2019年12月21日,東京国際フォーラムにて「TEPPEN WORLD CHAMPIONSHIP 2019 決勝大会」が行われた。この日に向けて修練を重ね,世界各地から集まった12人の選手達の戦いは,非常にハイレベルで見る者を魅了していた。そんな大会の詳細については「こちら」のレポート記事で紹介しているので,気になる人はチェックしてほしい。

 さて,そんな大会の隣で行われていた「TEPPEN TOKYO CUP 2019」の存在を,みなさんは知っているだろうか。

 この大会は,その日の抽選に当たった32人が賞金10万円を懸けて戦うサイドトーナメント。5連勝すれば10万円が手に入る計算なので,ランクマッチで連勝を重ねている人であれば,「参加すれば10万円が手に入る穴場かもしれない」という考えが頭をよぎったことがあるのではないだろうか。

 そこで今回4Gamerでは,実際にサイドトーナメントに参加し,本当にそんなぬるい大会なのか,猛者の集まる戦場なのか,その雰囲気や温度感を確かめてきた。本稿では,そのレポートをお届けしたいと思う。

■ルール

  • 試合形式:全てBO1にて実施
  • 登録デッキ:1トーナメント参加につき1デッキ
  • 端末:試合用の端末(シャープ株式会社「AQUOS zero」)を使用

今回はその日に行われる全3回の大会のうち第2回に参加したのだが,パッと見渡した限り,男性がほぼ9割を占め,年齢層は10代〜20代だったように感じた
画像(003)10万円を懸けたもうひとつの「TEPPEN」。誰でも参加できるサイドトーナメントは穴場なのか?

謎の自信に満ちた筆者は「10万円あれば壊れたTVを新調してもお釣りが来るな」などと考えており,この時点で負けが見えていたように思う
画像(002)10万円を懸けたもうひとつの「TEPPEN」。誰でも参加できるサイドトーナメントは穴場なのか?

 テンプテーションモリガンを使用した筆者の対戦相手は,第1戦がテンプテーションモリガンのミラーマッチ,第2戦がシャドウブレイドモリガン,第3戦もシャドウブレイドモリガンと,モリガンのオンパレードとなった。

サイドトーナメントってモリガン縛りだったっけ……?
画像(010)10万円を懸けたもうひとつの「TEPPEN」。誰でも参加できるサイドトーナメントは穴場なのか?

 第1戦は,お互いにメインアタッカーである「いぶき」と,「隠密」を探索する「エイダ・ウォン」を場に出し,ほぼ同じ盤面で戦いが始まった。膠着した状態が続いたが,筆者側の「迸る魔力」と「支配された頭脳」がうまく刺さり,ミラーマッチを制することに成功した。

※対戦画面は後撮りしたイメージ画像となります
画像(011)10万円を懸けたもうひとつの「TEPPEN」。誰でも参加できるサイドトーナメントは穴場なのか?

画像(004)10万円を懸けたもうひとつの「TEPPEN」。誰でも参加できるサイドトーナメントは穴場なのか?

 第2戦は,相手が「ヘルアンテノラ」「プケプケ」といった4MPのユニットを展開し,盤面に圧をかける立ち上がりとなった。筆者側は「クリスタルハンター」「ダークホールド」などで敵の動きを止めつつ,相手の盤面が埋まったところで,「隠密」「フックショット」でブロックをかいくぐり,チクチクとダメージを稼いで勝利した。

画像(012)10万円を懸けたもうひとつの「TEPPEN」。誰でも参加できるサイドトーナメントは穴場なのか?

画像(005)10万円を懸けたもうひとつの「TEPPEN」。誰でも参加できるサイドトーナメントは穴場なのか?

 第3戦は,筆者側の「いぶき」が順調に成長するも,相手の「ルサキア」による攻撃力ダウン+「露払い」のコンボによって一気にMPの差を付けられてしまう。その後,「迸る魔力」「支配された頭脳」「魂の帰還」が引けず,「ティガレックス」に押し切られ,ベスト8で敗退することになった。

画像(013)10万円を懸けたもうひとつの「TEPPEN」。誰でも参加できるサイドトーナメントは穴場なのか?

ベスト8あたりからTVの買い換えで頭が支配されつつあったのも敗因のひとつかもしれない。いや,ほんとにイケるかと思った……
画像(007)10万円を懸けたもうひとつの「TEPPEN」。誰でも参加できるサイドトーナメントは穴場なのか?

 結果,練習と研究をしっかりとしておけば10万円のチャンスは大いにあるが,その道のりは容易くないため,サイドトーナメントは“穴場”ではなかった。あとで聞いた話ながら,ランクマッチで1桁台に乗るような人が参加していることもあるようで,サイドトーナメントであっても,その決勝戦ともなれば,「TEPPEN WORLD CHAMPIONSHIP 2019」との差はあまりなかったのかもしれない。

 しかし,ここで感じられる独特の緊張感や興奮は,ほかではなかなか味わえないものなので,個人的には参加する意義は大いにあると思う(もしかしたら運良く10万円手に入るかもしれないし)。また,大会を見据えている人にとっては,デビューの足がかりに最適な機会とも言えるだろう。

サイドトーナメントでは,にこやかに挨拶をしてくれる人もいれば,できるだけこちらに関わらないようにする人がいるなど,実際に対面して戦うからこその独特な雰囲気を感じられた
画像(001)10万円を懸けたもうひとつの「TEPPEN」。誰でも参加できるサイドトーナメントは穴場なのか?

 次回の大会や新ヒーローが発表され,盛り上がりを見せている本作。世界のTEPPENを狙っている人には,規模こそ違えど大会の雰囲気を知る良い機会なので,まずはサイドトーナメントへの参加をオススメしたい。また,ただただ実力を試してみたい人も(実はかなりの猛者が集まるので)サイドトーナメントにぜひ挑戦してみてほしい。

関連記事




「TEPPEN」世界最強プレイヤーは台灣最後守護者選手に決定! 「TEPPEN WORLD CHAMPIONSHIP 2019」フォトレポート


 「TEPPEN WORLD CHAMPIONSHIP 2019」は,賞金総額5000万円をかけた「TEPPEN」初の公式世界大会だ。アメリカ,EU,アジアパシフィック,そしてホスト国(日本)の各リージョンが予選大会を実施し,その勝者である最強の12名が最強の座を勝ち取るために熾烈なバトルを繰り広げた。


[2019/12/23 16:56]

クレジットソースリンク