“日本一かわいい女子中学生”を決める「JCミスコン2018」は22日、SNS審査を通過した北海道・東北エリア予選のファイナリストを発表した。

「JCミスコン2018」北海道・東北エリアのファイナリスト

「JCミスコン2018」北海道・東北エリア通過者

SNS審査は、10月15日~21日にわたって「投票サイト by モデルプレス」にて実施。

「投票数」1位:あいるぅ

あいるぅ
あいるぅ

「応援メッセージ」1位:りあ

りあ
りあ

「リツイート数」1位:うみみ

うみみ
うみみ

「ページ閲覧数」1位:ゆづ

ゆづ
ゆづ

「LINELIVEポイント獲得数」1位:おすず

おすず
おすず

「総合ポイント」1位:さり

さり
さり

北海道・東北エリアでは、以上6人のファイナリストが決定。続いて、エリアNo.1の座をかけたファイナリスト決定戦へ進む。

「JCミスコン」全国6エリアの投票サイト

「JCミスコン2018」投票サイト
「JCミスコン2018」投票サイト

2回目の開催となる今回から、「JCミスコン」はSNS審査を導入。姉妹版の女子高生ミスコンと同様、「北海道・東北」「関東」「中部」「関西」「中国・四国」「九州・沖縄」の6つのエリアの投票サイトをオープン。合計150人の候補者たちが、エリアごとに競い合った。

※候補者の写真は各投票サイトにて公開。

「北海道・東北」投票サイト

「関東」投票サイト

「中部」投票サイト

「関西」投票サイト

「中国・四国」投票サイト

「九州・沖縄」投票サイト

※「JCミスコン」に関する問い合わせは下記メールアドレスまで。
[email protected]

なお通過者は、SNS審査のポイント数および面接審査の結果を加味して決定。関東、関西エリアは各18人、北海道・東北、中部、中国・四国、九州・沖縄エリアは各6人の計60人を選出。

11月にファイナリスト決定戦へ進み、同月末に各エリアのグランプリが決定。ファイナリストとして最終審査へ。そして12月26日、グランプリ(=日本一かわいい女子中学生)が発表される。

「JCミスコン」とは

初代“日本一かわいい女子中学生”有川沙姫(C)モデルプレス
初代“日本一かわいい女子中学生”有川沙姫(C)モデルプレス

「JCミスコン」は、「女子高生ミスコン」の姉妹コンテストであり、「みんなで選ぶ、日本一かわいい女子中学生」をコンセプトに掲げる“JC= 女子中学生”限定のコンテスト。

グランプリには特典として、大手芸能事務所と契約できるほか、「JCミスコン2018」PR大使、モデルプレスでの単独記事を掲載が決定している。

なお2017年が第1回大会が行われ、福岡県出身の中学2年生(当時)・有川沙姫さんが初代グランプリに輝いた。

「JCミスコン2017」(C)モデルプレス
「JCミスコン2017」(C)モデルプレス

JCミスコンスケジュール
4/5〜10/5 エントリー期間
10月5日:面接審査
10月15日〜21日:SNS審査
11月5日〜25日:セミファイナル審査
12月10日〜25日:ファイナル審査
12月26日:グランプリ発表

「女子高生ミスコン」について

昨年度「女子高生ミスコン2017‐2018」グランプリの福田愛依(C)モデルプレス
昨年度「女子高生ミスコン2017‐2018」グランプリの福田愛依(C)モデルプレス

JCミスコン誕生の元となった姉妹ミスコン「女子高生ミスコン」は、前身時代に“くみっきー”こと舟山久美子や“ちぃぽぽ”こと吉木千沙都を輩出した、女子高生限定のコンテスト。

プリ機やSNS投票など女子高生の生活に即した審査方法が取り入れられ、「女子高校生が選ぶ女子高校生のNo.1」を決めるミスコンとなっている。

一昨年「女子高生ミスコン2016‐2017」全国ファイナル審査の様子 (C)モデルプレス
一昨年「女子高生ミスコン2016‐2017」全国ファイナル審査の様子 (C)モデルプレス

初の全国開催となった2015-2016年度は、“りこぴん”こと永井理子が初代“日本一かわいい女子高生”に選ばれ、昨年度の2017-2018では“めいめい”こと福田愛依がグランプリを受賞し、『サンデージャポン』や『ダウンタウンDX』など多くのTV番組に出演している。(modelpress編集部)

「女子高生ミスコン2018」ファイナリストをチェック

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

クレジットソースリンク