都道府県道1号は「主要地方道」の1本であり、国道や高速道路などと共に円滑な道路交通を担う重要な道路だ。ここでは東日本編として、北海道から甲信越までの4地区14路線(欠番3路線)を取り上げる。それぞれどのような道路か紹介しよう。

 都道府県道の1号を見ていく前に、日本における道路の種類をおさらいしておこう。日本における道路とは道路法第3条により、高速自動車国道、国道、(都道府)県道、市(区)町村道の4種類に分類される。今回紹介する都道府県道は、道路法第7条において「地方的な幹線道路網を構成し、かつ、次の各号(※1)のいずれかに該当する道路で、都道府県知事が当該都道府県の区域内に存する部分につき、その路線を認定したものをいう」と定義されている。所有と管理は各都道府県もしくは政令指定都市だ。維持コストは各都道府県もしくは政令市都市が担うが、新設・改築については1/2以内で、修繕する際は1/2を国が補助することになっており、国と自治体の折半に近い。

※1 次の各号:以下の通り。
1.市または人口5000人以上の町(以下、これらを「主要地」という)と、これらと密接な関係にある主要地、港湾法第2条第2項に規定する国際戦略港湾、国際拠点港湾、重要港湾、もしくは地方港湾、漁港漁場整備法第5条に規定する第2種漁港、第3種漁港もしくは飛行場(以下、これらを「主要港」という)、鉄道もしくは軌道の主要な停車場もしくは停留場(以下、これらを「主要停車場」という)または主要な観光地とを連絡する道路
2.主要港とこれと密接な関係にある主要な観光地とを連絡する道路
3.
主要停車場とこれと密接な関係にある主要な観光地とを連絡する道路
4.ふたつ以上の市町村を経由する幹線で、これらの市町村とその沿線地方に密接な関係がある主要地、主要港または主要停車場とを連絡する道路
5.主要地、主要港、主要停車場または主要な観光地とこれらと密接な関係にある高速自動車国道、国道または前各号のいずれかに該当する都道府県道とを連絡する道路
6.前各号に掲げるもののほか、地方開発のため特に必要な道路

 道路法第7条で規定された都道府県道には「主要地方道」と一般都道府県道の2種類があり(※2)、中でも重要なのが主要地方道だ。主要地方道は1952年12月5日に施行された「新道路法」に基づき、1954年の1回目に始まって1993年の6回目まで、これまで複数回にわたって建設大臣(国土交通大臣)によって指定されてきた。

※2 主要地方道:県道だけでなく、市道にも主要地方道として指定を受けた道路がある。

 主要地方道は路線番号が若く、一般的には2桁台。3桁台の一般県道とは見分けがつきやすくなっている。主要地方道の本数は都道府県ごとにまちまちで、少ないところでは50本以内(路線番号が40番台まで)。多いところでは、路線番号が90番台まである。さらに例外もあり、北海道は100番台も主要地方道(北海道では「主要道道」と呼ばれる)で、151号まである。東京では環状七号線(318号)や環状八号線(311号)など、300番台の主要地方道も存在する(※3)。そのほか、一部では3桁の主要地方道がある県や、2桁の一般県道がある県もある。

※3 東京の主要地方道:2桁台は道路法第7条で認定され、3桁の300番台は道路法第89条で特例として認定されている。

 都道府県道1号は欠番もあり、それらを除くと全国で38路線。もちろん1号なのですべて主要地方道である。今回、全国を東日本、中日本、西日本編の3回に分け、それら38路線と欠番となっている都県9路線について紹介する。

 まずは東日本編として、北海道から長野県までの14路線(欠番3路線)の起点・終点、総延長、そしてその特徴を紹介しよう。総延長と起点・終点に関しては、国土交通省が5年ごとに発表している「道路センサス」2015年版を参照した(※4)。そのほか、各都道府県の道路管理部門などが公表している公式データなども参考にしている。

※4 道路センサス:5年ごとに発表されているが、原稿執筆時点の2020年4月末~5月初旬の時点での最新版は2015年版。

【北海道】
●北海道:小樽定山渓線(おたるじょうざんけいせん)

【東北】
●青森県:八戸階上線(はちのへはしかみせん)
●岩手県:盛岡横手線(※5)
●秋田県:盛岡横手線(※5)
●宮城県:古川佐沼線(ふるかわさぬません)
●山形県:米沢高畠線(よねざわたかはたせん)
●福島県:沼田檜枝岐線(ぬまたひのえまたせん、※6)

※5 盛岡横手線:岩手と秋田の両県にまたがる。
※6 沼田檜枝岐線:群馬と福島の両県にある(つながってはいない)。

【関東】
●茨城県:宇都宮笠間線(うつのみやかさません、※7)
●栃木県:宇都宮笠間線(※7)
●群馬県:沼田檜枝岐線(ぬまたひのえまたせん、※6)
●埼玉県:さいたま川口線
●千葉県:市川松戸線
●東京都:欠番
●神奈川県:欠番

※7 宇都宮笠間線:栃木と茨城の両県にまたがる。

【甲信越】
●新潟県:新潟小須戸三条線(にいがたこすどさんじょうせん)
●山梨県:
欠番
●長野県:飯田富山佐久間線(いいだとみやまさくません、※8)

※8 飯田富山佐久間線:長野、愛知、静岡の3県にまたがる。愛知、静岡については中日本編で紹介。

→ 次ページ:
まずは北海道・東北の7路線を紹介


クレジットソースリンク