暴風雪に関する情報

■気象庁 府県気象情報

2021-01-18 06:13:00

暴風雪と高波及び大雪に関する秋田県気象情報

秋田県では、19日は冬型の気圧配置が強まるため、沿岸を中心に大荒れとなり、海上ではしける見込みです。19日は暴風雪に警戒し、高波や大雪に注意・警戒してください。また、18日昼過ぎから19日朝にかけて、竜巻などの激しい突風や落雷注意してください。

【気象状況】
18日午後から19日午前中にかけて、前線を伴った低気圧が急速に発達しながら日本海から北日本へ進むでしょう。また、東北地方の上空約5000メートルには、氷点下39度以下の寒気が流れ込んで、19日は日本付近は強い冬型の気圧配置となるでしょう。また、低気圧や寒冷前線の接近通過、上空寒気の影響により、18日昼過ぎから19日朝にかけて、秋田県では大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

【予想と防災事項】
<風と波の予想>
秋田県では、沿岸を中心に雪を伴った西よりの暴風となり、海上ではしける見込み。

19日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
 沿岸 海上 20メートル(30メートル)
 沿岸 陸上 18メートル(30メートル)
 内陸    12メートル(25メートル)

19日に予想される波の高さ
    5メートル

<雪と雷の予想>
秋田県では、19日にかけて、雪が断続的に強く降り、大雪となる所がある見込み。雪雲が予想以上に発達したり、同じ場所で降り続いた場合は、警報級の大雪となる可能性がある。また、18日昼過ぎから19日朝にかけて大気の状態が非常に不安定となり積乱雲の発達する所がある見込み。

18日6時から19日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
 平野部 40センチ
 山沿い 50センチ

その後、19日6時から20日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
 平野部 20から40センチ
 山沿い 20から40センチ

<防災事項>
沿岸では、19日未明から昼前にかけて、ふぶきによる交通障害、建物や船舶、沿岸施設への被害に警戒し、19日は高波に注意・警戒してください。秋田県では、19日は大雪による交通障害、建物や農業施設への被害に注意・警戒し、電線や樹木への着雪、路面や水道管の凍結、積雪の多い傾斜地では、なだれに注意してください。また、18日昼過ぎから19日朝にかけて竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

【補足事項】
今後発表する警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。
次の「暴風雪と高波及び大雪に関する秋田県気象情報」は、18日16時30分頃に発表する予定です。





クレジットソースリンク