ABCテレビ × 吉本興業がお届けする若手料理人No.1決定戦「DRAGON CHEF 2021」。

2020年12月13日(日)から2021年1月24日(日)まで出場者の応募を受け付け、日本全国

から761名のエントリーを集めました。最年少10歳の女の子から、海外での修業経験のある本

格派シェフ、全国各地の名店で働く料理人、さらに、料理系YouTuberや料理が得意な芸能

人まで、料理のジャンルも問わず、多種多様な方々がエントリー!吉本興業からは、はんにゃ・

川島、バンビーノ・藤田などの料理自慢芸人が、俳優で「グランメゾン東京」にも出演した池田航、

「バチェロレッテ」にも出演した料理研究家・北原一希、石川県のローカルタレント・ビヨン酢なども

エントリーしました!

服部栄養専門学校の講師、ABCテレビ・テレビ朝日系列各局の担当者、「DRAGON CHEF 

2021」制作スタッフからなる「DRAGON CHEF 2021」実行委員会メンバーで、「レシピの独

創性」「基礎的な調理技術」「出場者の熱意・キャラクター」を審査基準に、厳正な審査を行い、

都道府県代表59名を選出しました。59名の精鋭たちは3月開催の【エリア予選】に進出!今

夏開催の【決勝】を目指して、これからも熱きフードバトルを繰り広げます!どうぞご期待くださ

い!

 


北海道代表は、富良野産の食材にこだわった一皿で勝負した24歳・神村太陽さんと、占冠町産の「ゆりね」と「おがくず」を使った独創的なレシピで挑んだ下國伸さんの2名を選出しました。秋田からは、都道府県代表最年少20歳の原田りなさんが、秋田名物・いぶりがっこを使ったチュロススナックで代表選出!山形県代表は、鶴岡協立病院の調理師として働く遠藤亮さん。相撲や総合格闘技などの経験を経た異色の料理人です。

<北海道>神村 太陽 <北海道>下國 伸 <青森>西村 日出雄 <岩手>佐々木 耀

<宮城>松石 翼 <秋田>原田 りな <山形>遠藤 亮 <福島>本田 孝幸

 


注目の関東・甲信越エリアからは最多となる14名が選出。激戦の東京都代表は5名。イタリアの料理コンクールでの受賞経験がある女性シェフ・野崎翠さんや、自らを「変態的料理人」と語る“食のクリエイティブディレクター”井上豪希さんは「透明な唐揚げ」という独創的なレシピで東京都代表に選出。さらに、テレビ朝日「家事ヤロウ」でも話題の吉本興業所属の芸人・ポンポコ団 キングも東京都代表として、激戦区に挑みます。その他、「くろぎ」「銀座小十」などの名店で働く料理人も選ばれました。

<茨城>栗林 英司 <栃木>檜山 翔 <群馬>中根 浩之 <埼玉>本岡 将 <千葉>勝見 健

<東京>野崎 翠 <東京>高木 祐輔 <東京>井上 豪希 <東京>ポンポコ団 キング

<東京>由水 真悟 <神奈川>遠藤 光宏 <新潟>本間 龍史 <山梨>鈴村 昌也 <長野>中道 暢

 

 


東海・北陸エリアからは8名が選出され、そのうち3名が女性シェフという注目のエリアになりました。愛知県代表は名古屋市内でフランス料理の惣菜店を今年開業予定の西村諒子さん、三重県からは、ミシュランにも掲載されたオーナーシェフ・大野嬉々さん、伊賀上野のホテルで働く24歳・福島紗弥さんという2名の女性シェフが代表に。そんな女性たちに挑む男性シェフたちの中には、海外での修業経験もあるという猛者が揃い、激しい戦いになることは必至です。

<富山>濱多 雄太 <石川>佐藤 翔太 <福井>坂下 政典 <岐阜>山下 一宇

<静岡>松崎 翔 <愛知>西村 諒子 <三重>大野 嬉々 <三重>福島 紗弥

 

 

 

京都府、大阪府からは3名ずつ選出。京都からは、名店「祇園 さゝ木」で働く26歳の中川寛大さん、名店「草喰なかひがし」の三男、カリナリーディレクターの中東篤志さん、名店「イルギオットーネ」一筋20年、下司真也さんという、腕自慢の3名が選出。大阪からは様々なコンクールで受賞経験のある中華の期待の星・花田洋平さんなど、ハイレベルな3名が代表に。和歌山県からは、自分で狩猟した食材を使った一皿でエントリーした澤田真大さんが選出されるなど、見逃せない戦いになります。

<滋賀>矢野 咲紀子 <京都>中東 篤志 <京都>下司 真也 <京都>中川 寛大

<大阪>三島 伴博 <大阪>花田 洋平 <大阪>中井 建 <兵庫>岡野 満

<奈良>古川 輝文 <和歌山>澤田 真大

 

