fuyudate

冬の滋賀には、カップルで過ごせるスポットが盛りだくさん!琵琶湖博物館や玄宮園などの観光はもちろん写真映え間違いなしのメタセコイア並木まで!二人の距離をグッと縮める冬のおすすめデートスポットをご紹介します。

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

日牟禮ヴィレッジたねや

日牟禮ヴィレッジたねや出典:じゃらん 観光ガイド 日牟禮ヴィレッジたねや

\口コミ ピックアップ/

クラブハリエのバウムクーヘンでお馴染みの「たねや」が運営するお店です。

こちらは、茶屋を併設しており休憩場所としても最適です。

(行った時期:2018年2月)

お土産にこちらのお店で有名な最中を購入しました。求肥入りの餡を近江の米から作られたパリパリの種に包んで食べるので新鮮でした。

(行った時期:2017年11月) 日牟禮ヴィレッジたねや

住所/滋賀県近江八幡市宮内町 日牟禮ヴィレッジ

「日牟禮ヴィレッジたねや」の詳細はこちら

琵琶湖

琵琶湖出典:じゃらん 観光ガイド 琵琶湖

滋賀県の面積の1/6を占める日本最大・最古の湖。クルージングやボート遊び、湖沿いをゆったり散策したり雄大な自然の中でたくさんのレジャーが楽しめます。1950年国定公園に指定されたのを機に選定された琵琶湖八景の風光明媚な景観は、多くの詩歌や絵画にも表されています。

\口コミ ピックアップ/

海のような広い湖は見ているだけでもとても気持ちいいです。

北に行くほど水質もよくなり、神秘的になっていくのもいいです。

(行った時期:2018年2月)

夜の琵琶湖のイルミネーションの噴水がおすすめです。昼間から噴水をやっていますが、夜の特に春から夏にかけては最高です。

(行った時期:2018年1月) 琵琶湖

住所/滋賀県大津市柳が崎5

「琵琶湖」の詳細はこちら

特別史跡 彦根城跡

特別史跡 彦根城跡出典:じゃらん 観光ガイド 特別史跡 彦根城跡

国宝に指定された天守のうちの一つ。別名「金亀城」。白亜三層の天守は今もなお気高い雄姿を誇り、城内には国宝の天守のほか、天秤櫓や太鼓門櫓など重要文化財が現存し、桜、新緑、紅葉、雪景色など四季折々の情緒を感じさせる。井伊直政の子直継・直孝が慶長9年(1604)築城に着手、7ケ国12大名の手伝い普請で20年の歳月をかけて完成。

以後、井伊氏歴代の居城となった。幸い取り壊しを免れたため、三層三重の天守をはじめ多くの遺構を今に残している。堀には琵琶湖の水を巧みに利用し、井伊家で舟遊びなどに使われていた。平山城。

\口コミ ピックアップ/

元旦の昼過ぎに行きましたが駐車場もすぐに見つかり、そこまで観光客も居なかったため、お城はゆっくり見学する事が出来ました。

ただ、駐車場からお城、お城からひこにゃんに会うため博物館へと、坂道と階段の登り降りには心やられました…

ひこにゃんに会えたらすべて打ち消されましたが(笑)

(行った時期:2018年1月1日)

朝、開城と同時頃に行くと沢山の人が掃除をしていてきれいでした。城内は珍しい張りなどがあり、やはり国宝だなあという感じです。時間をかけてゆっくり見ました。良かったです。

(行った時期:2017年12月) 特別史跡 彦根城跡

住所/滋賀県彦根市金亀町1-1

「特別史跡 彦根城跡」の詳細はこちら

石山寺

石山寺出典:じゃらん 観光ガイド 石山寺

良弁開山の東寺真言宗大本山で西国三十三霊場第13番の観音霊場。諸堂宇は景勝地の自然と調和している。境内は巨大な硅灰石(天然記念物)の上に建てられており、寺名の由来となっている。

\口コミ ピックアップ/

紅葉がすばらしく、美しい景色でした、夜のライトアップがされていてとても綺麗です。境内も意外と広いので楽しめました。

(行った時期:2017年12月)

秋の紅葉が一番美しいと思います。夜にはライトアップがされて、よりいい雰囲気になります。階段が多くてきついです

(行った時期:2017年12月) 石山寺

住所/滋賀県大津市石山寺1丁目1-1

「石山寺」の詳細はこちら

延暦寺

延暦寺出典:じゃらん 観光ガイド 延暦寺

伝教大師最澄が比叡山に草庵を結んだことに始まる天台宗総本山。標高848mの比叡山全域を境内とする寺院で、日本仏教の母山と言われている。広大な寺域は100余りの建造物があり、延暦寺の総本堂である根本中堂(国宝)や大講堂などがある「東塔」、最澄作の釈迦如来を本尊とする釈迦堂やにない堂などがある「西塔」、横川中堂や元三大師堂などがあり、静寂に包まれた「横川」の三つのエリアに分かれている。戦国時代に織田信長の焼き討ちにあいましたが、豊臣秀吉や徳川家康などにより復興され、平成6年に世界文化遺産に登録された。

