この記事はittaが配信しています。
一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

ittaライターの旅のしおりから、日本国内の絶景スポットをピックアップ! おすすめの月ごとにまとめてご紹介します。

気になる場所があれば写真下のリンクから、実際にその地を訪れたittaライターの声もチェックしてみてくださいね。

1月に見たい絶景

・大洗磯前神社(茨城)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「【茨城】朝日×鳥居の神々しい絶景!『大洗磯前神社』で日の出を見てきた」(ライター:かずのこ)より

茨城県の「大洗磯前神社」は、海上の岩礁に建てられた「神磯鳥居」と波しぶきのコラボレーションが美しく、初日の出スポットとしても人気。新年にパワーをもらいに行きたい神社です。

・新倉山浅間公園(山梨)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「富士山の絶景とパワースポットを巡る! 山梨『富士吉田』の旅」(ライター:ちゃんちか)より

山梨県富士吉田市の「新倉山浅間公園」は、ガイドブックの表紙のような美しい風景が見られる絶景スポット。雪化粧した富士山がくっきりと見える冬の晴れた日や、桜のシーズンが特に人気。

・吾妻山公園の菜の花(神奈川)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「都心から1時間半! 富士山と菜の花畑のコラボが楽しめる『吾妻山公園』」(ライター:ちゃんちか)より

神奈川県中郡二宮町の「吾妻山公園」は、早咲きの菜の花と富士山との絶景コラボが楽しめるスポット。吾妻山公園の菜の花は例年1月ごろに見頃を迎え、この時期には毎年恒例のイベント「菜の花ウォッチング」が開催されます。

2月に見たい絶景

・オホーツク海の流氷(北海道)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「豊かな色彩の絶景に恍惚!“北海道の絶景色辞典”」(ライター:sorano)より

例年2月頃は、北海道オホーツク海沿岸で「流氷」の絶景が見られるシーズン。流氷クルーズや流氷ウォークなど、この時期だけのレアなアクティビティが楽しめます。国の天然記念物に指定されているオオワシやオジロワシに出会えることも。

・三浦海岸桜まつり(神奈川)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「『みさきまぐろきっぷ』で日帰り旅! 早咲きの桜と絶品マグロを堪能しよう」(ライター:ちゃんちか)より

神奈川県三浦市では、毎年2月頃に「三浦海岸桜まつり」が開催されています。京急線の線路沿い1kmに渡って約1,000本もの河津桜が咲く光景は、ひと足早い春の訪れを感じさせてくれます。

3月に見たい絶景

・菜な畑ロード(千葉)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「3月におすすめ! 地元、千葉県のフォトジェニックスポット3選!」(ライター:sorano)より

「菜な畑ロード」は千葉県鴨川市の春の風物詩。例年2月上旬〜3月上旬が見頃で、黄色い絨毯のような菜の花畑が広がります。イベント期間中には、観賞用菜の花摘み体験なども楽しめますよ。

・潤井川龍巌淵の桜(静岡)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「【静岡】桜×菜の花×富士山の絶景が見られる『龍巌淵』」より

静岡県富士市の「龍巌淵」は、川沿いに咲く桜と菜の花、そして雄大な富士山を、一度に楽しむことができる絶景スポット。桜は例年3月下旬~4月上旬が見頃となっています。

4月に見たい絶景

・千鳥ヶ淵緑道の桜(東京)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「東京の桜名所めぐり 〜千鳥ヶ淵緑道の桜〜」(ライター:Bremen)より

皇居のお濠に沿って整備された遊歩道「千鳥ヶ淵緑道」は、全国的にも有名な桜の名所。例年3月下旬~4月上旬が見頃です。ボートに乗って、水面すれすれまで枝を伸ばす桜を水上から楽しめるのも魅力。

・塩船観音寺のツツジ(東京)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「つつじの絶景が楽しめる! 青梅『塩船観音つつじまつり』へ急ごう!」(ライター:Bremen)より

“花と歴史の寺”として有名な青梅市の塩船観音寺は、東京屈指のツツジの名所。本堂を包み込むように咲く、カラフルなツツジの絶景が楽しめます。見頃は例年4月下旬〜5月上旬。

・富士本栖湖リゾートの芝桜(山梨)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「【山梨】GWは芝桜と富士山のコラボを見に行こう!日本最大級の芝桜イベント『富士芝桜まつり』」(ライター:かずのこ)より

山梨県の「富士本栖湖リゾート」では、毎年4月中旬〜5月下旬ごろに「富士芝桜まつり」が開催されます。濃淡のあるピンクの芝桜が、残雪を被った富士山をバックに絨毯のように咲き揃う光景は、息をのむ美しさ。

