政府は観光需要の喚起策、「Go Toトラベル」でこれまで除外していた東京都への旅行と、都内に住んでいる人の旅行を来月1日から対象に加える方針を明らかにしました。
関西から東京へ、東京から関西への観光需要が高まるか、注目を集めそうです。

「Go Toトラベル」は、旅行代金の割り引きや、観光施設や土産物店などで使えるクーポンの形で、1泊あたり最大2万円分の補助を受けられる観光需要の喚起策です。
このうち、旅行代金の割り引きは7月22日に始まりましたが、感染者が増加傾向にあったことから、東京都内を目的とする旅行や、都内に住む人の旅行は対象から外していました。
これについて赤羽国土交通大臣は閣議のあと記者団に対し、菅官房長官、西村経済再生担当大臣の3者で協議し、東京発着の旅行も来月1日から対象に加える方針を明らかにしました。
これは、東京都の感染状況の警戒レベルが10日、1段階引き下げられたことを踏まえたものだとしたうえで「東京都も含めて全国一斉にこの事業を進められることは、望ましい形になったと思う」と述べました。

【京都 嵐山では】。
観光需要の喚起策「Go Toトラベル」で、来月1日から東京を発着する旅行も対象となる方針を受けて、京都の観光地では期待と不安の声が聞かれました。
京都有数の観光地で京都市右京区にある嵐山では、新型コロナウイルスの影響を受けて観光客は少ない状態が続いています。
このうち、竹細工の土産物店でも売り上げは大きく落ち込んでいるといいます。
店の経営者で嵐山商店街の副会長も務める石川恵介さんは、「東京から人が訪れることで打開のための第一歩になってほしいと期待しています。感染が広がるのではないかという不安もありますが、感染防止策を徹底していきたいです」と話していました。
また、絹織物のちりめん細工などを販売している店でも買い物客は少ない状況が続いていて、引き続き感染防止策を取りながら観光客を呼び込んでいきたいとしています。
従業員の女性は、「マスクの着用や消毒をきっちりと継続するとともに、秋の観光シーズンにむけて嵐山全体がにぎわって売り上げが少しでも上がってほしいと思います」と話していました。
また、愛知県から観光に訪れていた男性は、「今後は東京にいる友人と、より会いやすくなると感じています。感染のリスクに対する不安もありますが、私自身もこれからも感染防止を気をつけていきたいと思います」と話していました。
また、買い物で訪れたという京都市の女性は、「観光客が全体的に少なくなっていて、今後はさらに一人一人が感染対策をして京都に来てほしいと思います」と話していました。

【和歌山 白浜町のホテルは期待】。
政府の観光需要の喚起策、「Go Toトラベル」で東京発着の旅行も対象となる方針を受けて、東京からも多くの観光客が訪れる和歌山県白浜町では、観光業の関係者たちが期待を寄せています。
白浜町では、新型コロナウイルスの影響を受けて、ことし1月から7月の宿泊客数が去年と比べておよそ60%減っています。
このうち、東京から毎年、年間でおよそ5000人余りが訪れる「HOTEL SEAMORE」では、今後、東京のビジネスマン向けのプランを作ることを検討しています。
最近は、仕事と休暇を両立させる新しい働き方、「ワーケーション」でホテルを利用する人も増えており、「Go Toトラベル」をチャンスにしたいと考えています。
ホテルの川田純子 フロント支配人は、「9月や10月といった大阪など近隣の旅行客が落ちつくタイミングで、東京を加える決定が出されたのは大歓迎です。万全の対策をしてお客様を迎えたいと思います」と話していました。

【クーポン利用拡大の期待も】。
大阪では「Go Toトラベル」に関連して11日、共通クーポンの説明会が開かれました。
クーポンは、来月1日以降に出発する「Go Toトラベル」の旅行にあわせて観光施設や土産物店などで使えるものです。
旅行代金の15%分のクーポンが発行され、旅行者は土産物の購入や飲食店の利用の際に割り引きを受けることができます。
東京発着の旅行も対象になる見通しです。
大阪・中央区の説明会には土産物店やホテルの担当者らおよそ50人が参加し、クーポンについて、紙や電子での配布のしかたや、精算方法などの説明を受けました。
大阪のホテルの担当者は、「東京からの宿泊者が増え、稼働率が上がることを期待しています。ホテル内のレストランで食事をして、クーポンも使ってほしい」と話していました。
また、別のホテルの担当者は、「感染者の多い東京から人が来ることによって、大阪での感染が拡大しないかという不安も少しありますが、経済効果への期待のほうが大きいです」と話していました。

【大阪知事“関西の消費も拡大”】。
来月1日から、「Go Toトラベル」で、東京を発着する旅行も対象に加わることになったことについて、大阪府の吉村知事は、記者団に対し、「京都や奈良に行かれる方が多いと思うが、買い物、食事は大阪でという方も多いので、東京が解禁になれば関西の消費の拡大に間違いなくつながると思う。感染予防策を一人一人とっていただいて、ぜひ大阪に遊びに来ていただきたい」と述べました。

クレジットソースリンク