写真はイメージです

婚活サービスを手がけるIBJ<6071>と、同社が子会社化した結婚相談所ZWEI(ツヴァイ、東京都中央区)とのシナジー効果が現れてきた。

ツヴァイ子会社化直後の2020年5月は新型コロナウイルスの影響で、お見合い成立件数が前年同月実績を下回ったが、6月以降は子会社化の効果が現れ、10月には前年同月比69%増と急増した。

IBJの直営店がないエリアで、ツヴァイの店舗(50店)が、IBJが運営する日本結婚相談所連盟に加盟する独立店舗を結ぶハブ(結節点)となっているのが要因で、地方での増加が顕著という。

今後IBJではエリアやブランドの垣根を越えた引き合わせを積極的に行い、成婚を加速させる計画で、M&Aがコロナ禍に立ち向かう強力な武器となったようだ。

半分以上の地域で前年同月比130%以上を達成

日本結婚相談所連盟のお見合い成立件数の地域別の推移を見ると、2020年4月、5月は9地域中5、6地域が前年同月比80%以下となっており、厳しい環境下にあった。

それが6月に入ると同80%以下の地域はなくなり、「北海道・東北」「信越」の2地域が同130%以上と大きく伸びた。

その後も同130%以上の地域は増えていき、10月には「関東」「東海」「関西」の大都市圏と「中国」を除く5地域が同130%以上を記録。この間8月にはお見合い成立件数が過去最高となる4万件を突破したという。

同社ニュースリリースより

ツヴァイは1984年にジャスコ(現イオン)の100%出資子会社として誕生した企業。結婚の希望条件などの情報を分析し、相性が合う結婚相手を紹介するサービスを手がけており、これまでに15万8000人の成婚実績を持つ。ただ近年は廉価なサービスを展開する同業者が増え、同社の新規の入会者は2015年2月期以降、毎年減少していた。

IBJはITプラットフォームを活用したシステムと人が提供するサービスの両方で、婚活支援サービスを展開しており、日本結婚相談所連盟には2000社以上が加盟している。

IBJはイオンが64.43%を保有するツヴァイに対するTOB(株式公開買い付け)を2020 年3月12日から4月24日まで実施。買付予定数の下限を上回る応募があったため、4月30日に30億円強を投じツヴァイを子会社化した。

文:M&A Online編集部

雪国まいたけの経営を神明に託したベインキャピタルはやはり優秀だった

雪国まいたけの経営を神明に託したベインキャピタルはやはり優秀だった

コメ卸最大手の神明が、雪国まいたけの株式49%を取得します。投資額は50億円以上。この一件の陰の立役者こそ、米投資ファンド大手のベインキャピタルです。今回、神明から50億円を手にした他、3年後に雪国まいたけを上場させて「うっはうっは」しようと計画中です。やっぱり青い目のあの人らは凄いっす、やり手っす、という話です。



クレジットソースリンク