ナビタイムジャパンは、同社が提供するナビゲーションサービスで目的地として検索されたスポットなどを集計した「2020ナビタイム スポット検索ランキング」を発表。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響により、移動にも変化が現れた。

目的地検索スポット総合ランキング1位は2年連続で「伊勢神宮内宮」だったが、それ以外で混雑を避けた屋外のスポットが順位を大きく伸ばしている。「伊勢神宮内宮」に続いたのは「東京ディズニーランド」と「御殿場プレミアム・アウトレット」。それぞれ昨年の4位、12位から順位を上げた。全国の神社や寺院の名前が並ぶ上位には、アウトレットや大型商業施設の名前も多くランクイン。地域との共有を強めるアウトレットはもはやショッピングだけでの施設ではなく、地域創生型商業施設としての魅力を備えた一大観光スポットとも言える。また、順位を上げたスポットは、屋外の観光地も多く、混雑を避けることができるスポットへの人気が集まっている様子が見られた。

出発地と目的地が同一県内にあるスポットの検索情報を集計した県内移動ランキングでは、全国的に有名な観光地以外にも、人混みから離れた景勝地や屋外施設、城や寺院などの文化施設が人気を集めている。地元の人たちだからこそ知っているスポットが多くランクインするこのランキング。総合ランキングにはないスポットや、順位が入れ替わっているなど、地域ごとの特徴がうかがえる。

交通手段別ランキングでは、密を避けた移動手段として、自転車や車が注目を集めた今年、屋外のスポットが順位を上げた。

電車部門でも、「伊勢神宮内宮」が、昨年6位からランクアップし、1位にランクイン。2位は2ランクアップの「東京ディズニーランド」、昨年トップの「東京ビッグサイト」は3位に転落した。また、東京や神奈川などの首都圏だけでなく「草津温泉」や「清水寺」、「出雲大社」といった全国各地の有名観光地も順位を上げている。

バス部門のトップ3は、「東京ディズニーランド」「伊勢神宮内宮」「清水寺」となった。他のランキングに比べて、バスでの移動が便利な京都市内の神社・寺院が多くランクイン。また、東京都と愛知県の免許センターが上位にランクインしている。

車部門のトップ3は「伊勢神宮内宮」「御殿場プレミアム・アウトレット」「日光東照宮」。佐野や神戸、軽井沢、木更津など、全国のアウトレットが去年に比べ大きく順位を上げている。

バイク部門のトップ3は「道の駅どうし」「ビーナスライン」「江の島」。バイク乗りからの根強い人気を誇る道志エリアが、昨年に引き続き、1位となった。バイク部門の特徴は、ピンポイントな目的地より「ビーナスライン」や「江の島」、「淡路島」などエリア全体を示すスポットが多いこと。道中の絶景や肌で感じる地域の風を楽しみたいというライダーが多い傾向がうかがえる。


クレジットソースリンク