\口コミ ピックアップ/

琵琶湖ホテルに滞在した際に、拝観しました。ユネスコの世界遺産に登録されているそうで荘厳な雰囲気に圧倒されました

(行った時期:2018年1月)

一月中旬に訪れましたが

まだ人がたくさんいました。

雰囲気がすごくあり

たくさん歩くことが難点ですが

雰囲気がすごく良いです。

(行った時期:2018年1月14日) 延暦寺

住所/滋賀県大津市坂本本町4220

「延暦寺」の詳細はこちら

黒壁スクエア

黒壁スクエア出典:じゃらん 観光ガイド 黒壁スクエア

黒壁スクエアは、滋賀県長浜市にある古い情緒ある街並みが特徴のエリアのこと。江戸時代から明治時代の古建築を活かしたガラスショップ、ギャラリー、ガラス工房、体験教室、レストラン、カフェ等が集積します。年間約200万人の観光客が訪れる滋賀県湖北随一の観光スポットです。

\口コミ ピックアップ/

実に楽しいウインドウショッピングが出来る。千変万化、多種多様なお店が並んでいる。東京でもなかなか見つからないだろうなと思うようなお店もアル。

(行った時期:2017年11月)

黒壁スクエアは長浜市にある観光スポットです。いろんなお店が立ち並び、雰囲気も良いです。食事をとりながらゆっくり散策できます。

(行った時期:2017年11月) 黒壁スクエア

住所/滋賀県長浜市元浜町12-38

「黒壁スクエア」の詳細はこちら

八幡堀

八幡堀出典:じゃらん 観光ガイド 八幡堀

八幡堀は、安土・桃山時代に豊臣秀次の八幡山城居城のもと、城下町が栄える原因となった町の一大動脈である。

近江商人の発祥と発展、また町の繁栄に八幡堀は大きな役割を果たし、江戸時代後期には近江国において大津と並ぶ賑わいを見せた。

昭和初期までは、常に町の人々の経済・流通路であったが、戦後は陸上交通の発展によって廃れた。堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、華やかだった当時の様子を今も伝えている。

日牟禮八幡宮の大鳥居をくぐったところには堀に「白雲橋」がかかり、橋からは、かつて全国各地から送られてきた物産を一時保管した土蔵が見られる。

近年になって観光名所として整備され、船着き場などが復元された。近江八幡市のメインの観光スポットである。

\口コミ ピックアップ/

琵琶湖の近く、近江八幡市、近江商人の町並みを通り抜けていくと、お堀にぶつかります。お堀沿いに散策路があるところもあり、船にのならずに、お堀からの風景を少し楽しめます。違う時代に行ったような雰囲気を楽しめます。

(行った時期:2018年2月18日)

風が冷たい日でしたが、窓があるので中は寒くありませんでした。ゆったりした気分が味わえます。道を歩くのとは違う街並みが見れてお勧めです。

(行った時期:2017年11月) 八幡堀

住所/滋賀県近江八幡市宮内町周辺

「八幡堀」の詳細はこちら

多賀大社

多賀大社出典:じゃらん 観光ガイド 多賀大社

「お伊勢参らばお多賀へ参れ、お伊勢お多賀の子でござる」と俗謡に唄われる多賀大社は、伊邪那岐、伊邪那美の夫婦を祀り、太閤秀吉も崇敬した長寿、縁結び、厄除けの神様です。

\口コミ ピックアップ/

以前はよくお参りに来ていて、糸切餅を食べるのが楽しみだったのですが、しばらく来ていなかったので、いろいろ見て回りました。空いていれば、車なら日向神社のところから入ると、とても近いです。

(行った時期:2018年2月)

いざなぎといざなみの祀られている神社。

大きくて、素敵なところでした。

有名なしゃもじで願掛けもしました。

学問に良いようです。

(行った時期:2018年1月) 多賀大社

住所/滋賀県犬上郡多賀町多賀604

「多賀大社」の詳細はこちら

海津大崎

海津大崎出典:じゃらん 観光ガイド 海津大崎

自然の造型美が見事な湖北随一の景勝地。桜の名所。

\口コミ ピックアップ/

琵琶湖八景の1つに数えられている景勝地です。

自然のままの迫力ある景色が眺められます。

ぜひ立ち寄ってほしいです

(行った時期:2017年1月)

