2020年は新型コロナウイルスの拡大によって観光業界は大きな影響を受け、旅行の形も変化してきています。2021年は観光業界にとってどんな年になるでしょうか。

企業、大学、DMOなど様々な機関のマーケティングリサーチ支援を行うアンド・ディ(&D)は2020年1月22日(金)に「最新の観光スタイル」について、ビッグデータ解析を利用した実証実験の結果・&D自主調査結果を例に、専門マーケターの解説やフリーディスカッションを行う観光セミナーを開催します。

なお、本セミナーには訪日ラボもパネリストとして登壇します。

このセミナーに参加申し込みする

アンド・ディ観光セミナー「2021年の観光スタイル」変わること・変わらないこととは?

アンド・ディは、2020年1月22日(金)に、「最新の観光スタイル」について、ビッグデータ解析を利用した実証実験の結果・&D自主調査結果を例に専門マーケターからレクチャーを行う観光セミナーを開催します。

2020年1月に新年が明けて間もないタイミングで、新型コロナウイルス感染が日本で報道されました。

その後、3月に緊急事態宣言が発令され、街から観光地から明るい声がなくなりました。

そして7月からGoToトラベル施策が開始となり、多くの旅を楽しむ人たちが観光地に戻ってきました。

地域と旅人との絆をなくさないためのバーチャルツアーなどの情報発信や、コロナが少し収まった時の旅行者のための感染対策に、観光に携わる皆様が全力でご対応されてきたことと思います。

一方、旅行者の立場からみると、画面越しの日本の景色は非常に美しく魅力的で、見るだけでも旅行に行った気分になり、行きたい気持ちは盛り上がるものの、やはり旅は実際に自分の足で赴き風・匂いを感じること、それが旅なのだと温めて感じた方も多いことでしょう。

今回のセミナーでは、2021年の観光について、これまでと変わること・変わらないことについて、データを基に解説します。

レクチャーでは、訪日旅行者向けの日本旅行アドバイスサイトDeepJapan(株式会社ゼロイン)プロデューサー木立徹氏、株式会社mov 常務取締役 菊池惟親がパネリストとして登壇します。

パネリスト紹介

Deep Japan プロデューサー 木立徹 氏

2015年よりインバウンドマーケティングチームに加入。

東京都産業労働局観光部のFree Wi-Fi PR事業、ビックデータ調査事業(再委託)、政策企画局 中国向けWeiboPR事業を担当。東京観光財団 ボランティアガイドPR事業、外国語メニューのある多言語サイト、伝統文化発信事業、台東区英語サイト、愛媛県海外向けプロモーション映像(再委託)、山形県ファムトリップツアー(再委託)、秋田県 秋田犬を活用したFIT促進事業、自治体の観光プロジェクトに多数かかわる。

東京と世界発信コンペティションで革新的サービス部門特別賞受賞のサービス運営のリーダーを務める。

観光庁 DMO外部専門人材(令和2年度、三重県観光連盟にアドバイザーとして参画)、インバウンドの地方誘客促進のための専門家。

株式会社mov 常務取締役 菊池惟親

新卒で製造業に関するコンサルティング企業に勤務の後、大手老舗の調味料メーカー に転職。

関西・東海エリアの店舗出店及び、同エリア統括を担い、約200名のスタッフを管理。

2015年から同社における海外進出準備室の立ち上げ、アメリカでの市場調査、現地法人の設立を行い、3年間アメリカ法人の運営管理を実施。

2018年より日本最大級のインバウンドニュースサイト「訪日ラボ」 を運営する、株式会社movの営業本部長として日本の観光活性化の為にインバウンドにおけるコンサルティングやアドバイザーとして普及活動に勤める。

省庁系との取組 はもちろん、一部上場企業へのコンサルティング実績多数。

主なセミナー内容

  • 令和元年東京都 ビッグデータを活用した観光行動分析実証事業の結果ご報告
  • パネリストによるショートレクチャー
  • DeepJapan、訪日ラボ、アンド・ディによるフリーディスカッション

セミナー概要

テーマ :アンド・ディ観光セミナー2021#1『2021年の観光スタイル』変わること・変わらないこと

日時:2021年1月22日(金)13:00~14:30

視聴方法:オンライン

主催:株式会社アンド・ディ

参加費:無料

このセミナーに参加申し込みする


クレジットソースリンク