根魚天国とも呼ばれる宮城県。梅雨入りとともに水温も上昇し、本格シーズン到来です。今回は磯からアイナメやソイを狙う、初夏の『磯ロックゲーム』を紹介します。

●宮城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・阿部慶行)

2020年6月27日

阿部 慶行

・OceanRuler FIELD TESTER ・Mustad PROSTAFF ・VARIVAS FIELD MONITOR ・fishingteam 漢SAKANA HUNTER所属 東北地方を拠点にロックフィッシュメインで釣行しており、北は北海道、南は九州とどこにでも行っちゃいます。その他ジギングでの青物やサーフからのフラットフィッシュを楽しんでおります。三度の飯より釣りが大好きです。

×閉じる

ソルトルアー ショア

宮城県はロックフィッシュ天国

東北宮城県も梅雨入りが発表され、ジメジメとした日々となっており、とても寝苦しい季節になりました。梅雨入りが発表されると宮城県の海は水温も18℃前後となり、多くの魚が釣れる時期になってきます。

宮城県ではサーフや堤防からのフラットフィッシュ狙いも人気ですが、忘れてはならないのがロックフィッシュです!宮城県は根魚天国と呼ばれており、メバルやアイナメやソイなど多くのロックフィッシュを狙うことができます。そんなロックフィッシュに長年魅せられている筆者が、磯からアイナメやソイを狙う、初夏の『磯ロックゲーム攻略法』を紹介します。

磯ロックゲームのシーズン

宮城県でロックフィッシュを狙いやすいシーズンは初夏からの5月~7月、もしくは秋~冬の10月~1月という比較的水温が低い季節になります。メバルなどは場所によっては1年中釣れるところもありますが、筆者の経験としては上記の季節がより狙いやすいと感じています。

【宮城2020】初夏の『磯ロックゲーム』攻略法 狙うはモンスター級根魚初夏は磯ロックシーズン(提供:WEBライター・阿部慶行)

アイナメやベッコウゾイが宮城県のロックフィッシュの2大ターゲットになります。このハイシーズンでは比較的デイゲームが好調で、狙いやすい季節になりますよ。メインとなるのはアイナメで、場合によってベッコウゾイが交ざるという感じですね。

私は磯をメインに釣りを行いますが、堤防でももちろん釣れますし、時には大物も釣れちゃいます。初夏はロックフィッシュの活性の上がる絶好の時期になりますので、是非磯や堤防に足を運び元気なロックフィッシュと戯れてほしいと思います。

初夏のロックフィッシュポイント

ロックフィッシュはその名の通り根魚ですので、基本的には岩礁帯に生息しています。ただし岩礁があれば良いのかと言うと、それだけではダメ。必ず岩などに昆布やホンダワラなどの海草が生えていることが条件になります。

【宮城2020】初夏の『磯ロックゲーム』攻略法 狙うはモンスター級根魚海草の生えた岩礁帯が狙い目(提供:WEBライター・阿部慶行)

アイナメなどは比較的回遊をしますが、それほど遊泳力が優れているわけでもないようです。一方ソイは「根魚」としての性格が強く、根にべったりと居付いているような感じです。

初夏は多くのイワシが接岸するベイトが豊富なシーズンです。そのためアイナメやソイもイワシなどの小魚が回遊するポイントにつきやすくなり、ベイトが回遊しやすい場所かどうかも釣果を左右するキーポイントになってきます。特に「潮通しが良いポイント」にはベイトが回遊しやすくなってくるので、より魚の活性も上がってきます。

まとめると、初夏のシーズンでは以下のポイントを設定すると狙いやすくなってきますので参考にしてみてくださいね。

<狙いのポイント>
1. 岩礁帯+昆布があるエリア
2. 潮通しの良いベイトが回遊してきやすいエリア

次のページで具体的な釣り方を解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。


クレジットソースリンク