桜が有名ですが、先日の大雪の時には雪景色を楽しめました。冬は琵琶湖の水がきれいに澄んでいるので、また違った魅力があります。

(行った時期:2017年1月) 海津大崎

住所/滋賀県高島市マキノ町海津

「海津大崎」の詳細はこちら

琵琶湖博物館

琵琶湖博物館出典:じゃらん 観光ガイド 琵琶湖博物館

「湖と人間」をテーマに数百万年にわたる琵琶湖の歴史や湖と人との関わりを、見て、触って、体験できる感動いっぱいの博物館です。日本最大級の淡水魚類展示もあります。

\口コミ ピックアップ/

琵琶湖に関することが展示場されてい博物館ですが、淡水魚の水族館もありなかなかの見応えです。バイカルアザラシという淡水に暮らすアザラシが可愛いかったです!

(行った時期:2017年12月)

琵琶湖の歴史を学ぶことができます。人間の歴史だけでなく、琵琶湖そのものの歴史や琵琶湖水系に生きる動植物にも重点が置かれています。古琵琶湖(数百年前)時代、湖岸で暮らしていたゾウ(シガゾウ・ミエゾウ)の化石標本は、この博物館の見せ場の一つです。

(行った時期:2017年12月9日) 琵琶湖博物館

住所/滋賀県草津市下物町1091

「琵琶湖博物館」の詳細はこちら

玄宮園

玄宮園出典:じゃらん 観光ガイド 玄宮園

城の北東にある大名庭園で、琵琶湖や中国の瀟湘(しょうしょう)八景にちなんで選ばれた近江八景を模して作られました。彦根藩4代目藩主・井伊直興が延宝5年(1677年)に造営したとされています。 毎年9月には「虫の音を聞く会」、11月には「錦秋の玄宮園ライトアップ」が催され、大名庭園ならではの趣が味わえます。

\口コミ ピックアップ/

国宝彦根城はもちろん、この玄宮園のすばらしさには感動しました。写真撮りまくりでした。この庭園を見ずして帰るのは、あまりにもったいない。ぜひとも訪れてください。

(行った時期:2018年1月)

彦根城へ行った後に、寄ってみました。非常にきれいな庭と建物で、大きな池もあり一度でいいので住んでみたいと思いました。

(行った時期:2018年1月4日) 玄宮園

住所/滋賀県彦根市金亀町3

「玄宮園」の詳細はこちら

伊吹山

伊吹山出典:じゃらん 観光ガイド 伊吹山

滋賀県最高峰で日本百名山のひとつ。滋賀県の東北部に位置し岐阜県との県境にある。琵琶湖の展望と御来光の名所で,夜間登山も盛ん。登山の場合は、麓から山頂まで約6kmで所要時間は、片道約3時間30分。琵琶湖国定公園であり植物群落が国の天然記念物に指定されている山頂お花畑では、春から秋にかけて色とりどりの花が咲きます。特に、7月下旬から8月中旬頃には、ピンク色のシモツケソウが一面に咲き乱れ、天空の楽園のようになり多くの観光客で賑わいます。

また、山頂の気温は麓と比べ8℃~10℃低いため夏場、涼を求め多くの人で賑わいます。

★伊吹山山頂へは、登山のほか、伊吹山ドライブウェイで山頂近くまで車で登ることができます。山頂駐車場から山頂までは、20分~45分程度です。

\口コミ ピックアップ/

ドライブウェイは混雑なく行けました。紅葉は中腹が見頃で山頂は終わっていました。晴天でも寒かったです。薬草ソフトクリームが美味しかったです!

(行った時期:2018年1月)

冬は伊吹山から冷風が吹き付けるのでしょうかね?

山の上が白くなって、まるで富士さんみたいにも見えるんですね・・・。

(行った時期:2017年12月) 伊吹山

住所/滋賀県米原市上野

「伊吹山」の詳細はこちら

奥琵琶湖パークウェイつづら尾崎展望台

奥琵琶湖パークウェイつづら尾崎展望台出典:じゃらん 観光ガイド 奥琵琶湖パークウェイつづら尾崎展望台

奥琵琶湖パークウェイの春

約18.8kmのドライブウェイに樹齢20年から25年の桜が約3,000本咲き乱れます。

4月の見頃には花見客で賑わいます。車から眺める奥琵琶湖と竹生島特有の自然美を楽しむのはもちろん、つづら尾崎展望台から見渡す眺望は最高です。

奥琵琶湖パークウェイの秋

月出峠から菅浦をへて大浦に至る全長18.8kmの道、琵琶湖北岸を走る快適なドライブコースとして紅葉と琵琶湖に浮かぶ竹生島・エリ漁などの風景が楽しめます。

\口コミ ピックアップ/

展望台からは琵琶湖と遠くには伊吹山が望めます。

奥の方にどうぶつの森があり、ここにはキリン、恐竜、象などの置物があります。ここは恋人の聖地に選定されているようです。

(行った時期:2017年12月)

海津大崎からすぐに行ける奥琵琶湖パークウェイに、つづら尾崎展望台があります!