岡山県からは今年の夏に開業するリゾートホテルのトップシェフ・中山公人さん、香川県はラストイヤー39歳の中華の料理人・鴫山惠一さん、愛媛県はミシュランで星を獲得した今治の和食料理人・篠田悠介さん、高知県はJALの国内線ファーストクラス機内食の監修経験もある井原尚徳さんなど、経歴も申し分のない30代のベテラン勢から多数が選出。その中、「ひろしま和食料理人コンクール」でグランプリを獲得した28歳の女性料理人・保家彩良さんが果敢に挑みます。

<鳥取>茅原 優作 <島根>内田 真吾 <岡山>中山 公人 <広島>保家 彩良 <山口>三和 慎吾

 

<徳島>井原 佑輔 <香川>鴫山 惠一 <愛媛>篠田 悠介 <高知>井原 尚徳

 

福岡県からは、登録者数60万人以上の料理系YouTuber・とっくんさん、福岡市内で感性豊かな料理が人気の店で働く中原雄介さん、ミシュランで星を獲得したオーナーシェフ・山下泰史さんの3名が代表に。大分県からは臼杵市を拠点に”フーディエイター”として活躍する女性料理家・Junmicchiさん、鹿児島県は奄美大島のリゾートホテルで働く佐藤栄治さん、熊本県は異色の経歴を持ち天草でフレンチ料理店を営む松田悠佑さんなど、個性派シェフ10名が都道府県代表に選出されました。

<福岡>とっくん <福岡>山下 泰史 <福岡>中原 雄介 <佐賀>髙橋 翔

<長崎>髙木 良太 <熊本>松田 悠佑 <大分>Junmicchi <宮崎>徳永 未奈子

<鹿児島>佐藤 栄治 <沖縄>米次 健太

*「エリア予選」出場者名は全て敬称略です。

 

たくさんの料理人の方々にエントリーをしていただき、大変感謝しております。

何よりも嬉しいのは、日本全国47都道府県すべての料理人の皆さんにチャレンジしていただいたこと。

「地域創生」をテーマに立ち上げた「DRAGON CHEF」の、まさに目指していたことです。

エントリーの際に記入していただいた「エントリーした理由」の中には、コロナ禍の中、厳しい状況に置かれている飲食業界、生産者の皆さんの切なる思い、熱い思いが書かれているものをたくさん目にしました。

そういった皆さんの思いを胸に、日本中を「食」で明るく盛り上げていきたいと思っています。

エリア予選では、地元の「神食材」を使った三段重で勝負をしてもらいます。どんな独創的なお弁当が生み出されるのか、今から期待しております!都道府県代表に選ばれた料理人の皆さんは、地元の思いを背負って、是非頑張っていただきたいと思います!

 

各都道府県予選を勝ち抜いた59人の精鋭が、新たな戦いにチャレンジします!

九州・沖縄エリア予選:8県(福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

2021年3月8日(月):中村調理製菓専門学校

〒810-0014 福岡市中央区平尾2-1-21 https://www.nakamura-s.ac.jp/

中国・四国エリア予選:9県(広島、岡山、島根、鳥取、山口、香川、愛媛、徳島、高知)

2021年3月12日(金):広島酔心調理製菓専門学校

〒733-0024 広島県広島市西区福島町2-4-1 https://www.suishin.ac.jp/

東海・北陸エリア予選:7県(愛知、三重、岐阜、静岡、富山、石川、福井)

2021年3月13日(土):ニチエイ調理専門学校

〒460-0007 愛知県名古屋市中区新栄1-43-9 https://nichiei.ac.jp/

関東・甲信越エリア予選:1都9県(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、山梨、新潟、長野)

2021年3月13日(土) 服部栄養専門学校

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-25-4 https://www.hattori.ac.jp/

北海道・東北エリア予選:1道6県(北海道、青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島)

2021年3月14日(日) 札幌ベルエポック製菓調理ウェディング専門学校

〒060-0001 札幌市中央区北1条西9丁目3-4 https://www.foods.belle.ac.jp/

近畿エリア予選:2府4県(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀)

2021年3月14日(日):大阪調理製菓専門学校 ecole UMEDA

〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-1-4 https://www.daicho.ac.jp/*諸般の事情により、日程が変更になる場合がございます。予めご理解くださいませ。

 

「地元の“神”食材を使った“神”弁当」

各エリア予選の会場にて、調理・試食審査を行います。各エリアから2名以上が「サバイバルラウンド」に進出予定です。

 

お問合せ:「DRAGON CHEF 2021」事務局 (03)5361-8128 (平日12時~18時) 

クレジットソースリンク