JTBのGo To対応:「同一県内の旅行限定」プラン、東京発着キャンセル料「不要」など | 訪日ラボ

新型コロナウイルスで打撃を受けた観光産業を支援し、国内の旅行需要を喚起するための事業である「Go Toトラベルキャンペーン」は、7月22日からスタートしました。 運用開始直前に東京都が目的地となる旅行がキャンペーン対象外となるなど、刻々と方針が変化していた本キャンペーンですが、各旅行会社やOTAは現在どのような対応をとっているのでしょうか。 この記事では、JTBのGo ...

~withコロナ時代のインバウンドに~地方自治体と提携した製品を動画で紹介する越境ECサイト「We’llBeing」がオープン|株式会社 We’llBeing Japanのプレスリリース

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響で、地方の観光業も大きな打撃を受けています。 感染拡大の影響で、2020年4月の訪日外国人旅行者数は、前年の292万人から99.9%減となる2,900人となりました。いつ旅行者を迎えられるようになるのか見通しが立たない中、地方の企業も、訪日が叶わない旅行者に応える対策が必要...

旅行大手のHIS「コロナ禍収束」を見越し反転攻勢に –

H.I.S.ホテルホールディングス​が運営する変なホテル(東京・浜松町) 大手旅行会社のエイチ・アイ・エス<9603>が、コロナ禍の収束を見越して攻勢に打って出た。同社子会社のH.I.S.ホテルホールディングス(東京都港区)が、新型コロナウイルスの影響で収益が悪化しているホテルや旅館を対象に、M&Aや資本、業務提携、人材派遣などの取り組みを強化する。  早期の市場回復を見込む国内旅行需要...

withコロナ時代の観光戦略 vol.5 〜エクスペディアの検索動向から見えた訪日動向や旅行トレンド~ |

国内旅行の需要喚起策としてGo Toトラベルキャンペーンが始まり、観光業の回復に向けた動きが本格化している。しかし、感染拡大の第二波への懸念も払拭できず、客足の戻りは鈍い。withコロナ時代を切り抜けるために、宿泊施設や観光地が今できることは何か。今回は世界を代表するOTAであるエクスペディアホールディングス株式会社代表取締役 マイケル・ダイクス氏をお招きして、検索や予約動向から見えてくる今後の旅...

訪日外国人消費額、2020年13月期は39%減の7,071億円:今後のインバウンドの展望 | 訪日ラボ

観光庁は2020年7月17日に、2020年1〜3月期の訪日外国人消費動向調査(2次速報)を発表しました。 2020年1〜3月は、新型コロナウイルスが世界的に流行しはじめたタイミングでもあります。 この記事では、最新の訪日外国人消費動向調査の結果から当時の状況を振り返るとともに、今後のインバウンドの戻りについても整理します。 インバウンド需要データ(訪日外国人観光客数)政府も「2020年に4000万...

自動外貨両替機の優遇レートクーポンを発行 海外旅行減少で「タンス外貨」の両替が増加 アクトプロ「SMART EXCHANGE」 | 株式会社アクトプロのプレスリリース

株式会社アクトプロ(所在地:東京都千代田区 代表取締役社長:新谷 学)は8月17日、日本人が海外旅行で使い残して帰国し、自宅に保管する現地通貨「タンス外貨」の外貨両替の増加を受け、自動外貨両替機「SMART EXCHANGE」で使用できる優遇両替レートクーポンの発行を開始します。 アクトプロが設置する自動外貨両替機「SMART EXCHANGE」の7月の利用総額は前年同期比81.9%減でした。一...

自動外貨両替機の優遇レートクーポンを発行 海外旅行減少で「タンス外貨」の両替が増加 アクトプロ「SMART EXCHANGE」:ドリームニュース – Miyanichi epress

自動外貨両替機の優遇レートクーポンを発行 海外旅行減少で「タンス外貨」の両替が増加 アクトプロ「SMART EXCHANGE」 2020/08/17 16:00 【ドリームニュース】https://www.dreamnews.jp/press/0000220702/ 株式会社アクトプロ(所在地:東京都千代田区 代表取締役社長:新谷 学)は8月17日、日本人が海...

コラム:GDPけん引役不在の日本経済、自動車も負け組リスク – ロイター

[東京 17日 ロイター] - 2020年4─6月期の国内総生産(GDP)は前期比で年率27.8%減と戦後最悪の落ち込みとなったが、問題は7─9月期以降の展開だ。グーグルやアマゾン・ドット・コム (AMZN.O)が不在の日本は、本来なら新型コロナウイルス禍で勝ち組のIT産業のパワーが弱いのが特徴だ。 平時であれば強い自動車産業も、現在計画している回復シナリオが欧米の感染が収まらずに下振れた場合、負...

GDP歴史的な下落 コロナ不安の中で新事業に乗り出す動きも | 新型コロナ 経済影響

ことし4月から6月までのGDP=国内総生産は、実質の伸び率が、年率に換算してマイナス27.8%で、リーマンショック後に記録した年率マイナス17.8%を超えて最大の落ち込みとなりました。新型コロナウイルスの感染拡大による影響の長期化を懸念する声が出ている一方、新たな事業に活路を見いだそうという動きがあります。 ...

反響御礼!東京都民向けマイクロツーリズム企画「We LOVE Tokyo」第2弾スタート|トラベルズー・ジャパン株式会社のプレスリリース

スタート前からSNSで反響を呼び、公開後も支持を得た東京都民向け企画「We LOVE Tokyo」が再び登場。「旅行に行きたい」「非日常の体験を楽しみたい」と願う東京都に住むトラベルズーの読者会員(以下 トラベルズーメンバー)の想いと、「泊まりに来てほしい・遊びに来てほしい」との願いを持つ観光業界を応援する、という企画趣旨はそのまま...
131,355フォロワーフォロー
0購読者購読

最近の投稿

投稿一覧