俳優の三浦春馬さん(30)が18日(2020年7月)急死し、自殺とみられることで衝撃が走っている。18日午後3時、日本テレビが一報を流し、フジテレビも午後3時半、「自殺とみられる」とテロップで速報した。

   それらの報道によると、三浦春馬さんが仕事に現れないので、関係者が東京都港区の自宅マンションに入ると、クロゼットの中で首をつっており、遺書のようなものが見つかったという。

  • 三浦春馬さんは2018年6月18日に初めてインスタグラムを開設、各国からファンのフォロワーが

  • 三浦春馬さんは2018年6月18日に初めてインスタグラムを開設、各国からファンのフォロワーが

どんなインタビューにも丁寧で向上心が高く、完璧主義さんかな?

 

   NHK「世界はほしいモノにあふれてる」のレギュラーMCを務め、今年8月15日放送のNHKドラマ「太陽の子」や、9月スタートのTBS系「おカネの切れ目が恋のはじまり」、7月23日公開の映画「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」などに出演予定など仕事も目白押しだった。

   ネット上では衝撃と哀悼の声であふれている。

   「え?ウソでしょ。NHK『世界は欲しいモノにあふれてる』も、ずーっと観ているけど、全然そんな様子なかった。バイヤーさんに焦点当てた内容なだけに、ここ行きたい、これいいな。と前向きな言葉ばかりでJUJUさんと楽しそうに話しているし、全然わからなかった。舞台キンキーブーツを観に行ったことで、さらに好きになった。どんなインタビューやTVコメントもすごく丁寧で向上心が高く、完璧主義さんかな?とのイメージはあった。今後は世界(ブロードウェイ)を視野に入れて活躍されるんだろうなぁと思っていたのに、ショック。本当に大好きな俳優さんで、信じられない。心からご冥福をお祈りします」

コミカルな演技もシリアスな演技も上手で、ザ・好青年

   「TOKIOの番組に出た時に、恋愛について語られていて、松岡さん同様『彼女が好き過ぎて、自分がダメになってしまうような恋愛』をしてしまう話をされていたので…のめり込んでしまう・真面目な性格なのかなとちょっと気になりました。彼女の事を考えなかった日があり『別れられる』と思ったとか。切ないですね。でも、まさか…もしも恋愛関係で何かあったとしても、自ら命を断つようには…ご本人にしかわからない苦悩があったとしても、ルックス・実力・若さ…本当にもったいないです」

   「芸能界という特殊な世界で、子供の頃から頑張って来られた三浦さん。一般人には想像も出来ない苦悩もあった事と思います。また、今は新型コロナの影響もあり国民が色々と制限をかけられ我慢を強いられている状態。東京という大都市に住まわれて、プライベートでもなかなか息抜きが出来なかったのでは…とても残念でなりません。ラストシンデレラ 、好きでした」

   「テレビ画面のテロップ見て、あまりに驚愕して声が出た。JUJUとの『世界は欲しいものにあふれてる』のMCをあんなに楽しそうにやっていたのに…。大河『直虎』の直親役。『TWO WEEKS』の主演。印象的な役どころを着実にこなす、同世代の中でも抜群に安定感のある役者さんだったのに、いったい何があったのだろう」

   「銀魂2の映画を見たんだけど、三浦さんの演技、とても素晴らしくて涙が出ました。素晴らしい俳優さんだからもっとこれからも作品見たかった。亡くなった人の気持ちはその人しかわからない。ただやっぱり悲しいです。悩んで悩んで出した結論なのかな。苦しかったのかな。生きたかったよね」

   「一報を聞いたときは、コロナウィルスが原因で亡くなられたのかと思いましたが、自殺とは・・・悲しいです。残念です。ご両親の悲しみはいかばかりか と思うと胸が痛みます」

目力のきいた今風でもあり、古風でもあり、キリッとした顔立ち

   「アミューズの株を持っていたので、注目している俳優の1人でした。コミカルな演技もシリアスな演技も上手で、ザ・好青年。ハンサムで本当に魅力的な日本を代表する俳優でした。はぁ、私は一般の主婦ですが、疑似恋愛をして憧れていたのに…本当に悲しいです」

   「演技だけでなく歌もダンスも上手で個人的に注目が再燃したばかりなのに…辛い。テレビの人気俳優から今はミュージカル界でも注目される実力者で次に舞台があれば見に行きたいと思っていたのに…いったい何があったのか?ただただ残念でなりません」

   「衝撃的過ぎて信じられない…うつ病とかとても病んでいるようには見えなかったし、影といえば影はあったけど、それは男の色気として見ていた。ちょっと前のインタビューで早く30歳になりたかった、30代の自分が楽しみって言っていたのに」

   「目力のきいた、今風でもあり、古風でもあり、キリッとした端正な顔立ちは、ここ最近のいわゆるイケメンの中でも際立っていました。これから、さぞかしスケールの大きな俳優さんになるであろう、逸材、本当に、残念でたまりません」(テレビウォッチ編集部)

クレジットソースリンク