スマートフォンでタイのピマーイ遺跡の中をバーチャル散策。※「バーチャル体験で楽しむ 9県10の魅力」より引用

世界中が新型コロナウイルスの影響を受けている今、各国の政府観光局が様々なキャンペーンの紹介やメッセージ動画を配信中です。
今は旅をすることはかなわないけれど、いつか訪れる日を自宅でイメージして楽しんでほしい――。そんな思いが込められている様々なムービーやコンテンツの中から、今回もいくつかご紹介させていただきます。
(文・こだまゆき)

10万人のフォロワーへ「観光の国ドイツ」を発信

「今、私たちはいまだかつてない時を過ごしています」という一文で始まるドイツ観光局からのメッセージ動画のタイトルは「Dream Now – Visit Later」。外出自粛が続く中でも「想像力を働かせれば行きたいところのどこへでも行けます」というテロップと共に、「風景スケッチ=想像」がアニメーションで再現され、それがあっという間に「実景=現実」へと変化していく演出が印象的です。

ムービーでは男女4人がナレーションを担当し、それぞれが手つかずの自然の中をハイキングしたり、中世の面影が残る小道や路地を見学したり、おとぎ話に出てくるような古城を観光することを「想像」するというもの。ドイツ各地の魅力がたっぷりつまった約3分間の見応えある動画になっています。

現在、ドイツ観光局では、すべてのソーシャルメディア活動に「#DiscoverGermanyFromHome」というキャンペーンハッシュタグを掲げています。国内ではツイッター(@GermanyTravelJP)とLINEで発信中。実はドイツ観光局日本語ツイッターアカウントはフォロワー数が約10万人と、各国政府観光局系アカウントでもトップクラスを誇ります。タイムラインにはドイツの素晴らしい風景や美しい建築物の画像がたくさん。特に現在固定ツイートになっている「世界一美しい牛乳屋さん」は必見で、高精細な3D映像で店内を疑似体験できます。皆さんもアルバムに眠っているドイツの写真を「#DiscoverGermanyFromHome」を付けて投稿してみては?

タイが恋しい人は360°で楽しむバーチャルツアーへGo!

続いてはアジアを代表する観光立国タイから。タイ国政府観光庁では、3Dバーチャルでタイを体験する「バーチャル体験で楽しむ 9県10の魅力」を公開しています。これは遺跡や国立博物館などの観光スポット10カ所に3Dバーチャルツアーができるというもの。

例えば、タイ東北地方にあるナコーンラーチャシーマー県からは「ピマーイの神殿」がラインアップ。アンコールワットのモデルとも言われる遺跡群の回廊を、実際に歩いているかのような感覚で楽しむことができます。パソコンはもちろん、スマートフォンではフリック、ダブルタップで手軽に楽しめます。

おうち時間を楽しめるユニークなコンテンツも。「おうちでタイクッキング」と題したタイ料理クッキングの動画では、パイナップルチャーハンとガパオライスのレシピが公開中です。どちらもバンコクにある5つ星ホテルのシェフが教える本格レシピなのだとか。時間がたっぷりあるこの機会にタイ料理に挑戦してみては?

パイナップルチャーハン

ガパオライス

帰省なども自粛の今、しばらく会えない友人や家族に「まごころEカード」はいかがでしょうか。今はタイに行くことは出来ないけれど、このカードで少しでもタイ旅行気分を共有してもらえたらとの思いで作られたグリーティングカードです。メールやFacebook、LINEなどを介して簡単に送ることができるので、以前一緒にタイに行った友人などに送ると喜ばれそう。

世界中の国々がムービーで贈る “未来の旅”

Eカードは全部で17種類。好きな写真を選んでメッセージを送ってみては

北欧スウェーデンから愛を込めて

最後にご紹介するのは、スウェーデンの観光局が制作したメッセージ動画です。30秒ほどの短いものですが、「From Sweden with love」というタイトルの通り、海や草原、湖、街、そして人がギュッと凝縮され、手つかずの豊かな自然が織りなす北欧スウェーデンらしいショートムービーになっています。今、私たちにできることは大好きな国に再び旅行に行く未来を夢見ること、想像すること。一日でも早くそんな日が来るといいですね。

スウェーデン観光局のサイトでは、日本語版はないものの、スウェーデンの美しい風景などを楽しむことができるので、こちらも空想トリップをしたい時におすすめです。
https://visitsweden.com/

どうか皆さんが健康でありますように。そして安心して暮らせる時が来たら、世界中の国々が、また皆さんをあたたかく迎え入れてくれるでしょう。

PROFILE

  • 編集部員・ライター

    気になる旅のニュース、お得な旅情報をキャッチした編集部員やライターが、随時情報を掲載していきます。

  • こだまゆき

    知らない土地での朝食がなによりも楽しみなフォト派のライター。iPhoneで撮るのも一眼レフで撮るのもどちらも好き。自由で気ままな女性ならではの目線で旅のレポートをお伝えしています。執筆業は旅関連の他、デジカメ、雑誌コラム、インタビューなど。趣味は顔ハメパネル。


クレジットソースリンク