1751円 [ミドリ安全] 安全作業靴 JSAA認定 プロスニーカー MWJ110 A シューズ&バッグ レディース シューズ 安全・作業靴・ナースシューズ kyototsuu.jp,シューズ&バッグ , レディース , シューズ , 安全・作業靴・ナースシューズ,プロスニーカー,1751円,JSAA認定,[ミドリ安全],/blog-date-202011.html,A,安全作業靴,MWJ110 ミドリ安全 安全作業靴 JSAA認定 A プロスニーカー 売れ筋ランキングも掲載中! MWJ110 1751円 [ミドリ安全] 安全作業靴 JSAA認定 プロスニーカー MWJ110 A シューズ&バッグ レディース シューズ 安全・作業靴・ナースシューズ kyototsuu.jp,シューズ&バッグ , レディース , シューズ , 安全・作業靴・ナースシューズ,プロスニーカー,1751円,JSAA認定,[ミドリ安全],/blog-date-202011.html,A,安全作業靴,MWJ110 ミドリ安全 安全作業靴 JSAA認定 A プロスニーカー 売れ筋ランキングも掲載中! MWJ110

ミドリ安全 マーケティング 安全作業靴 JSAA認定 A プロスニーカー 売れ筋ランキングも掲載中 MWJ110

[ミドリ安全] 安全作業靴 JSAA認定 プロスニーカー MWJ110 A

1751円

[ミドリ安全] 安全作業靴 JSAA認定 プロスニーカー MWJ110 A

商品の説明

"span"商品紹介

"span"[規格] JSAA認定 A種(普通作業用)人工皮革製プロスニーカー・踵衝撃吸収・耐滑
[材質] 先芯:ワイド樹脂、甲被:牛クロム皮(ベロア)/人工皮革/メッシュ、中敷:EVAカップインソール、靴底:EVA/合成ゴム
[標準重量] 780g/足(基準26cm) ※両足での重さです。
[製法] C式
甲被の接着面及び成形した底材(ゴム、ウレタン、EVA)に接着剤の塗布して加熱圧着させる製法です。
安全靴をはじめ、一般の作業靴、紳士靴にも幅広く使われています。
[サイズ] ブラック・ネイビー:21.0~25.5cm(EE)、26.0~28.0cm(EEE)、ベージュ:21~25.5cm(EE)
[カラー] ブラック、ネイビー、ベージュ

[商品詳細]
●ワイド樹脂先芯:ワイドで履きやすい樹脂先芯を採用。
●EVA/ラバー2層底(HG):軽量でクッション性と耐久性にも優れ、水・油等の滑りやすい床でも滑りにくいハイグリップソールです。
●耐滑底(最高レベル):最高レベルの耐滑性。油や水など滑りやすい床面での作業に適した滑りにくい靴です。
●スリップサイン:靴底に底減りが目視でわかる3ヵ所のサイン付き。交換時期の目安です。
●かかと衝撃吸収:クッション性に優れた素材を使用し、足にかかる衝撃を軽減します。
●リフレクター:夜間での作業でも光を反射させ、自分の位置を知らせる事が可能です。

※商品のデザイン、仕様、価格等は予告なく変更になる場合がございます。

[ご案内]
こちらの商品は、ピンクリボンの対象商品です。
対象商品の売上の1%をピンクリボン運動に寄付いたします。

"span"ブランド紹介

"span"【ミドリ安全】
1952年の創立以来、豊富な経験とすぐれた開発力で安全靴の世界をリードしてきた「ミドリ安全」。
安全靴やヘルメット、保護メガネに作業着・作業手袋などのさまざまな作業用品から防災用品・熱中対策・マスクなどの日用品まで、幅広い安全保護具を扱う安全用品専門のブランドです。

作業環境の変化に伴い、安全靴に求められる性能も変わってきました。
「怪我をさせない」ことだけが重視されていたといっていい旧来の仕様・ラインナップだけでは、現場のニーズを満たしきれなくなってきています。
作業環境や業務内容の変化など、靴を履く条件はこれまでになかったスピードで多様化しつつあります。
そうした背景をもとに「ミドリ安全」では、防護という基本的な性能を高めながら、最新の医学・人間工学等の研究に基づいた健康的な安全靴をいちはやく開発してきました。
快適で疲れにくく、職場の環境に適合した"デザイン性に富む安全靴"。それこそが「ミドリ安全」における「よい靴」の基準です。

また、これまでは一般靴の転用ですませていたサービス業等に向けても、より安全・快適な環境が確保された職場を目指し、積極的に新技術・新素材を導入。
耐滑性・防汚性など、広範囲の業務でより適した靴が選択できるラインナップを揃えています。

