エクスペディア・グループとアコーホテルズグループの協力の下、 世界 96 か国に『ユネスコのサステイナブルツーリズムの誓約』を拡大 ~世界に3,358軒のホテルを有するアコーが旅行者への環境意識啓発を...

世界最大級のオンライン旅行会社エクスペディア・グループは、世界有数のホスピタリティ企業であるアコーホテルズグループの協力の下、国連教育科学文化機関のユネスコ(UNESCO)が推進する『サステイナブルツーリズムの誓約』(以下「誓約」)の取り組みを世界96ヵ国にまで拡大いたします。 このたびの三者間合意により、世界に3,358軒ものホテルを展開するアコーホテルズは、環境持続可能性とサステイナブルツー...

奈良交通 日野ブルーリボンⅡトップドア車 QDGKV234L3 貸切で行く 日本最長路線バス八木新宮線と奈良交通営業所(十津川・新宮車庫・葛城)撮影会の旅|株式会社 日本旅行のプレスリリース

本ツアーでは、一般路線バスとして日本最長の奈良交通の八木新宮線を、当路線には不定期でしか運行されない奈良交通・日野ブルーリボンⅡトップドア車 QDG-KV234L3を貸切にて利用します。加えて今回特別に、路線運行時使用の車内案内の放送と運賃表の表示も実施し、路線運行を忠実に再現します。さらに旅程の途中では、山間部のために訪れる機会が...

コラム:世界的インフレ懸念と強まる日本のデフレ色、ひずみはサービス業に | ロイター

[東京 4日 ロイター] - 世界的な新型コロナウイルスの感染拡大による経済的な打撃から立ち直った中国や、景気刺激策の効果で急速な回復が期待される米国などの影響で商品価格が上昇し、久方ぶりに世界的なインフレへの懸念が浮上している。対照的に日本国内ではコロナ禍の影響が長引き、デフレ的な色彩がジワジワと強まってきた。この基調が継続すれば、輸出で稼ぐという「活路」が見いだせない国内の非製造業は、原材料高...

「日本財団ソーシャル・チェンジ・メーカーズ」BEYOND DISTANCE 第4期参加チーム決定:時事ドットコム

[一般社団法人ImpacTech Japan] 約65社の応募の中から選ばれた13社!!これから行われる、約4ヶ月間のプログラムから今後の展開に必要な知識を吸収新型コロナウイルスの影響下で多くの企業が既存のビジネスモデルを見直し、新たな社会のニーズを捉えた革新的なアイデアを創出することを求められています。ソーシャルチェンジメーカーズはそのような状況にも柔軟に適応し、ポスト・コロナ...

アジア9ヵ国の中途採用時給与水準調査結果を公開 新型コロナウイルスの影響を受けて大半の国々で上昇率が減速|株式会社ジェイ エイ シー リクルートメントのプレスリリース

世界11ヵ国で人材紹介事業を展開する業界大手の株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(代表取締役社長:松園 健、本社:東京都千代田区)は、この度、アジア9ヵ国(シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア、中国・香港、韓国、インド、日本)の2021年度の中途採用時給与水準調査を公開しました。当社が同調査を開...

情報BOX:外国人に対する中国の「肛門PCR検査」、その理由と実態 | ロイター

[北京 3日 ロイター] - 中国に入国する外国人の間で、新型コロナウイルスの肛門検体採取PCR検査を実施されることに不快感が広がっている。単に迷惑なだけでなく、心的外傷(トラウマ)を負ったとの苦情も寄せられ、果たして必要なのかという議論が巻き起こりつつある。 3月3日、中国に入国する外国人の間で、新型コロナウイルスの肛門検体採取PCR検査を実施されることに不快感が広がっている。単に迷惑なだけでな...

【日旅連総会特集 対談】日本旅行 社長 堀坂明弘氏 × 日旅連 会長 桑島繁行氏 

対談は東京の日本旅行本社と北海道をウェブ会議システムで結び実施 日本旅行と日旅連 強固な連携で未曾有の危機乗り切る  日本旅行協定旅館ホテル連盟(日旅連)は令和3年度通常...

エイジングケア化粧品のナールスが美と笑いのオンライントークイベント ~「美は笑いから!浪速のカリスマ添乗員 平田進也がホンネで語る」~:ドリームニュース – Miyanichi epres...

エイジングケア化粧品のナールスが美と笑いのオンライントークイベント ~「美は笑いから!浪速のカリスマ添乗員 平田進也がホンネで語る」~ 2021/03/03 17:00 【ドリームニュース】https://www.dreamnews.jp/press/0000232276/ 「ナールス」ブランドのエイジングケア化粧品を開発・販売する株式会社ディープインパクト(...

マスク・集会・旅行は? ワクチン接種後のQ&A|NIKKEI STYLE

ワクチン接種を受ける人が増えるにつれ、以前のような社会への「安全な戻り方」が重要な課題となってくる(PHOTOGRAPH BY MICHAEL CIAGLO, GETTY IMAGES)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)が始まってから約1年が経過した。世界の死亡者が240万人超、米国内だけで50万人弱という驚異的な数に達する中、希望をもたらしてくれるのは、...
131,355フォロワーフォロー
0購読者購読

最近の投稿

投稿一覧