5月に見たい絶景

・あしかがフラワーパークの藤(栃木)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「GWの日帰り旅行にぴったり!あしかがフラワーパークの『ふじのはな物語』を見に行こう」(ライター:かずのこ)より

栃木県の「あしかがフラワーパーク」では、毎年4月中旬〜5月中旬にかけて「ふじのはな物語〜大藤まつり〜」が開催されます。淡い色の藤が垂れ下がるようすはとても幻想的で、CNNの “世界の夢の旅行先10カ所” に選出されたこともあります。

・奥入瀬渓流(青森)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「【奥入瀬渓流とその周辺】渓流と、渓流から足を延ばして秘湯や明治時代の遺産を残す町へ」(ライター:BLUE)より

四季折々の美しい景観が楽しめる、青森県の「奥入瀬渓流」。5月〜6月ごろの新緑シーズンと、10月ごろの紅葉シーズンが特に人気です。滝が点在する渓流沿いには遊歩道が整備されており、気軽に大自然を肌で感じることができます。

・国営ひたち海浜公園のネモフィラ(茨城)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「【茨城】さまざまな植物の絶景が見られる『国営ひたち海浜公園』」より

茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」は、四季折々の花や自然が楽しめるスポット。毎年ゴールデンウィークの頃には、約530万本のネモフィラが「みはらしの丘」の一面を爽やかなブルーに染め上げます。

6月に見たい絶景

・三島さんの芝ざくら庭園(北海道)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「豊かな色彩の絶景に恍惚!“北海道の絶景色辞典”」(ライター:sorano)より

「三島さんの芝ざくら庭園」は、蝦夷富士と呼ばれる雄大な「羊蹄山」をバックに、ピンクや白の芝桜が咲き乱れる絶景スポット。倶知安町在住の方がご好意で一般開放しているご自宅の庭園です。見頃は例年5月下旬〜6月上旬ごろ。

・服部農園あじさい屋敷(千葉)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「今が見頃。千葉県『服部農園あじさい屋敷』」(ライター:YUKIKO TAKEI)より

千葉県茂原市の「服部農園あじさい屋敷」は、18,000平方メートルの敷地に200種・10,000株以上のアジサイが植えられているスポット。例年6月上旬〜7月上旬には、山の斜面を覆い尽くすように咲く鮮やかなアジサイが楽しめます。

7月に見たい絶景

・星野リゾートトマム 雲海テラス(北海道)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「まだまだ夏はこれから! 北海道の夏のおすすめ絶景スポットTOP3」(ライター:sorano)より

星野リゾートトマム内にある「雲海テラス」は、標高1,088mの絶景スポット。気象条件が揃うと、ダイナミックな雲海を間近で観賞することができます。雲海シーズンは5月〜10月中旬で、シーズン中の早朝に雲海が見られる確率はおよそ40%。雲海予報をチェックして訪れましょう。

・田んぼアート(埼玉)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「【埼玉】長い眠りから覚めた古代蓮と、世界最大の田んぼアートを見に行こう!」(ライター:BLUE)より

全国各地で行われている「田んぼアート」。埼玉県行田市では、ギネス世界記録にも認定された壮大なスケールの田んぼアートを、古代蓮会館の展望室から眺めることができます。見頃は7月中旬〜10月中旬。

8月に見たい絶景

・明野のひまわり畑(山梨)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「【山梨】夏の絶景、ひまわり畑を見に行こう!『北杜市明野サンフラワーフェス』」(ライター:Tom)より

山梨県の北杜市明野町は、日照時間の長さが全国トップクラスの地域。夏になると、美しい山岳を背景に約60万本のひまわりが咲きます。見頃は例年7月下旬~8月下旬。

・白糸の滝(静岡)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「【静岡】この夏は、涼しい絶景スポットへ行こう! 世界遺産『白糸の滝』」(ライター:ちゃんちか)より

静岡県富士宮市の「白糸の滝」は、全国的にも珍しい湧き水からなる滝。世界遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産として登録されています。幅約150mの絶壁から滝が流れ落ちる様子は壮観で、水しぶきに包まれ夏も涼しく感じられますよ。

9月に見たい絶景

・四季彩の丘(北海道)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「虹色の絶景にパワーをもらおう!北海道のカラフルな絶景5選!」(ライター:sorano)より

北海道上川郡美瑛町にある「四季彩の丘」では、春から秋にかけて、チューリップ、ラベンダー、サルビアなどさまざまな花が楽しめます。虹色の絨毯のような花畑は、9月下旬までが見頃。

・卯原内サンゴ草群生地(北海道)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「豊かな色彩の絶景に恍惚!“北海道の絶景色辞典”」(ライター:sorano)より