展望台からは、竹生島や琵琶湖の眺望が楽しめます!

(行った時期:2016年1月) 奥琵琶湖パークウェイつづら尾崎展望台

住所/滋賀県長浜市高月町 片山

「奥琵琶湖パークウェイつづら尾崎展望台」の詳細はこちら

おごと温泉

おごと温泉出典:じゃらん 観光ガイド おごと温泉

伝教大師・最澄により開湯されたと伝えられている湖国随一の温泉郷。琵琶湖の大観を一望し、近江富士と呼ばれる対岸の三上山が美しく眺められ、素晴らしい眺望と多彩な味覚にあふれた湖畔の保養地として四季を通して多くの人々に親しまれています。また冬は名物の鴨すきの賞味が格別です。

\口コミ ピックアップ/

なんと言っても、朝食事まで

楽しみなメニュー。

付かず離れずのタイミング抜群な接客も、嬉しい!

1度体験してみて。

(行った時期:2018年2月)

雄琴温泉はお湯がサラサラで

近場にたくさんの湯めぐりがあり

あちこち入って1日遊べます

御飯も美味しいし冬には必ず行ったほうが良いところ

(行った時期:2018年2月) おごと温泉

住所/滋賀県大津市雄琴1丁目

「おごと温泉」の詳細はこちら

滋賀農業公園ブルーメの丘

滋賀農業公園ブルーメの丘出典:じゃらん 観光ガイド 滋賀農業公園ブルーメの丘

農業と観光そしてドイツ・バイエルン地方の文化を融合させた観光施設。

いつもはメインの花畑にはコスモスがあたり一面咲き乱れていますが、今年はひまわりとコスモスが競演しています。

\口コミ ピックアップ/

歩いているだけで癒されます。家族で行くのも、カップルで行くのもいいかも。お花なども綺麗ですし、景色を楽しむだけでもまったり出来ます。

(行った時期:2016年11月)

日野町にある自然あふれるテーマパークで、

アトラクションなどがあるわけではなく、

ソーセージ造りや美味しいビールなど

食文化と自然が楽しめる場所です、

季節によって花々も綺麗に咲き誇り家族で

ゆっくりした時間を過ごすのにもおすすめの場所です。

(行った時期:2015年2月) 滋賀農業公園ブルーメの丘

住所/滋賀県蒲生郡日野町西大路864-5

「滋賀農業公園ブルーメの丘」の詳細はこちら

なぎさ公園

なぎさ公園出典:じゃらん 観光ガイド なぎさ公園

総延長4.8kmの水辺公園で、散策やびわ湖と親しむには絶好の公園。浜大津から石山までの一帯で6つのゾーンからなり、敷地内には県立芸術劇場「びわ湖ホール」やドイツ料理が楽しめる「ヴュルツブルグハウス」、琵琶湖に面したオープンカフェ「なぎさのテラス」、市民プールなどがあります。

6つのゾーンの一つ「おまつり広場」は大津港にあるびわこ花噴水の一番のビューポイントで、さまざまなイベントが行われています。4月~6月頃には蜃気楼が見られることもあります。

\口コミ ピックアップ/

全長4.8㎞、湖岸に沿ってある長ーい公園。ジョギングしている人や釣りをしている人、ベンチで休んでいる人、市民の憩いの場といった感じです。のんびりしたい時にはいいですね。

(行った時期:2018年2月)

モニュメントがたくさんある海沿いの公園です。ぼーっと海を眺めるのに良さそうでした。ポケストップがたくさんあります。

(行った時期:2018年1月) なぎさ公園

住所/滋賀県大津市島の関~晴嵐1丁目までの湖岸

「なぎさ公園」の詳細はこちら

夢京橋キャッスルロード

夢京橋キャッスルロード出典:じゃらん 観光ガイド 夢京橋キャッスルロード

彦根城のお堀にかかる京橋からすぐ。白壁と黒格子の町屋風に統一された街並みは江戸時代の城下町をイメージしています。和菓子屋、洋菓子屋、地元ならではの商品を扱うお店が軒を並べ、古き時代と新しい時代の薫り漂う「OLD NEW TOWN」 です。

\口コミ ピックアップ/

土産物を選んだり、カフェで休憩したり、食べ歩きをしたり、ペット用品のお店で愛犬のお土産を買ったり、いろんなお店があるので、じっくり見て回るだけでも楽しいです!

