若者のコロナ離れが深刻化、報道過多の影響でとんでもない事態に |

ここのところ毎日のように報道されるコロナウイルスの問題。その日ごとに増えていく、感染者の数、そして死者の数。◎◎県で新たな患者が発生しましたという報道も、もはや恐ろしいもので、聞き慣れてしまった感もあります。そんな状態が続くことによって世の中ではとんでもない状況が発生しております。 毎日のように報道される「コロナウイルス」 テレビつければコロナ、コロナっていい加減飽きたってテレビで大袈裟に言い...

外国人児童の「日本語教育」はどうなっているの? 横浜市在住のフィリピン人親子に聞く |

全国の学校で、日本語の特別な教育が必要な「外国につながる児童」が増えている。文部科学省の公開した「日本語指導が必要な児童生徒の受入状況等に関する調査(2018年度)」によると、全国の公立学校(小、中、高等学校、特別支援学校など)に在籍する外国人児童ら、日本語指導が必要な児童生徒数は5万759人。その数は10年間で1.5倍と急増している。 「日本語指導が必要な児童生徒」は外国籍だけに限らない。近年...

外国人が感じる日本のルールやマナー 「高く評価する」もの、「変えた方が良い」もの | HintPot

ゴミの分別、時間を守るマナーなど高評価の一方で、困ったことも  日本に住む外国人に対して行った「日本のルールやマナー」に関するアンケート調査(YOLO JAPAN調べ、72か国513人)によると、日本のルールやマナーについて「グローバルスタンダードにしたいと感じた」と高く評価する事例として「ゴミの分別」が1位になった。学校で生徒が掃除をする習慣を高く評価する声が多かったという。一方「変えた方が...

男性スキンケアが“ビジネスマナー”となる時代―日本のスキンケア意識は高い?低い? | 80年代生まれのリアル | EL BORDE (エル・ボルデ)

心機一転、新たなスタートや、新しい出会いが多くなる春シーズン。そんなタイミングにあらためて見直しておきたいのが“身だしなみ”ではないだろうか。 普段から人と会う機会の多い男性ビジネスパーソンなら、スーツや靴などの手入れにこだわっているという人は多いかもしれない。しかし、肌の身だしなみについてはどうだろう? なかなか人とは話しづらい男性ビジネスパーソンの“スキン...

おうちにいよう ホッケー日本代表が「足が速くなるダンス」を踊ってみた | マイホッケー(MY HOCKEY)|ホッケー専門メディア

おうちにいよう ホッケー日本代表が「足が速くなるダンス」を踊ってみた 2020.04.14 19:00 | エンタメ こんにちは!マイホッケーの藤本一平です。 先日、マイホッケーではホッケー日本代表の及川栞選手、田中健太選手、山下学選手との対談番組「日本代表に聞いてみよう!」をライブ配信しました。ご視聴いただいたみなさん、ありがとうございました。 ...

ブラジルの新型コロナ対策が異次元すぎると話題に |

ここ日本だけではなく、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス。地球の裏側のブラジルでもその話題はそこそこにホットなようです。あちらでも同じく色んな対策などが施されていたり、こんなもので新型コロナが予防できる!というお話が良く出回るようですが、一目見たら「またデマか」と思ってしまいそうですが、よく見るとなるほどという名案が話題になっておりました。 コロナにはニンニクを ブラジルでもコロナウ...

「コリアンもどきタウン」対馬のテレビが報じない真実(1)「この島は韓国の領土になる」 | Asagei Bizアサ芸ビズ

 九州と朝鮮半島に挟まれ、玄界灘に浮かぶ国境最前線の離島、長崎県の対馬。今や韓国人観光客が大挙して訪れ、島の経済が潤う一方で、韓国人の横暴なマナー違反も常態化していた。現地ルポでわかった、テレビや新聞が報じない島民が頭を悩ませる「苦悩」と「現実」とは─。 韓国人に人気の観光地になってから、メディアでたびたび「韓国化」が報じられる長崎県・対馬。 今年2月には、18年に国際航路で対馬市へ入国...

【海外から見た日本 その(1)】電車の席に座ると両隣が空く 橘 みく | 人民新聞.com

Gaijin Seat‐外人シート‐にまつわる話 海外では 有名なスラング  私は、今回初めて人民新聞に記事を掲載する。「海外から見た日本」というテーマで筆を執りたい。というのは、外国語学部に所属している私は普段から海外に携わる機会が多く、それ故に日本を外側か...

写真業界 温故知新:第5回:千代田路子さん(元タムロン顧問) – デジカメ Watch

左から、千代田路子さん、市川泰憲さん 今回は、2020年1月末でレンズメーカー「タムロン」を任期満了で退社された千代田路子さんを訪問しました。千代田さんは、入社以来一貫して広報宣伝部門で活躍されてきましたが、その間広告宣伝や製品のデザインなども担当し、2009年にはタムロンとして初の女性執行役員となり、業界団体であるカメラ映像機器工業会ではCP+での日仏写真コンテストのZOOMSプロジェクトのメン...

OPPOが狙う5G市場。「究極の視聴体験」を実現するスマートフォンOPPO Find X2 Proの実力 | Business Insider Japan

OPPO Japan提供スマートフォン出荷台数で世界5位のOPPOが、日本のスマートフォン市場を本格的に深耕し始めた。いよいよ日本でも始まった高速移動通信方式「5G」に対応した、同社のフラッグシップ機「OPPO Find X2 Pro」がau向けの独占モデルとして採用され、2020年7月以降に発売が予定される。ソフトバンク向けの独占モデルとしては、OPPOのミドルレンジの5G対応スマホ「OPPO ...
131,355フォロワーフォロー
0購読者購読

最近の投稿

投稿一覧