北海道網走市にある「能取湖」のほとりでは、秋になるとサンゴ草(アッケシソウ)が紅葉し、真っ赤な絨毯のような絶景が見られます。遊歩道も整備されており、間近で楽しむことが可能。サンゴ草は8月下旬〜9月上旬に色づき始め、例年9月中旬が見頃となっています。

10月に見たい絶景

・尾瀬ヶ原の草紅葉(群馬)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「どこまでも続く黄金色の世界! 秋の『尾瀬ヶ原』ハイキング」(ライター:ちゃんちか)より

本州最大の高層湿原で、ハイキングコースとして人気がある「尾瀬ヶ原」。例年9月下旬〜10月中旬ごろには、湿原一帯の草がオレンジ色に染まる「草紅葉」の絶景が見られます。果てしなく広がるオレンジ色の絨毯は、まるで別世界のよう。

・国営ひたち海浜公園のコキア(茨城)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「【茨城】まるで真っ赤な絨毯!『国営ひたち海浜公園』のコキアは想像を超える絶景だった」(ライター:かずのこ)より

「国営ひたち海浜公園」の真っ赤なコキアが見られるのは、例年10月中旬ごろ。9月下旬〜10月上旬には緑から赤に移り変わるグラデーションコキアが、10月下旬には秋空に映える黄金コキアが楽しめます。

・大石公園のコキア(山梨)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「秋の絶景! 富士山とコキアの美しいコラボが見られるスポット」(ライター:ちゃんちか)より

河口湖北岸にある「大石公園」は、絶好の富士山ビュースポット。例年10月ごろには、真っ赤に紅葉したコキアと富士山との共演を楽しめます。

・鳴子峡の紅葉(宮城)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「東北の紅葉と言えばここ!『鳴子峡』の紅葉はダイナミック!」(ライター:Bremen)より

宮城県の「鳴子峡」では、赤色や黄色に染まった木々が一面に広がり、峡谷をおおうような見事な紅葉を楽しむことができます。例年10月下旬ごろに見頃を迎えるその美しい光景は、ポスターになるほどの絶景!

11月に見たい絶景

・河口湖畔の紅葉(山梨)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「【河口湖】もみじと富士山の絶景コラボを写真におさめよう!」(ライター:BLUE)より

山梨県の「河口湖」周辺の紅葉は、例年11月が見頃。色鮮やかな紅葉越しに富士山を望むことができる絶景スポットです。毎年多くの行楽客で賑わう「富士河口湖紅葉まつり」も開催されます。

・瑠璃光院(京都)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「年内10日まで秋の特別公開中! 京都『瑠璃光院』の紅葉を急ぎご覧ください!」(ライター:Bremen)より

京都北部八瀬に佇む「瑠璃光院」は、窓いっぱいに広がる紅葉が机に反射する絶景で知られるスポット。春と秋に行われる特別公開の時期にのみ拝観することができます。例年の紅葉の見頃は、11月中旬~12月上旬。

・霧の海(広島)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「『霧の海』をみたいなら広島・三次市に行ってみよう① 〜高谷山編〜」(ライター:まさき)より

秋〜早春の早朝、広島県三次市は深い霧に包まれることがあります。展望スポットから見おろすと、周囲の山々がまるで海に浮かぶ島のように見え、とても幻想的。

12月に見たい絶景

・星野リゾートトマム アイスヴィレッジ(北海道)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「星野リゾートトマムの『アイスヴィレッジ』で極寒の北海道を楽しむ」(ライター:sorano)より

星野リゾートトマムに毎年冬にだけ現れる「アイスヴィレッジ」。氷でできたバーやテラスが登場し、まるで童話の世界に迷い込んだかのような、ここならではの体験ができます。

・軽井沢高原教会 星降る森のクリスマス(長野)

 

一度は行きたい日本国内の絶景スポット30! 月ごとのおすすめをご紹介

写真:「【軽井沢×日帰り】ランタンキャンドルの灯りで煌めく森へ! 新幹線で行く『クリスマスキャンドルナイト』」(ライター:mii)より

長野県軽井沢町の「軽井沢高原教会」では、毎年「星降る森のクリスマス」が開催されます。クリスマスツリーやランタンの灯りでキラキラと輝く森が、とってもロマンチック。

ittaライターの旅のしおりから、日本国内の絶景スポットをピックアップしてご紹介しました。今年の旅行計画を立てる際に、参考にしてみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

小さな街に魅力たっぷり!シンガポールの定番観光スポット6選

山口県民がオススメする!山口に来たら絶対食べて欲しいグルメ

【銀座】カツカレー発祥の名店「銀座スイス」

クレジットソースリンク