【新型コロナ】中国武漢から移動の波-日米独仏英で感染急増との分析 –

新型コロナウイルス感染例が最初に報告された中国湖北省武漢市は現地時間8日、移動制限を正式に解除し、1月23日から続いたロックダウン(都市封鎖)が終了した。これを受け、市外への移動が進んでいる。5万人を超える市民が鉄道で他の都市に向かう予定で、空港での国際線乗り入れも再開している。中国の武漢市、ロックダウン終了で市外への移動制限を解除-新華社 ...

アビガン 科学的根拠に基づいた議論を(忽那賢志) – 個人 –

現在、新型コロナウイルス感染症に対して有効性が示された治療薬はありません。 治療薬の候補がいくつかあり、その有効性について世界中が血眼になって検討しているところです。 しかし、日本ではアビガンに関してあたかも有効であるかのような報道が散見されます。 実際に臨床の現場では「アビガン偏向報道」による影響が出てきています。 アビガンに関する報道への違和感私が懸念しているのは、アビガンが新型コロナに...

外岡秀俊「コロナ 21世紀の問い」 ダイヤモンド・プリンセス号で何が起きていたのか: JCAST ニュース【全文表示】

   中国の武漢に始まり、韓国やイランを経て、欧州から米国へと広がった新型コロナウイルスは、今や日本でも深刻さを増している。    今身の周りで起きつつあることを、冷静にとらえるために、ぜひとも考えてみたいことがある。それは、日本で最初に起きた爆発的な感染の場、「ダイヤモンド・プリンセス号」(以下「DP号」と表記)で何が起きたのかを検証することだ。 新型コロナの感染を起こしたダイヤモンド...

〔コロナ後の日本〕需要回復は地元から、温泉旅館は「3密回避」=星野リゾート代表 – ロイター

[東京 24日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受ける観光産業。星野リゾート(長野県軽井沢町)の星野佳路代表は、治療薬やワクチンが登場するまでの1―1年半の間は、緩やかな緩和期となり、旅行は「3密回避」の滞在が重視されるとみる。「3密回避」のため、サービスを見直しながら、地元の人に来てもらう「マイクロツーリズム」にも力を入れていく方針だ。緩和期は需要を拡大するより、下支えする...

安倍首相が「世界最大級」と胸を張る、117兆円対策の大いなるウソ | 加谷珪一 | コラム

一律10万円の支給に方針転換したことは評価できるが…… TOMOHIRO OHSUMIーPOOLーREUTERS <安倍政権が打ち出したコロナ危機への経済対策は、表面的な金額こそ立派だが、その中身をひもとくと問題が山積している> 政府は新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、総額117兆円の緊急経済対策を取りまとめた。だ...

新型コロナに対応した受験参考書がもう出た! 『最新版 東大のクールな地理』 | JCAST BOOKウォッチ

 本屋で一般の人の教養に役立ちそうな受験参考書はないかとあれこれ探していたら、「『新型コロナ』の影響がここまで深刻になると考えていた人は、当初はほとんどいなかったのではないでしょうか」という書き出しで始まる本があったので驚いた。  本書『最新版 東大のクールな地理』(青春新書プレイブックス)である。地理というと暗記科目と敬遠した人が多いかもしれないが、東...

韓国への留学延期―新型コロナウイルスによる大学生への影響 | 東大新聞オンライン

 新型コロナウイルスの世界的な流行は、東大の学生の海外渡航にも深刻な影響を及ぼしている。春休みの旅行や留学と、海外への渡航の予定の変更を強いられた東大生は多いはず。    以下に記されたのは、韓国・ソウル大学への留学を急きょ延期した編集部員の体験記である。  「今行ってもすぐに帰ってきてもらうことになるかもしれないから渡航の延期を検討してほしい」と...

ビジネス特集 “コロナショック” 93%減の衝撃 観光業の悲鳴 | NHKニュース

3月に日本を訪れた外国人旅行者数は、前年同月と比べ93%減。観光立国を目指すとしてきた日本にとって、衝撃的な数字となった。原因はもちろん、新型コロナウイルスの感染拡大。外国人旅行者の激減に加え、日本国内でも移動自粛の動きも広がり、全国各地の事業者に深刻な打撃を与えている。16日には、特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の対象地...
131,355フォロワーフォロー
0購読者購読

最近の投稿

投稿一覧