政府が2010年度までに日本を訪れる外国人旅行者を1000万人にすることを目標に行われている『ビジット・ジャパン・キャンペーン』で、東京でも観光客を誘致しようとさまざまな取り組みが行われています。

 ことし1月から6月に日本を訪れた外国人の数はおよそ310万人で、政府が掲げる1000万人という目標の3分の1程度にとどまっています。
 ことし10月に行った調査によると、外国人観光客が日本を旅行中に不便だと感じたことの上位に、案内板などの外国語表示が少ないことや言葉が通じずコミュニケーションがうまく取れないことなどが挙げられています。外国人観光客の中には「時々言葉の壁を感じる。例えば地下
■■↓全文を見る■■

ソース

8 コメント

  1. @sakurakiss0815 簡単な日本語は覚えられても、文字まで覚える観光客は普通居ないだろう。だから有名な観光スポットだったら英語表記があるのが当たり前。ちなみに海外では先進国からの観光客で英語も喋れないは日本人ぐらい。

  2. あんな機械つけて歩いていたらビックリします。
    てか普通の人は付けないでしょ。。。
    iphoneとセカイカメラを組み合わせたりしてもっと簡単にやっちゃえば、コンテンツ不足なんてのもなくなるとおもう。

  3. The Japanese trying to lure more unsuspecting foreigners to their dull little island because their economy has been in the dumps for decades and someones got to pay.

Comments are closed.