多摩川の小河内ダム下流にある白丸ダムを見学したら、山の中に謎の渦巻きが設置されていました!
いったいこれは何だ…!?

奥多摩町ホームページ(下部に白丸ダム魚道解放日のリンク)

——————–

SiphonTVの紹介

中の人:萩原雅紀(はぎわらまさき)
ダムライター/ダム写真家

1998年頃からダムの魅力に目覚め、2000年にHP「ダムサイト」を開設

以降、ライフワークとしてダムめぐりを続け、国内外合わせて600ヶ所以上のダムを訪問。
ダムの魅力や役割、楽しさをたくさんの人に知ってもらうために活動中。

メールは以下にお願いします
[email protected]

SNS

Twitter

——————–

イベントプロデュースなど
2004〜2006年「奥利根ダムツアー」主催
2006年〜トークライブ「ダムナイト」主催
2011年〜展覧会「ダムマニア展」開催
2013年〜トークライブ「日本ダムアワード」主催
…etc

——————–

出版物など

単行本「ダム大百科」(実業之日本社)監修
2020年6月1日発売予定!

DVD「ザ・ダム」(アルバトロス)

写真集「ダム」「ダム2」(メディアファクトリー)

写真集「ダムに行こう!」(学研プラス)

ムック「ダム大百科」(実業之日本社)監修

旅行ガイド「ダムの歩き方」(ダイヤモンド社)監修

玩具「ダムかるた」(スモール出版)

…etc

——————–

テレビ・ラジオ出演など
NHK-BS「熱中時間」「熱中夜話」
TBS「マツコの知らない世界」
東京FM「アヴァンティ」
文化放送「くにまるジャパン」
…etc

——————–

執筆活動など
「デイリーポータルZ」連載
「建設の匠」連載
「JAF MATE」連載
…etc

——————–

ソース

30 コメント

  1. 信濃川発電所(しなのがわはつでんしょ)は、新潟県の信濃川流域に位置する東日本旅客鉄道(JR東日本)が所有する水力発電所。こんなのもあります。 by wikipedia
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E6%BF%83%E5%B7%9D%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E4%B8%AD%E3%83%80%E3%83%A0

    都電荒川線(さくらライン)や、小田急電鉄の前身になった鬼怒川電力のダムもあります。
    http://hotyu.starfree.jp/historicalspots/kinugawasuiryokudenki/kinugawasuiryokudenki.html

  2. 自分は、ダム湖の水位に合わせて魚道の出口
    (ダム湖からの水の取り入れ口)の高さを
    調節するメカに見とれていました。

  3. 魚道への入口は吸い込まれるようで、ちょっと怖いですね。実際に魚が魚道を通るのかと思うと、魚も大変だなと心配になってしまいました。誰でも自由に見学できるのも、ちょっと驚きました。発電された電気は、東京都交通局の電車を動かしているのでしょうか。

  4. こんにちは、これは私がここで見る魚のはしごを備えた最初のダムの壁です。 それは確かに大きな努力でした。 28mの階段を走った後、足が痛くなったのでしょう。 ドイツからのご挨拶。 ご挨拶W.B. googlによる翻訳

  5. ピリカダムと見たから、鮭の遡上が見れるのではと飛んだら
    サクラマスが回遊していると書いてあった、
    検索すると次から次へとへ―とか、えーとかが貯まる。
    身が柔らかくて印象にない魚だったと思いだした。

  6. 西多摩方面が出身なので奥多摩湖(小河内ダム)は馴染み深い場所でしたが白丸にダムがあるのは初めて知りました!
    今度行ってみようと思います!

  7. 白丸ダムの名前だけは知ってました。
    見ることができて良かっです。
    近くの青梅線の白丸駅は、何も無いい駅でした。

  8. 白丸ダムは堤体は小さいですが、放流となると迫力がありますね。螺旋階段を下から見るところはかなりの見応えがありますね。魚道は階段式魚道のようですね。
    12:07 魚道がめちゃくちゃ綺麗ですね〜
    12:40 二段式ローラーゲートは動画にもなっている五十里ダムとか他にも矢木沢ダムとかにも使われていますね。

Comments are closed.