FASHION HEADLINEの人気企画「おしゃれな人が使ってるエコバックがみたい! 」。今回は、イタリアで大人気のオシャレエコバッグをご紹介。近い未来、また気兼ねなく海外旅行を楽しめるようになったら、お土産として買ってきたい! そんな気持ちも込めてお送りします。

ファッションの流行発信地であるイタリアでも、既にエコバッグは主流。街中ではエコバッグにたくさんの食材を詰め込んだおしゃれなイタリア女性の姿を頻繁に見かけます。鮮やかな色合いの明るいファッションを好むお国柄とあって、エコバッグも個性的なプリントや素材を使ったオリジナルバッグが豊富! 気になる10選、早速チェックして。

01. Uashmama(ウアシュママ)


“お母さんが子供ためにじゃぶじゃぶお洗濯”という意味を持つ「ウアシュママ(Uashmama)」。イタリア職人の街と呼ばれるトスカーナ地方の四姉妹が立ち上げた雑貨ブランドで、すべて職人によるハンドメイドです。ペーパーのような風合いの素材は、新聞古紙を主原料とした天然の木質繊維で作られていて、優れた耐久性に加え、汚れたら丸洗いができるという利便性が大人気のワケ。

02. Rinacente(リナシェンテ)


ミラノ随一の観光名所ドゥオーモの目の前にある老舗高級百貨店「リナシェンテ(Rinacente)」のエコバッグは、コットン素材のトートバッグ。シーズンによってアーティストとコラボレーションや、イタリアのヴィンテージ広告をプリントした作品を発売するなど話題性の高いアイテムです。

03. 10 Corso Como(ディエチ・コルソコモ)


ミラノで最もハイセンスなセレクトショップ「ディエチ・コルソコモ(10 Corso Como)」。モードとアートを融合した独特の空間が人気のお店とあって、オリジナルのエコバッグも他にはなく個性的。トート、ハンド、ボストンとサイズもカラーバリエーションが豊富で、同店のロゴである“◎”が描かれたデザインがキュート!

04. Eataly(イータリー)


イタリア料理に必要な材料すべてがそろうと言われる、高級食材フードマーケット「イータリー(Eataly)」は、豊富な品揃えとハイセンスな陳列でいつも活気に溢れています。コットン素材、ナイロン素材のエコバッグもあるものの、人気なのはこの“ワインボトル用”バッグ。ワイン4本がすっぽりと入る縦長のバッグは、ワイン好きな国・イタリアならではで、お土産にも喜ばれそう。

05. Atelier Settembre(アトリエ・セッテンブレ)


イタリア発ブランド「アトリエ・セッテンブレ(Atelier Settembre)」は、折り畳んでコンパクトにまとまるハンドバッグタイプ。様々な素材とプリントで展開されていて、どれもデザイン性が高くイタリアのみならずヨーロッパ中で大人気。ショッピングの際のエコバッグとしてだけではなく、デイリーユースのおでかけ用バッグにもぴったり。

06. Bio C’bon(ビオセボン)


フランス・パリ発のオーガニックスーパーマーケット「ビオセボン(Bio C’bon)」は、良質なオーガニック食材が手に入ると最近話題のスーパー。オリジナルのエコバッグは、同店のキャラクターであるキャッチーなパイナップルが描かれており、100%リサイクル素材を使用した環境にも優しい仕様のトートバッグタイプ。

07. Il Bisonte(イル・ビソンテ)


「イル・ビソンテ(Il Bisonte)」は、日本でも名の知れた、フィレンツェ発のバッグ・革製品のブランド。ジャガード織りの独特の風合いがあるこのトートバッグは、シックな見た目だけでなく、上質なレザーと丈夫な構造で仕立てられており、長く愛用することができるところもポイント。レザー部分は、時の経過とともに色合いが変わり、使うほどに愛着が増していきそう。

08. Envirosax(エンビロサックス)


オーストラリア発の「エンビロサックス(Envirosax)」は、折り畳める薄い生地ながら、耐荷重20kgと耐久性が高い優秀なエコバッグ。環境保護へのメッセージとして植物や自然のプリント柄が描かれ、鮮やかなカラーと常夏ムードな雰囲気がイタリア女性のファッションとも相性抜群で人気急上昇中。

09. Duomo(ドゥオーモ)


イタリア最大のゴシック教会・ドゥオーモ(Duomo)が展開しているオリジナルバッグは、観光客にはもちろん、意外にも地元イタリア人の愛用率も高め。その理由は、防水加工のナイロン素材と軽量さという利便性にあり! 都市部では交通手段として自転車を選ぶ人も多くなっており、両手を空けることができるバックパックがトレンドの模様。

10. MUDEC(ムデック)


ミラノの数ある博物館の中でも、2015年にできた文化博物館「ミュゼオ・デル・クチュール(略してムデック)」は、アートやモード関係者から高い評価を得る新名所。ギャラリーや美術館のエコバッグは定番人気ですが、ムデックのバッグを持っていると一目置かれるかも。

イタリアから届いた、コーディネートの主役にしたい素敵な人気のエコバッグ10選。気になるエコバッグは見つかりましたか? いつかまたイタリアに出かけられるようになった際には、ぜひ、お土産の参考にしてみてくださいね。

【プロフィール】
ELIE INOUE
パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける。主な寄稿媒体はFASHION HEADLINE、WWD Japan、ELLE Japan等。

編集部


クレジットソースリンク