「星野リゾート」星野代表にリモートインタビュー。「3密のない滞在」をいち早く作り、復活期に備えて人材を維持する –

星野リゾート 代表の星野佳路(よしはる)氏に、新型コロナウイルス感染症の影響下にある観光市場や同社の現状と対応、今後の展望について話を聞いた  星野リゾート 代表の星野佳路(よしはる)氏に、新型コロナウイルス感染症の影響下にある観光市場や同社の現状と対応、今後の展望について話を聞いた。星野氏と記者は、それぞれの自宅からネットミーティングシステムを使い対話している。  星野リゾートは長野の軽井沢町...

新型コロナウイルスで大打撃を受けても、なぜか元気な中小企業の秘密を公開します。|株式会社 World U Acadmyのプレスリリース

経営コンサルティング・研修事業を行う株式会社ワールドユーアカデミー(本社:東京都港区)では、あなたの会社も今日から出来る「コロナ対策&経営強化法」を公開いたしました。 「どうせ無理を越えて奇跡を起こす」を合言葉にピンチをチャンスに変えた社長たち。新型コロナウイルスの猛威で経営悪化する中小企業が続出の中、逆に会社を上向きにさ...

本日4月13日(月)12時 【SAKURA Delivery Project 2020】 4K動画配信スタートしました!:時事ドットコム

[株式会社ハンディネットワーク インターナショナル] https://youtu.be/5wq4p5fghn8高齢者施設の団体ツアー・介護付き個人旅行を実施している株式会社ハンディネットワーク インターナショナル(本社:大阪府箕面市)は、『今年の桜』を皆様に楽しんでいただくため2020年の桜を撮影・編集したコンテンツを4月13日(月)昼12時より無料配信いたしました!今年の花見も...

【コロナの先のインバウンド業界⑤】コロナショックに対峙するための3つのR—JNTO(日本政府観光局)小堀 守氏 |

感染の勢いが止まらない新型コロナウイルス、その影響は計り知れません。先の見えない状況の中で、今何を考え、どう行動したらいいのか。インバウンド業界の各分野で活躍する方々よりお寄せいただいている応援メッセージ。今回は43年前からインバウンドに携わられているJNTO(日本政府観光局)の小堀守氏が、インバウンド業界の皆様へ向け執筆くださった文章を掲載させていただきます。 ・—・—・—・—・—・—・—・—・...

“コロナ疎開”地方から厳しい声 感染ゼロ県へ旅行「まずいかな」 |

国の緊急事態宣言の前、東京・新宿では、人通りこそ普段より少ないものの、大きな荷物を持つ人が目につく。 全国を結ぶ巨大バスターミナル「バスタ新宿」にも、旅支度をした女性が。 この女性は、東京の大学に合格し、2週間前に上京。しかし、入学したのもつかの間、ゴールデンウイーク明けまで休みになった。 山梨に帰省する10代女性は、「きょうは地元の山梨に帰りたいと思っています」、「親にも心配され...

アスリートのための新型コロナウイルス感染症対策 予防から発症、チーム対応、練習復帰までを考察 | スポーツ栄養Web 一般社団法人日本スポーツ栄養協会(SNDJ)公式情報サイト

米国整形外科スポーツ医学会の「Sports Health」に、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」に対しアスリートが考慮すべきことをまとめた論説が掲載された。 アスリートは一般的に若く、併存疾患が一般集団よりも少ないため、重症化リスクは低いと考えられる。しかし視野を社会全体に広げれば、COVID-19の伝播を防止することが犠牲者数の減少につながることか...

人類の天敵「ウイルス」(3):感染症の恐ろしさを忘れた日本人 |

日本人は長い歴史の中で、流行り病(はやりやまい=感染症)に何度も苦しめられ、見えない敵と闘ってきた。その名残が節分の豆まきなど、日本の文化に息づいている。だが、今日の多くの日本人は感染症の恐ろしさを忘れ、新型コロナウイルス感染拡大で自国に緊急事態宣言が発令されるとは、予想できなかった。人々が大都市に密集し、超高齢化する日本社会は、病原ウイルスが好む条件をそろえており、「天敵」への警戒を怠...

新型コロナ収束後の観光需要喚起「Go Toキャンペーン」に約1.7兆円。運休航空路線再開を後押しする大規模プロモも。補正予算案を閣議決定 –

政府は4月7日の経済財政諮問会議ならびに臨時閣議を開催し、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の補正予算案を閣議決定した(写真出典:首相官邸)  日本政府は4月7日、経済財政諮問会議ならびに臨時閣議を開催し、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」として、2020年度の補正予算案を閣議決定した。補正予算による追加歳出は16兆8057億円で、事業規模は約108.2兆円規模となる。  このうち、...

感染者たたき、感染者の謝罪は自分たちの首を絞める 岩田教授に聞く「誰でも感染する」怖さ –

7都府県に緊急事態宣言が発令され自粛要請が続く中、新型コロナウイルスの感染者を「たたく」声が上がり、感染した著名人が謝罪を発表する事態になっている。感染症専門医の岩田健太郎神戸大学教授は、そうした風潮が感染をむしろ広めかねないと警鐘を鳴らす。実際に、感染経路をたどれない陽性患者が増えているためだという。陰性に...

死者爆増の欧州で変異、凶暴化…コロナウイルス「L型」日本上陸の悪夢 | Asagei Bizアサ芸ビズ

 全世界に烈火のごとくコロナ禍が燃え広がる中、かろうじて感染爆発に踏みとどまっていたはずの日本。しかしここにきて、感染者数は1日ごとに急増、しかも当初は重症化しないとされた若者でも重体・重篤に陥るケースが続発している。すでに非常事態宣言へカウントダウン状態の列島を最凶の劇死ウイルスが拡散しているというのだ。 北海道や愛知県のクラスターによる新型ウイルス感染拡大が発覚したのが、2月下旬のこ...
131,355フォロワーフォロー
0購読者購読

最近の投稿

投稿一覧