観光立市 横須賀へ 海を生かしたコンテンツ生み出す – 旬刊旅行新聞 – 株式会社旅行新聞新社

2019年10月13日(日) 配信 市内には多くの文化財などが残る(写真は記念艦三笠)  今年6月、国土交通省海事局が「海事観光推進協議会」を設立し、同観光への取り組みを加速させている=既報。神奈川県横須賀市は観光を市の主産業の1つに位置付け、軍港やマリンスポーツ、サブカルチャーなどと組み合わせた「海を生かした観光コンテンツ」の整備を進めている。文化スポーツ観光部観光...

リンクティビティ、訪日客向け「KANSAI THRU PASS」にEチケット提供開始 – 観光経済新聞

 リンクティビティは1日、訪日客向け「KANSAI THRU PASS」にEチケットの提供を開始した。 日本の鉄道チケットや旅行アクティビティなどの予約プラットフォーム事業を展開するリンクティビティ株式会社(本社:東京都中央区、代...

ビ花壇 Research Memo(3):「生花卸売」や「ブライダル装花」を含めた生花事業を展開 | 財経新聞

*15:43JST ビ花壇 Research Memo(3):「生花卸売」や「ブライダル装花」を含めた生花事業を展開■会社概要2. 事業概要ビューティ花壇<3041>の事業は、葬儀関連会社に対して、生花祭壇や供花等を提供する「生花祭壇事業」、子会社で展開する生花祭壇部門の仕入れ及び葬儀関連会社や小売店へ生花を販売する「生花卸売事業」を中心として、同じく、子会社で展開する「ブ...

旅プランポータルサイト「PLAT」オープン、観光自治体提供の正しい情報を基にプランを作成・検索可能 | HOTELIER(ホテリエ)|ホテル・旅館・インバウンド不動産投資メディア

株式会社ジャパンデザインは2020年1月27日、観光活性化のサポートサイトとして“あなたにぴったりの旅プラン”を検索・作成できる旅プランポータルサイト『PLAT』をオープンした。オープン第一弾企画として、2020年4月から『群馬デスティネーションキャンペーン』を開催する群馬県と連携し「ぐんま旅プランコンテスト」をサイト内で開催する。 ジャパンデザインは、5省庁(環境省・内閣府・総務省・経済産業...

中標津ひまわり(2019年10月30日リニューアル・北海道) – パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島

<!-- 中標津ひまわり(2019年10月30日リニューアル・北海道) - パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島 ...

JR西日本のMaaSアプリ、どう使う? 『setowa』を活用してせとうち絶景ポイントを巡る ~尾道編~ | 鉄道コラム | 鉄道チャンネル

2019.12.14コラムバッシーのなんでも現場探訪 「ギリシャに行ってきたんです」――などとうそぶいてこの写真を見せると結構な人が信じてしまいそうですが、ここは地中海ではなく瀬戸内海に浮かぶ生口島、尾道市瀬戸田町耕三寺博物館の大理石庭園「未来心の丘(みらいしんのおか)」。 環境彫刻家として知られる杭谷一東(くえたにいっとう)氏が1988年より制作を開始。第1期オープンは200...

ツーリズムとは | 観光や旅行との違い・見聞にとどまらない体験や交流・10のニューツーリズム・オーバーツーリズムについても解説 | 訪日ラボ

世界最大級の旅イベント「ツーリズムEXPOジャパン2019 大阪・関西」が、10月24日から27日までの4日間で開催されました。 インバウンド観光客の増加に伴い、観光業界が盛り上がりを見せる近年、旅行の新たな価値を見出すツーリズムが注目されています。 中でもニューツーリズムと呼ばれる人的、文化的交流や体験型コンテンツをテーマとしたツーリズムは訪日客から人気を集めています。  この記事では、ツーリズ...

巡るたび、出会う旅。東北 vol.4 曹洞宗 大梅拈華山 圓通 正法寺 (奥州市)

 JRグループと東北6県などが連携する国内最大規模の観光キャンペーン「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」は、2021年4月~9月に開催される。東日本大震災から10年の節目に東北の魅力を国内外に発信し、観光復興を後押しする。観光に関わる県内キーパーソンに意気込みを語ってもらった。このシリーズは7回続き。 協力/JR東日本盛岡支社 企画・制作/岩手日報社広告事業局 仏教の...

万博開催とIR誘致でどう変わる?「大阪」不動産の市場予測 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴー

東京の不動産市場が曲がり角の様相を見せるなか、大阪の注目度が上がっている。2025年には「万博」という五輪に匹敵するイベント開催を控え、国内外の投資マネーが大阪に向かい始めている。本連載では、大阪ではまだまだ数が少ない投資不動産専門会社である、株式会社ゼストエステート専務取締役の菅氏に、大阪の不動産市場の現状と、投資対象としての...

インターハイの開催、今月末に開催可否決定か 全国高体連の判断は  | ジュニアサッカーNEWS

こちらの記事では今年度の夏の高校総体の開催が危ぶまれており可否判断が今月中に判断されることについてお知らせいたします。なお、お住まいの地域の最新情報は必ず県サッカー連盟ホームページなどで最新情報をご確認ください。少しでも早く新型コロナウイルスが収束し、子どもたちが安心してサッカーができるようになることを願います。 ↓本文は写真の下から始まります↓ 夏の高校総体、開催危ぶまれる 今月中に可否判断 急...
131,355フォロワーフォロー
0購読者購読

最近の投稿

投稿一覧