」な状況だと指摘し、帰省や都外の旅行の自粛を呼びかけている。

【全画像をみる】コロナ禍の夏休み、帰省予定は4割強 ―― 「県外お断り」「来るな」の声も

その一方で、LINEリサーチが15歳から59歳の5252人を対象に実施した調査によると、全体で4割強が今年の夏休みに帰省する予定だと回答している。帰るか、帰らないか、の狭間で揺れる人たちの心情をたずねた。

「県外出身者、お断り」

「都合の良い時だけ『来るな』って、そんな恩知らずなことがあっていいのかと。震災の時にあれだけ世話になった思いがあるのに」

宮城・仙台出身のハルキさん(43)は、苦々しげにそう語る。

ハルキさんが違和感を覚えたのは、7月の4連休に実家の仙台に戻った時だった。夜に地元の友人ら3人と街へ出ると、街は静まりかえっていた。歩き回ると、店には「県外出身者お断り」との張り紙が貼られていた。

4軒ほど回ってようやく入った店でも、検温のうえ、名前と電話番号の記入を要求され、さらに食事中もマスクの着用を求められた。

翌日、ハルキさんの父親が通う介護施設に向かうと、入館が拒否された。

東北出身のハルキさんは、東日本大震災の時に、どれだけ多くの人から支援を受けたかを身をもって知っているからこそ、街のこうした対応には疑問が残るという。

店をそそくさと閉めてしまうことによる、経済への悪影響にも不安を覚えている。

「(東北の人は)商売が下手くそなんですよ。自粛ムードでそもそも店もやっていないけれど、ずっとこのままでいいはずがない、自分たちでなんとか立ち直らないと」

旧友の結婚式すらも断念

帰省先ではなく、職場など自分の身近で、渡航を止められるケースも増えている。長野県にあるインフラ系の企業に勤める、大阪出身のヒロフミさん(43)もそのひとりだ。

「えー、夏休みですが、大阪府など、県のウェブサイトに記載されている都道府県への往来は、慎重に検討してください」

朝礼の時に、お決まりのセリフが繰り返されるたび、ヒロフミさんは背後に、チクリとした視線を感じた。

大阪出身のヒロフミさんは、毎年お盆シーズンには大阪に帰省しており、今年もそのつもりでいた。さらに今年は、大切な友人の結婚式もある。6月に招待を受けた時、誘ってくれた友人の気持ちを汲んで、ぜひ直接祝わせてほしいとヒロフミさんは返事。お盆のシーズンに1週間の有給休暇を取得した。

クレジットソースリンク