ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月23日に放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。22日にスタートした「Go To トラベル」キャンペーンについて解説した。

22日、国内感染者最多のなか「Go To トラベル」スタート

安倍総理大臣は22日、政府の観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンについて総理官邸で記者団に答え、感染予防策を徹底しながら慎重に経済活動を再開していく方針に変わりはないと強調した。

飯田)22日は国内では、最多795人の新規感染者が確認されました。

鈴木)しかし、「除外」という言葉がいつも政治センスを私は疑います。「東京を除外する」という言葉を政治家、行政はなぜ使うのでしょうか。「様子を見ながら、少しずつ段階的に進めていきます」という言い方ができないのか。議論のなかでは大阪も、もしかしたら延期の対象にという話はあったようですが、そうしたところは「延期します」といえばよいですよね。

飯田)そうですね。「延期」だとか「待機」だとか。

鈴木)そうです。「除外」だなんて。

飯田)疎外されたイメージが少しありますね。

3月からこのプランが練られていた

鈴木)毎日のように「Go To トラベル」のニュースがありますね。いろいろな賛否両論の意見はあると思います。社会活動・経済活動とのこのコロナが共存して行っていかなければならないという状況の下、このキャンペーンはアクセルとブレーキの両方を踏み分けながら実施していくなかで、この現在の感染状況をみると一部除外をしてよいのではないか。安心な地域同士でまずスタートをする。増えている東京や大阪はスタートを遅らせる。こういったことを、先週、ある番組のようなものがあり、そこで私は提案していました。

私はこの判断は間違っていなかったと思います。むしろもっと早くこうした判断をしてほしかったですね。ぎりぎりまである人は「やる」、ある人は「やらない」と言っていた。そして、世論調査をすれば国民のほうが「待つべきではないか」という意見が多くなりました。スピード感はありませんでしたが、結果として判断は正しかったのではないかなと思います。

ただ、この「Go To トラベル」の政策の立て付け、予算の使い方自体を考えた方がよいと思います。

飯田)これは第一次予算に乗っかってきている。第一次予算は4月の半ば、緊急事態宣言のなかで審議をされてきたものです。ここに旅行かというのは、あの当時からありましたよね。

鈴木)取材をしますと、「Go To」キャンペーンのようなものをぜひやってくれという業界団体はいます。これはもちろんそうですよね。

飯田)観光業界は打撃を受けたのが早かったですからね。

鈴木)これは3月からこのプランが練られて、経産省や自民党の族議員などが関わっていた。管轄の国交省の大臣はずっと公明党がやっていますよね。こうしたところに観光に関する、大変になるぞという意見が、いろいろなところからおそらく来ますよね。そして、「Go To」のようなものがおぼろげながら形になってきた。しかし、3月ですから「少し待て」と。3月は「他にやることがあるだろう」と。

飯田)そうでしたよね。

クレジットソースリンク