東北電力グループ×AUBA『TOHOKU EPCO BUSINESS BUILD』


■『TOHOKU EPCO BUSINESS BUILD』について

 東北電力グループの事業基盤である東北6県・新潟県は、国内でも人口減少や少子高齢化が加速しており、今後、交通・教育・福祉などさまざまな分野で社会課題が顕在化することが想定されています。

 多様化する社会課題を広く捉える中、東北電力グループでは、従来の電気事業の枠を超え、「スマート社会」の実現に向けたビジネスモデルの転換に挑戦します。

  地域に住む方々が、ひとつひとつのサービスを意識することなく、快適・安全・安心な生活を手にできるのが「スマート社会」。この「スマート社会」の実現を東北電力グループでは成⻑事業として位置づけ、2020年7月に東北電力内に事業創出部門を設置。次いで、2021年4月に新会社「東北電力フロンティア株式会社」を設立し、推進体制を強化いたしました。

 さらにこのたび、創立70周年を機に、既存の枠を超え、幅広いパートナーとの連携・共創により、新たな価値を創造するためのプログラム『TOHOKU EPCO BUSINESS BUILD』が始動いたしました。

■『TOHOKU EPCO BUSINESS BUILD』実施概要

 『TOHOKU EPCO BUSINESS BUILD』は、アクセラレータープログラムの「インキュベーション」の要素を抽出し、東北電力グループとともに、事業アイデアの骨組み・実証の方向性までを創り切る、言わば、”凝縮プログラム”。

 3つの募集テーマで事業アイデアを募集し、選出された企業と2日間の『TOHOKU EPCO BUSINESS BUILD DAYS』でさらにブラッシュアップ。その後、社会実装に向けたインキュベーション・PoCへと進んでいきます。

 地域社会の課題解決に共に取り組んでいただけるパートナー企業をお待ちしています。

▽募集テーマ

募集テーマには、「お客さまの豊かさの最大化」をキーワードに、3つのテーマを設定。

(1)20~30代向けの暮らし便利サービス

スマート社会実現事業を推進していくため、本年4月に新会社「東北電力フロンティア」を設立しました。新会社では “電気”と”サービス”をセットで販売していくこととしており、20~30代にマッチする快適で安心、便利な暮らしに役立つサービスを充実したいと考えています。

(事業アイデア例)

・安心で助かる「子育て」支援サービス


地域防犯情報等の共有や一時保育のマッチング等、リアルとデジタルを融合した様々なサービスを創出することによって、「子育て」を支援

・「食」の楽しみや便利を向上するサービス

お客さまのお好みにあわせた食品等の販売・宅配や、地域の特産品を生産者から直接購入できる地産地消を促進するサービスによって、「食」の楽しみや便利を向上

・20~30代のライフイベントにあわせた暮らし関連サービス

ライフイベント(就職・結婚・出産等)によって、ライフスタイルが変化し、ニーズが多様化する20~30代向けに、デジタルを活用したサービスで暮らしをサポート

東北電力グループが提供可能なリソース:

・新規サービスの創出と拡充に向けて2021年4月に設立した新会社「東北電力フロンティア株式会社」

・東北電力の会員制Webサイト「よりそうeねっと」の会員基盤(90万件超)

・ファミリー層を対象とした地域のイベント&おトク情報お届けコンテンツ「おでCafe」の会員基盤(6万件超)

(2)行動変容による予防医療・健康促進

事業基盤を置く東北6県・新潟県は、人口対比での医師数が全国平均を大きく下回っており、また平均寿命都道府県ランキングでは東北地域が下位を独占しています。このような地域の社会課題に対して、健康管理・予防医療の充実により、「病気にならない社会」の実現に貢献したいと考えています。

(事業アイデア例)

・新たな技術・アイデアで行動変容


日々の歩数によってポイントが貯まるなど、健康を目的とした日々の運動・行動を楽しくさせる行動変容

・パーソナライズされた健康管理

健康診断の結果等、自身の身体状態をインプットすることによって、健康状態の可視化とパーソナライズされた健康管理

・個人の行動、健康状態を解析

AI等による、現在の日々の行動(運動・食生活等)と定期健診データ等からの健康・身体状態から疾病の発症予測

東北電力グループが提供可能なリソース:

・東北6県・新潟県全域に広がる顧客ネットワーク

・2.5万人を超える東北電力グループ社員のネットワーク

(3)持続可能な農業

東北の基幹産業である農業は、就労者の約7割が60歳以上と高齢化が進んでいます。そうした状況下において、農業従事者の労働負担を少しでも軽減することや後継者の早期育成などが重要な課題となっており、地域の基幹産業の存続と発展に貢献したいと考えています。

(事業アイデア例)

