チェコ共和国の首都であるプラハは、世界中の恋人たちにとって最も訪れたい場所のひとつ。プラハ歴史地区のロマンティックな街角や、メルヘンチックな古城や城館、そして農村部の美しい大自然など、愛する人と共に巡りたい素晴らしい風景が待っています。とりわけ、完璧に整えられたバロック庭園はまさに芸術的。今回はチェコの素晴らしい観光スポットを5ヶ所ご紹介します。

プラハ心臓部のヴルトボフスカー庭園

ヴルトボフスカー庭園/画像提供:チェコ政府観光局

マラー・ストラナのヴルトボフスカー庭園は、チェコで最も美しいバロック庭園のひとつ。ウェディングスポットとしても有名です。このイタリア風テラス式庭園内のサラ・テレーナ(地階のテラス状ホール)は、バロック時代オリジナルのフレスコ画で飾られ、飼鳥園も設けられています。

庭園から眺める街並みは息を飲む美しさ。各テラスを結ぶ階段は彫刻で縁取られていますが、これは有名なバロック彫刻家マティアーシュ・ベルナルド・ブラウンの作品です。ヴルトバ庭園は、4~10月の期間、10時から18時まで毎日開園しています

ペトシーン展望台

ペトシーン展望台からの風景/画像提供:チェコ政府観光局
ペトシーン展望台からの風景/画像提供:チェコ政府観光局

ペトシーン展望台は1年を通して詩的な美しさを感じられる、チェコ人にとって最も有名なロマンティックスポットです。

春は丘の斜面に満開の桜を恋人と眺めたり、甘い香りを放つバラが咲く頂上までゆっくりと散策したり。また夏には愛する人と柔らかい芝に横たわって、お気に入りの本を読み、秋には、木々の色を帯びた葉が作り出すプラハのパノラマを背に2人でセルフィーを撮ってみたり…。その一瞬一瞬が忘れられない思い出となるでしょう。

プラハ、マラー・ストラナのヴァルドシュテイン庭園

ヴァルドシュテイン庭園/画像提供:チェコ政府観光局
ヴァルドシュテイン庭園/画像提供:チェコ政府観光局

プラハ歴史地区マラー・ストラナを進んで行くと、初期バロック式のヴァルドシュテイン庭園に辿りつきます。プラハ第2の規模を誇るこの庭園は、現在チェコ上院議事堂ともなっているヴァルドシュテイン宮殿に属するもの。

この庭園の見所は壮大なサラ・テレーナ、ヘラクレスの彫像が立つ広大な池、そして人工鍾乳石の壁と洞窟です。また、園内を孔雀が自由に歩き回るの光景もここならでは。

ヴァルドシュテイン庭園は4~10月期の平日は常に開園しており、自由に出入りが可能。定期的に開催されるコンサートや演劇も楽しめます。

クロムニェジーシュ大司教宮殿の庭園

クロムニェジーシュ大司教宮殿の庭園/画像提供:チェコ政府観光局
クロムニェジーシュ大司教宮殿の庭園/画像提供:チェコ政府観光局

チェコで2番目の都市ブルノから約1時間の所に位置するクロムニェジーシュの町では、隠れた秘宝のその大きさに驚かされることでしょう。

大司教宮殿の庭園は、世界でも最も有名な庭園の一つに数えられており、城とともにユネスコの世界文化遺産に登録されています。「城下庭園」と呼ばれる広い方の庭園は、現在は公園(広大な敷地内で自然の景観美を追求する風景式庭園)となっており、ミニ・トレインでぐるりと一周する楽しみ方も。

一方「花の庭園」は、イタリア後期ルネッサンスとフランス初期バロックの要素がミックスされた、独特な景観を創り出しています。ここではコロネードを散策し、迷路で迷い、草花が成す幾何学模様を鑑賞し、最後にカフェでゆっくり会話を楽しみましょう。

チェスキー・クルムロフ城内庭園

チェスキー・クルムロフ城内庭園/画像提供:チェコ政府観光局
チェスキー・クルムロフ城内庭園/画像提供:チェコ政府観光局

南ボヘミアのチェスキー・クルムロフは、おとぎ話に出てくるような、中世の面影を残す町として観光客に人気の町です。チェスキー・クルムロフの古城と城館は、17世紀に整備された庭園の美しさで知られ、ユネスコ世界遺産にも登録されています。

チェコのロマンティックなスポットを好きな人と一緒に巡っていると、自分たちが物語の世界の主人公になったかのような気分に浸れそう。大切な人と記憶に残る旅をしたいあなたにはぴったりのディスティネーションです。(女子旅プレス/modelpress編集部)情報:チェコ政府観光局

【Not Sponsored 記事】


クレジットソースリンク