(行った時期:2018年2月)

彦根城の南側に通る大通りですが、景観的にも城下町風の構えで土産物、飲食店が多く立ち並んでいます。とてもたくさんあるので、迷ってしまいます。

(行った時期:2018年1月) 夢京橋キャッスルロード

住所/滋賀県彦根市本町

「夢京橋キャッスルロード」の詳細はこちら

佐川美術館

佐川美術館出典:じゃらん 観光ガイド 佐川美術館

日本画の平山郁夫氏と現代彫刻の佐藤忠良氏、陶芸の樂吉左衛門氏らの作品を中心に集めた美術館。 水に浮かぶ美術館として称される。外観も一見の価値あり。

\口コミ ピックアップ/

美術館の設計そのものが美術だと感じられる美しさです。琵琶湖を模したという水の庭が圧巻です。2回行きましたが、また行きたいです。

(行った時期:2018年9月)

佐川美術館は守山市にある有名な美術館です。きれいな美術館で、ゆっくりと鑑賞できます。素晴らしい日本画に感動しました。

(行った時期:2017年11月) 佐川美術館

住所/滋賀県守山市水保町北川2891

「佐川美術館」の詳細はこちら

三井寺力餅本家

三井寺力餅本家出典:じゃらん 観光ガイド 三井寺力餅本家

明治創業以来、同じ場所で『三井寺力餅』を作り続ける老舗。伝統の技法で作られる餅は素朴な味。お餅を柔らかく食べてもらおうと本店では全て注文を受けてから作られる。とっても柔らかく、きな粉の香ばしい風味が食欲をそそる。2階では大津絵を見ながら、お茶と一緒にお餅もゆっくりと食べる事ができる。きな粉の風味と柔かな餅大津名物『三井寺力餅』

\口コミ ピックアップ/

店の奥にある部屋で、お餅とお茶をいただきました。

お土産に持って帰ったモノとは、違った美味しさがありました。お餅はどちらも美味しいですが、お店のお茶は、ホテルのより数段美味しいです。時間があれば、店内でいただくのが良いですね。

(行った時期:2018年2月)

家族で行ってきました、イートインコーナーがあります。コーヒーや紅茶を飲むことができるます、名物の力餅を食べました。

(行った時期:2017年12月) 三井寺力餅本家

住所/滋賀県大津市浜大津2-1-30

「三井寺力餅本家」の詳細はこちら

白鬚神社

白鬚神社出典:じゃらん 観光ガイド 白鬚神社

琵琶湖畔に浮かぶ湖中の大鳥居が目印。

\口コミ ピックアップ/

湖の上に浮かぶ鳥居が幻想的

夕方6時半ころからライトアップされるらしくみんな待たれていました

あいにく曇り空で写真はいまいちでした

また晴れた日に行ってみたいです

(行った時期:2018年9月)

夕焼けの時期にぜひ訪れてみてほしい観光スポットです。鳥居と夕日のコントラストがとてもきれいで写真写り抜群です。

(行った時期:2017年11月) 白鬚神社

住所/滋賀県高島市鵜川215

「白鬚神社」の詳細はこちら

メタセコイア並木

メタセコイア並木出典:じゃらん 観光ガイド メタセコイア並木

マキノ高原へのアプローチ道として全長約2・4km、ただひたすらまっすぐと続く並木道。約500本のメタセコイアの木は樹高12mにも及び、天に向かって幹を伸ばすそのたくましさに、誰もが絶賛するはず。また季節によって趣も異なり、新緑がまぶしい初夏やムード溢れる紅葉時、雪化粧した冬の姿も格別。

500本の木々が続く、高原の道を駆け抜けよう

\口コミ ピックアップ/

雪が降った朝、気温が低ければ9時くらいまで、普通は7時30分くらいまでに訪れると雪のメタセコイア並木の写真をうまく撮れます。

(行った時期:2018年2月)

車で通っても、歩いて見て回ってもきれいでした。背景の雪山ともマッチしていました。他の季節ごとに見に行きたいくなりました。

(行った時期:2018年1月) メタセコイア並木

住所/滋賀県高島市マキノ町寺久保

「メタセコイア並木」の詳細はこちら

※この記事は2018年10月時点での情報です

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

クレジットソースリンク