東京五輪で日本選手の活躍が続く中、都内での新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。東京の新規感染者は31日、4058人で最多を更新。都は感染者の半数を占める20代や30代、重症者が多い50代を中心に外出自粛などの呼び掛けを強める。しかし、週末夜の新橋ではサラリーマンらが五輪中継を見ながらグラスにビールを注ぎ、休日の原宿は大勢の若者たちでにぎわっていた。(米田怜央、山口登史)

原宿・竹下通りを行き交う人たち

◆都職員が呼び掛けも…

 「外出を控えてください」。31日の昼下がり、ハンドボール会場の国立代々木競技場(渋谷区)に近く、五輪を祝う旗が通りを飾るJR原宿駅前で、拡声器で呼び掛ける都職員の声が響いた。

原宿・竹下通りを訪れた人たちに不要不急の外出自粛を呼び掛ける都職員

 待ち合わせをしていた大学4年の女性(22)はそれを耳にし、少し申し訳なさそう。「でも、コロナが収束するのを待っていたら、何もできないまま学生生活が終わっちゃう」

◆宣言知らずに、岐阜から

 若者向けの店が連なる竹下通りは人の波が途切れず、五輪関係者を示すADカードを首から下げた外国人の姿も。Tシャツショップの男性店長(31)は「人は緊急事態宣言前に比べて少し減ったくらい。感染者が増えても、もう劇的には変わらない気がする」。

 岐阜県から観光で訪れた20代の男性会社員は宣言発令中と知らず、「時間がたち、コロナが怖いという気持ちは薄れてきている」と話した。

◆サラリーマンの街、新橋は

 都内は酒類提供の自粛要請が続くが、JR新橋駅前(港区)では飲食店の明かりが夜遅くまでともり続ける。埼玉、千葉、神奈川3県にも緊急事態宣言発令が決まり、菅義偉首相が記者会見で国民に「慎重な行動」を呼び掛けていた30日午後7時すぎも、家路を急ぐ人がある一方、立ち飲みする人で混雑していた。

 「緊急事態宣言に慣れちゃったんでしょ」。区から委託され駅前広場を掃除していた男性が愚痴をこぼす。拾い集めたカップ酒の瓶や空き缶は45リットルのゴミ袋の半分ほどに。その横で「シュポッ」と缶ビールを開ける音。「酒を飲む人は止められないよ」。男性はため息をついた。

◆「五輪中だから、飲んじゃえ」

東京・新橋の飲食店街を行き交うマスク姿の人たち

 午後8時ごろ、ガード下の居酒屋のテレビでは、サッカー女子代表の「なでしこジャパン」が準決勝進出を懸けた試合が流れていた。店内はほぼ満席で、50人近い客は肩を寄せ合うような状態。近くの通りでは、「五輪中だから飲んじゃえ」と気勢を上げながら店を探す若い4人組の男女もいた。

 駅前の公園には、路上飲酒対策で警備員が立っていた。その目を逃れるかのように、路地裏で埼玉県志木市の会社員の男性(56)が1人、缶チューハイを傾けていた。手にしたスマホには女子サッカーの試合経過が映っていた。

 「お母ちゃん(妻)がいるから家では飲みにくいんだよね」。帰宅前の一杯がささやかな楽しみだが、「なじみの店はどこも営業自粛。知らない店は若者が多いから、コロナが怖いよ」。

クレジットソースリンク