東北地方物流拠点のコンケンに近代倉庫開発で契約締結 FPTとセントラルワトソン

東北地方物流拠点のコンケンに近代倉庫開発で契約締結 FPTとセントラルワトソンの画像

東北地方物流拠点のコンケンに近代倉庫開発で契約締結 FPTとセントラルワトソン

東北地方物流拠点のコンケンに近代倉庫開発で契約締結 FPTとセントラルワトソンの画像

東北地方物流拠点のコンケンに近代倉庫開発で契約締結 FPTとセントラルワトソン

ソーポン・ラチャラックサFPT社長の画像

ソーポン・ラチャラックサFPT社長

 フレイザーズ・プロパティー・タイランド(FPT)は長い間、注文建設市場で顧客からの厚い信頼を得ている。

 サムットプラカン県バンプリー郡に位置するFPTのバンピークラスターに建つセントラルワトソンの既存物流センターに加え、第2物流センターがコンケン県に開発される。東北地方における近代的卸および小売りビジネスの成長をサポートするためだ。

 FPTによる近代的な産業用不動産の開発に関するノウハウや専門知識、タイにおける物流・流通の戦略的ロケーションに位置する即利用可のランドバンキングにより、FPTならではの市場提案の顧客提供を可能とする。

 今回のコンケンプロジェクトは、北東部内の他県への地域配送に理想的なロケーションであり、顧客にとってラストマイル配送の高速化によるサプライチェーン効率向上の効果が期待できる。

 総合不動産プラットフォームの大手プロバイダーであるFPTは最近、コンケン県で初の近代物流センターを開発するため、ワトソンの健康美容ストアの運営会社であるCentral Watson Company Limited(「セントラルワトソン」)と契約を結んだ。

 タイで急成長を遂げるセントラルワトソンの店舗運営およびEコマースプラットフォームの拡大をサポートするため、FPTは近代的卸および小売りビジネスに対応する近代物流センターを開発。同センターは、現FPTのコンケン・ロジスティク・スパーク・プロジェクト内に開発。コンケン県コンケン市間近のミッタラパープ・ハイウェーNo. 2沿いという戦略的ロケーションに建つ。この地域物流センター(RDC)の建設により、セントラルワトソンはサプライチェーンおよびロジスティクス管理の効率を強化すると同時に、北東部地域という重点市場での運用コストを最小限に抑えることが可能となる。FPTのバンプリークラスター内にある既存物流センターに加え、当RDCはセントラルワトソンの運用能力をさらに高め、オンラインショッパーへの配達を高速化する。 当RDCが完了すると、FPTがリースする総面積は2万1000平米を超える。

 総面積9,000平米を超える新倉庫は、顧客の現要件に対応するだけでなく、将来的な拡張への対応も可能。積み込みベイやドックレベラーの設置、1平米当たり3トンの床耐荷重など、効果的な倉庫管理および物流を考慮した綿密な、さらには品質のあらゆる面を考慮した国際水準の建築基準法および安全基準に従って設計および建設される。セントラルワトソン物流センターは、2021年の前半までに完工する予定となっている。

 FPTのソーポン・ラチャラックサ社長は、「FPTはお客様をより理解する、北東部を含むタイ全国に的倉庫を提供することのできる数少ない開発会社です。 我々は顧客中心のサービスとソリューションを通じ、ニーズを理解して最高クラスの工業所有権と価値ある体験を提供することを絶えず追求しています」と話す。

詳しくはこちら —> www.frasersproperty.co.th
*********************************************************************
佐藤圭一
E [email protected]
No. 944 Mitrtown Office Tower, 22nd- 23rd Floor, Rama 4 Road,
Wangmai Subdistrict, Pathumwan District, Bangkok 10330
Tel. (66)805 805 005
Direct line (66) 65 518 7952
*********************************************************************


クレジットソースリンク