横浜市がIRの民間事業者の公募(RFP)を開始、夏には選定 | JaIR 日本型IRビジネスレポート

 横浜市は21日、国に共同で申請を行い、IR施設の設置・運営を行おうとするIR(統合型リゾート)の民間事業者の公募(RFP)を開始した。資格審査書類の受付期間は2月5日~5月17日。提案審査書類の受付期間は6月1日~6月11日。設置運営事業予定者の選定は今年の夏頃となっている。     ...

フィリピン観光省 フィリピンの魅力をたっぷり伝える動画「Wake Up in the Philippines」を公開

このキャンペーンは、国連世界観光機関(UNWTO)の#TravelTomorrowや世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)の#TogetherInTravelキャンペーンにも参加しており、一日でも早く新型コロナウイルスが終息するように、フィリピンの国民や世界の旅行者が「スティホーム」を呼びかけています。「フィリピン観光省にとって、...
2020年10月4日(日)観光客で賑わう週末の京都嵐山の観光風景 Arashiyama

2020年10月4日(日)観光客で賑わう週末の京都嵐山の観光風景 Arashiyama

#嵐山#竹林の小径 日曜日の京都嵐山の渡月橋から竹林の小径までの観光風景です。 ソース

観光産業の回復には、シェアリングとDXで「流動性創出を」、識者の討論を取材した – シェアサミット2020 | トラベルボイス

国内旅行市場は、2020年7月からの「GoToトラベル」キャンペーンによって、回復基調を見せてきた。しかし、11月に入ると感染が再拡大したことで、キャンペーンは一部地域で一時停止。12月14日には、政府が年末年始期間の全国的な一時停止を決めた。2021年6月までのキャンペーン期間延長も決まったものの、先行きの不透明感が増している。経済か、...

京の食文化をまもれ−京都観光協会がしかけるウィズコロナの飲食店支援事例とは | 訪日ラボ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国内外で旅行需要が減少するなか、「食」の魅力を発信することで、観光客集客を狙う動きがみられています。 京都市観光協会は、京都の地元の食の魅力を発信する「食の京都」推進事業に取り組んでおり、1月8日に京都観光オフィシャルサイト「京都観光Navi」内に特設ページを開設しました。 日本のインバウンド市場において、大きな訴求力を持つ「食」の魅力を発信する重要性を改めて考...

日本各地の多様な文化を新たな視点で表現したメディア芸術作品を展示 「CULTURE GATE to JAPAN」を全国 7 空港などで実施

本プロジェクトは、メディア芸術の フィールドで活躍するアーティストやクリエイターが各エリアの文化資源を題材にしたアート作品を展示し、日本文化の魅力を発信するプロジェクトです。展示に先立ち、公式ウェブサイト (https://culture-gate.jp/ja) をオープンしました。ウェブサイトでは、作...

一般社団法人 日本地域国際化推進機構が発足 – 観光経済新聞

 ORIGINAL Inc.とNECは15日、一般社団法人 日本地域国際化推進機構を発足した。 ORIGINAL Inc.(本社 : 東京都渋谷区、代表取締役 : 伏谷 博之)と日本電気株式会社(本社 : 東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO : 新野 隆 以下、NEC)は、2021年1月15日(金)、「一般社団法人 日本地域国際化推進機構」を...
4K・作業用・栗林公園・紅葉(なし)・日本旅行【通訳案内士】香川県・案内人がみな「日本三名園に引けを取らない」とのこと

4K・作業用・栗林公園・紅葉(なし)・日本旅行【通訳案内士】香川県・案内人がみな「日本三名園に引けを取らない」とのこと

名園 案内人がみな「日本三名園に引けを取らない」と言うだけのことはある。 お勧め 撮影中、どの修学旅行の団体にもボランティア・ガイドが付いていた。 一体何人いるの??? 名園たればこそなのだが 地本の人々の郷土愛、庭園愛が熱い、厚い (チャンネル登録よろしくお願いいたします。) ソース

【Photos】欧米で流布されたイメージを覆す写真集『JAPAN』:ドイツ人写真家が捉えた日本の諸相 |

2020年10月に発売された大型写真集『JAPAN』。そこには、40年以上日本に暮らすドイツ人写真家ハンス・サウテルが鋭い洞察力によって捉えた日本のイメージが凝縮されている。 2015年、ドイツ人の編集者から日本を紹介する新たな写真集を出版してはどうかという提案を受けた。私はあまり気が進まなかった。40年以上も日本に住んだ身としては、理想化された日本のイメージを蒸...

BL(ボーイズラブ)ドラマがタイで大ブーム 「やおい」が源流、日本にじわり逆輸入:東京新聞 TOKYO Web

 タイで若者に人気のドラマが、日本でもファンを増やしている。「BL」(ボーイズラブ)と呼ばれる男性同士の恋愛もの。若手俳優の容姿やせりふの美しさに加え、同性愛が身近に描かれ、「恋愛に性別は関係ない」という世界観が魅力という。新型コロナウイルス禍で疲弊する観光業界も渡航正常化を見据え、「ドラマの聖地巡り」を新たな起爆剤にしたいと期待する。(バンコク...
131,355フォロワーフォロー
0購読者購読

最近の投稿

投稿一覧