・アグリロボットを活用した自動化


労働力不足の解消や日々の農作業を少しでも楽にできるような、労働負担軽減が可能なアグリロボットの導入

・データを活用した管理

気象現象の変化の激しい時代に安定的な収穫量の確保を目指するために、気温や湿度等の様々な環境データを取得し、生育状況や収穫時期等をデータに基づき管理・分析する農業の導入

・AI技術を活用したマニュアル化

AI(画像解析技術)を活用することによって、作物の生育状況や収穫時期について正確な判断を可能にし、労働力不足の解消や新規参入の促進につながる技術の導入

東北電力グループが提供可能なリソース:

・農業電化ほかエネルギーに関するソリューション

・地場企業、自治体、商工会議所、大学等との地場ネットワーク

▽『TOHOKU EPCO BUSINESS BUILD』参加メリット

・東北電力グループのキーパーソンとディスカッションし、アイデアの実現可能性を高めることが可能

・採択された企業は、インキュベーション・PoCへ

▽応募資格

・法人登記がなされていること。企業規模は問わない。

・プロダクトや技術をお持ちであること。

・2021年7月16日 (金)・7月17日(土)、2日間の『TOHOKU EPCO BUSINESS BUILD DAYS』に終日参加できること。

▽スケジュール

・2021年5月6日(木)  エントリー開始

 <オンライン説明会>

  2021年5月27日(木)に実施いたします。

  本プログラムの内容詳細についての説明のほか、質疑応答も広く受け付けます。

  少しでもプログラム参加にご関心のある方は、お気軽に下記よりお申込みください。

  ■説明会申込ページ: https://techplay.jp/event/815735

・2021年6月14日(月)23:59  最終応募締切

・2021年6月下旬~2021年7月上旬  書類選考・面談選考

・2021年7月16日 (金)・7月17日(土)  『TOHOKU EPCO BUSINESS BUILD DAYS』※

  上記選考を通過したアイデアを2日間でブラッシュアップし、事業化を目指します。

  場所:仙台市内(調整中)

  ※COVID-19等の状況により、オンラインでの開催の可能性もございます。

・2021年7月下旬~2021年10月下旬  インキュベーション期間・PoC実施

  BUSINESS BUILD DAYSにて選出されたアイデアのブラッシュアップを行い、実証実験の準備を進めます。

・2021年12月(日程未定)  最終プレゼンテーション

・~2022年1月下旬  事業化に向けたPoCの継続判断

■『TOHOKU EPCO BUSINESS BUILD』エントリーページ(AUBAウェブサイト内)

https://eiicon.net/about/tohoku-epco-businessbuild2021/

 ※2021年6月14日(月)23:59  最終応募締切

■東北電力 概要 https://www.tohoku-epco.co.jp/

社名:東北電力株式会社

本店所在地:宮城県仙台市青葉区本町一丁目7番1号

設立:昭和26年5月1日

代表者:取締役社長 樋口 康二郎 ※

資本金:2,514億円(2020年3月末時点)

事業内容:電気事業

 ※:樋口の「樋」は、一点しんにょう

■eiicon company 概要

eiicon companyは、「オープンイノベーション※」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施しています。

1)「AUBA」:  https://auba.eiicon.net/ 「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォーム。登録数19,000社。課題・事業成長に必要なリソースなど自社情報を登録、相互に発信し、企業の新たなつながりを実現します。

2)「TOMORUBA」: https://tomoruba.eiicon.net/ 事業を創るビジネスパーソンのための“事業を活性化するメディア”。全国各地あらゆる業界のスタートアップ・中小企業・大手企業から地方自治体・大学まで、資金調達・資金提供・共同研究などの様々な情報や事業を創るためのノウハウ情報などを配信しています。

3)「SHABERUBA」: 「AUBA」が提供する、会員専用コミュニティ。バーチャルコワーキングスペースで会員同士の会話や商談、各種イベント参加やコミュニティ支援実施まで、オフラインでの活動をオンライン上で実現しています。

4)「event」: ビジネスパートナー企業との出会いの場をリアルに創出します。

5)「Sourcing Support」: 専門コンサルタントがオープンイノベーションチャレンジを支援します。

以上5つの軸で、日本に新規事業創出手法「オープンイノベーション」を根付かせるサービスを提供しています。

名 称:eiicon company (エイコンカンパニー)  https://eiicon.net/about/corporate/

代 表:中村 亜由子

所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5

事業内容:

オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、

イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど

電話番号:03-6370-8360(代表)

メールアドレス:[email protected]

■運営会社

社名:パーソルイノベーション株式会社

本社所在地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5

資本金:5,500万円

代表者:代表取締役社長 長井 利仁

事業内容:新規事業創造・オープンイノベーション推進、グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務

※オープンイノベーション

2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法です。

クレジットソースリンク