7月21日に開業を迎えることが12日に発表されたソフトバンクの新エンターテインメントビル「BOSS E・ZO FUKUOKA」。本拠地PayPayドームの隣接地に建設され、飲食店や多彩なエンターテインメント施設が入る、地上7階建ての大規模複合施設となる。

ニュース/コラム

PayPayドームに隣接するエンタメビル「BOSS E・ZO FUKUOKA」が7月21日に開業【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

ハワイの「IL LUPINO」とシンガポールの「チャターボックス」を招致

 7月21日に開業を迎えることが12日に発表されたソフトバンクの新エンターテインメントビル「BOSS E・ZO FUKUOKA」。本拠地PayPayドームの隣接地に建設され、飲食店や多彩なエンターテインメント施設が入る、地上7階建ての大規模複合施設となる。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、開業が遅れていたが、ようやく7月21日のグランドオープンが決定。そこで「Full-Count」ではこの新施設をフロア毎に分けて、詳細をお伝えする。第1回は、日本初出店となる2店舗を含む3階の「The FOOD HALL」だ。

 福岡の地にできる「BOSS E・ZO FUKUOKA」だが、驚きなのが、日本初出店となる海外の名店が2店舗入るというところ。いちプロ野球球団であるソフトバンクホークスが日本初出店の海外の有名店を口説き落としたという点でも、今回のエンターテインメントビル事業で注目ポイントの1つだろう。

 1店舗目がハワイで人気のイタリアンダイニング「IL LUPINO(イル・ルピーノ)」。ステーキの有名店である「ウルフギャングステーキハウス」が手がけるイタリアンダイニングだ。「ウルフギャングステーキハウス」は東京や福岡にも店舗を展開しているが、この「IL LUPINO」は日本初出店。観光でハワイを訪れたことがある人で来店したことのある人も多いのではないか。

 球団職員が現地に足を運んで交渉を重ね、日本初出店に漕ぎ着けた。「IL LUPINO」は「TRATTORIA IL LUPINO」と「WINE BAR IL LUPINO」を併設。「WINE BAR」では隣のダイニングの料理も堪能できるようになっているという。

北海道のえびそば専門店や東京の焼肉店が九州初出店


クレジットソースリンク