「こんまり」プロデューサーが明かす自分らしく輝くセルフプロデュース術

「こんまり」こと近藤麻理恵は、今や「片づけ」プロフェッショナルとして、世界で最も知られる日本人の一人となりました。2015年雑誌「TIME」の「世界で最も影響力のある100人」に選出、2019年には彼女独自の片づけ法「こんまりメソッド」をテーマにしたドキュメンタリー番組が動画配信サービス「Netflix」でシリーズ化。「KonMari~人生がときめく片づけの魔法~(Tidying Up with Marie Kondo)」は世界190の国と地域で配信されました。同年にはテレビ番組のアカデミー賞とも言われる「エミー賞」で、2部門ノミネートされました(これは日本人初の快挙だそうです)。

麻理恵さんの世界進出の戦略を手掛けてきたのがプロデューサーであり夫でもある私、川原卓巳でした。日本で活動していた彼女が、どのような流れで世界を舞台に活躍することになったのか。

初めて書き下ろした書籍『Be Yourself』では、麻理恵さんと二人で歩いてきた「自分らしく輝く」ための道のりをご紹介しています。特別なスキルや努力は必要ありません。あなたが、あなたらしく戻ること。そのためのステップをまとめました。本記事では具体的に、あなたがあなたらしく輝くためのメソッドをご紹介します。(構成:宮本恵理子)

無理なく続けていることが「好き」のサイン

 これまで紹介した「自分らしさを知る最強の方法、それが「片づけ」だ」「自分の魅力って何?答えはあなたの「外」ではなく「内」にある」に従って、あなたを取り巻く余計なものをどんどん手放したら、ようやく次は「好き」「楽しい」「やってみたい」につながる本来のあなたを見つけましょう。

 ただ、これが実は簡単なようで難しい。

 それもそのはず。長い間、ずっと忘れていたものを取り戻すのだから。

 どうしたらいいの? そう思う人に、試してほしいことが一つあります。

「好き」や「楽しい」までいかなくてもいいから、「いつの間にか続けていること」はないかと、自分の普段の行動を振り返ってみてください。ムダな時間を片づけたら、今度はあなたが自然と費やしている時間を知るのです。

 僕がプロデューサーとして、誰かの魅力を見極めようとする時に観察するのは、その人が「何を言っているか」ではなくて、「何をしているか」。

 人は、口では何とでも言えるものです。でも、その人の本来の姿は言葉ではなく行動に現れます。

 仕事や学校で拘束されている以外の時間で、あなたは何をしていますか。

 誰かに「しなさい」と強制されたわけでもないのに、あなたが勝手に続けていることは何ですか。

 例えば、休日はずっと絵を描いていたり、友達の人生相談に乗っていたり、最新のオーディオ機器のスペックを比較したり。はやりのカフェを訪れたり、本屋さんが好きでしょっちゅう売り場を回っていたり。コツコツと英語の勉強をしたり、旅行のガイドブックを眺めたりしているのかもしれません。

 それこそが、あなたが無理なく頑張れること。

 自分が何にどれだけの時間を使っているのか?

 2週間くらい観察してみると、きっと発見があるはずです。

Photo by 千倉志野


クレジットソースリンク