「ミドリ安全」は、「安全」、「健康」、「快適」、「環境」というテーマを、さまざまな角度から捉えます。


メーカーより

MWJ110A MWJ115 MWJ710 G3555 G3590S
MWJ110A MWJ115 MWJ710 G3555 G3590 静電
規格 ●JSAA認定 A種プロテクティブスニーカー ●JSAA認定 A種プロテクティブスニーカー ●JSAA認定 A種プロテクティブスニーカー ●JIS T8101 革製 S種E・F合格 ●JIS T8103 ED-O /C2/人工皮革製/S種合格 ●グリーン購入法適合
メイン素材 牛クロム皮(ベロア)/人工皮革/メッシュ 人工皮革/メッシュ 人工皮革/ニット 牛クロム革(ベロア)
中敷 EVAカップインソール EVAカップインソール EVAカップインソール PEカップインソール(抗菌・防臭) PEカップインソール(抗菌・防臭)
靴底 EVA /合成ゴム EVA /合成ゴム EVA /合成ゴム 発泡ポリウレタン2層底 発泡ポリウレタン2層底
カラー展開 ネイビー / ベージュ / ブラック グレイ / ネイビー / ブラック ブラック / ブルー ブルー / ブラック / グレイ ネイビー / ホワイト / ブラック
サイズ展開 21.0cm~25.5cm(EE)、26.0cm~28.0cm(EEE) 21.0cm~25.5cm(EE)、26.0cm~28.0cm(EEE) 21.0cm~25.5cm(EE)、26.0cm~28.0cm(EEE) 22.0cm~30.0cm 22.0cm~30.0cm
特長 通勤時でも気軽に履ける、普通のスニーカーのようなデザインと、JSAA認定A種の性能との両立を実現。 脱ぎ履きがしやすいマジックバンドタイプ。ベルトの長さや、配色にこだわったスッキリしたデザイン。 立ち仕事や運転で疲れた足を優しく包み込む、ストレッチ性・通気性の良いニットアッパーを採用したプロスニーカー。 クッション性に優れた、歩きやすく疲れにくいG3シリーズです。 マジックテープタイプなのでフィット感の微調整ができ、脱ぎ履きもスムーズです。 立体成形した3Dフットベッドソールを搭載し、PEカップインソールで足ブレが少なく安定した姿勢を取りやすい設計。高いクッション性と帯電防止機能付き。
標準重量 780g/両足(基準26cm) 700g/両足(基準26cm) 700g/両足(基準26cm) 840g/両足(基準26cm) 740g/両足(基準26cm)

[ミドリ安全] 安全作業靴 JSAA認定 プロスニーカー MWJ110 A

フィリピンで国際協力活動をしているアクセスフィリピンの日本人スタッフのブログです。

 フィリピンでの新型コロナ感染者数は、また前日の倍近い17,220人に達しました。
 果たしてこの中に私も含まれているかどうか、何とも気になります。昨日受けたコロナ検査の登録番号でトレースしてみたら、まだ検査室にある、ということで、どうも今日は結果がわからないようです。
 ところで、この感染者数について、フィリピンのマスコミが大騒ぎになっているのですが、一つ見ておく必要があると思うのは、致死率との関係です。
 感染急増の始まる前日の12月22日と比べると、感染件数は、今日が80倍近い数になっていますが、死者数は、今日のほうが12月22日よりも少ない数になっています。
 当然、これから死者数が増える可能性はあるのですが、陽性判定者のうちの無症状・軽症の人の比率が、12月22日はわずか40%なのに対し、今日は91.6%となっています。
 つまり、陽性と判定されても、症状の軽い人が10人に9人なので、高い確率で回復できる、ということになります。
 ということで、注意はしなければいけないけれど、過度の恐怖を煽るのもいけない、ということが言えると思います。
1月1日の朝から、ゴミ収集のトラックが次々とゴミを運んでいます。
 2021年のゴミを片付けて、新しい年を迎えるために朝早くから働いている清掃労働者たちに感謝です。
 それに比べると、政治家たちは政争に明け暮れ、高給層は盛装に明け暮れ、というコントラストを感じます。
 こうしたトラックとは別に、手押し車でゴミを拾い集めている人々も多く、年末年始はゴミの質もいいので、稼ぎ時のようです。

今日のアフガニスタンのニュースを見ていたら、「ナカムラ氏の歩んだ道に続く人々により、灌漑用水ダムや水路の建設が行われている」というタイトルの動画がありました。
 راه ناکامورا را مردم با بند سازی و مهار آب ادامه می‌دهند
 このアラビア文字の文章を機械翻訳にかけてみてもらうと、ナカムラという文字の入った文章が出てきます。
 また、音声の中でも、「ハポニスタン」というのが聞こえたのですが、これは、ハポン(日本)+スタン(~人)と言っているのだろうと思います。別の動画では、「ジャパニスタン」という言い方をしていました。辞書を見ると、「ニポニスタン」とも言うようです。
 これまで毎日のようにアフガニスタンのニュースを見ていますが、ダムや水路、橋などの工事のようすが頻繁に出てきます。ただし、その作業の多くは手作業だったり、石を積み上げたものも多いです。
 また、工事のための費用は、海外にいるアフガン人や、アフガン支援のイスラム教徒などからの個人的寄付に頼っているものが多いように見受けられます。
 しかし同時に、重機も工事に使われたりしていて、そうした重機の操作や、測量器の操作のできる技能を持った人もいるのが伺えます。
 こうした様子を見る限り、アフガニスタンの人々が、食糧支援などを待つだけでなく、土木工事などをして生産基盤の整備をしている姿勢が感じられます。

↑このページのトップヘ