エフピコは4月28日、兵庫県小野市に新工場と新拠点配送センター「エフピコ (仮称)兵庫工場・配送センター」を建設すると発表した。総投資額は約253億円。5月に着工し、2022年9月での竣工を予定する。

<「エフピコ (仮称)兵庫工場・配送センター」の完成予想図>

同社では「製品生産能力の増強」と「近畿エリア物流能力の増強」の2点から建設を決定した。

「製品生産能力の増強」では、コロナ禍での巣ごもり消費や、ニューノーマル(新常態)の浸透に伴うテイクアウトやデリバリー市場の拡大、消費者の環境意識の向上から、製品の需要が今後増加すると見込んでおり、これを踏まえ、新工場を建設して、広島県の福山地区からの一部生産設備移設も含め、近畿エリアに供給する「エコトレー」「エコAPET」「エコOPET」をはじめとする製品の生産能力の増強を図り、顧客ニーズに対応する。

また、関東エコペット工場、中部エコペット工場、連結子会社の西日本ペットボトルリサイクルで、再生PET原料の生産能力拡大の見込みがついたことから、3月に公表した再生PET 原料生産設備の工場への設置は取りやめ、製品生産ライン増設に計画を変更する。

<工場には配送センターも併設する>
20210428efpico2 520x285 - エフピコ/253億円で兵庫県小野市に工場・配送センター建設

一方、「近畿エリア物流能力の増強」では、新拠点配送センターを新工場に併設し、これまで広島県の福山配送センターから配送をしていた近畿エリアを分割。新拠点の配送センターから行うようにすることで、配送時間の短縮と物流コストの抑制、自然災害時の事業継続と安定供給の強化を両立させる。

新拠点配送センターの在庫保管能力は26万ケース。自動ソーター出荷システムの設置を予定し、稼働後には、9月に完成予定の中部クロスドックセンターの導入分を含め、全国の出荷量の76%が自動ソーター出荷システムによる仕分けになる見込み。

また、今回の新拠点配送センターの建設で、全国にあるエフピコの拠点配送センター(北海道、東北、関東、八王子、東海、中部、福山、九州、新拠点配送センター)から半径150㎞圏内で、主要都市を含む全人口の7割をカバーできる物流ネットワークが完成するという。

そのほか、新工場や新拠点配送センターの人材確保にも取り組む。施策として小野市役所の近隣に、ワンルームマンションタイプの独身寮「ピコハウス5号館」を建設する。独身寮の戸数は140戸で、敷地面積は5936.71m2になる。

■「(仮称)兵庫工場・配送センター」の概要
住所:兵庫県小野市池尻町・榊町 ひょうご小野産業団地
敷地面積:4万8001.70m2
延床面積:約7万8900m2
構造:鉄骨造 地上4階建て
投資総額:約253億円(2020年5月取得の土地取得価額を含む)

クレジットソースリンク