上杉神社の参道でスタートする聖火ランナー=6日午後2時15分ごろ、米沢市

 東京五輪聖火リレーは6日、山形県で始まり、3月に福島県を出発した聖火が東北地方に戻った。山形、秋田、青森、岩手、宮城の5県で21日まで実施される。

 山形県ではこの日、出羽三山の一つ、月山の麓にある西川町を皮切りに、サクランボ生産が盛んな寒河江市、河北町や高畠町などを経て南下。上杉謙信を祭る上杉神社(米沢市)や松尾芭蕉ゆかりの「山寺」として知られる立石寺(山形市)などを巡り、ランナーたちがトーチをつないだ。
 同県では7日もリレーが行われ、天童市から県北部を回って日本海側の酒田市までをつなぐ。



立石寺根本中堂をスタートする聖火ランナー=6日午後6時50分ごろ、山形市
全ての写真を見る

関連タグ

社会 東京2020 山形

関連リンク

  • 聖火リレー 東北に再び 山形から秋田、青森 岩手、宮城へ
  • 山形のゴール式典、無観客に 聖火リレー、公道実施見直しも
  • 山形の特産品、王冠にデザイン 「地産地消の店」新認定証 
  • のんさん、岩手の聖火リレー辞退 「ぎりぎりまで考え悩んだ」
  • 仙台市、中心部の聖火リレー中止を要請 市陸上競技場での実施提案
河北新報のメルマガ登録はこちら


クレジットソースリンク