ブルガリホテルズリゾーツは2022年、ローマに新しいブルガリホテルを開業することを発表した。「ブルガリ ホテル ローマ」はアウグスト・インペラトーレ広場の中央に建てられ、コルソ通りとバブイーノ通りにある、かのスペイン階段やブルガリローマ本店を構えるコンドッティ通りにほど近い、カンポ・マルツィオ地区に建設される。

建物の正面には見事な青銅の噴水があり、その一部には、ラテン語で「皇帝アウグストゥスの魂が宿る地」と刻まれている。それは、アウグストゥスの独特な美的センスと惜しみなく注いだ建築への情熱を意味し、彼自身が、歴史的一時代を築き上げ、それを定義づけるに建築が必要不可欠な文化的要素であるとしたもので、その考えがこの歴史的建築をリノベーションする原点となった。

厳格なイタリア合理主義建築を表現した建物

 新しい「ブルガリ ホテル ローマ」の建物は、1936年から1938年にかけて建築家のヴィットリオ・バリオ・モルプルゴによってデザインされたイタリア合理主義建築であり、ローマの最も象徴的な2 つのランドマークであるアラ・パキス祭壇と初代ローマ皇帝アウグストゥスの霊廟(現在リノベーション中)の向かいに位置し、黄土色のトラバーチン大理石や赤茶色のレンガなど、伝統的なローマの建築資材や色で強調された、巨大な近代建築物として蘇える。

 100室以上ある客室のほとんどがスイートで構成され、ミシュランスターシェフであるニコ・ロミート監修の一流レストラン「イル・リストランテ」と「ザ・ブルガリ・バー」はどちらも最上階に位置し、この比類なき永遠の都を一望の中に収めることができる。他にも、室内プール付きの最高級スパやブルガリならではのワークショップトレーニングメソッドが受けられる最先端のジムなど、様々な施設が用意される。

フレッツァ通り側

 ミラノ、ロンドン、バリ、北京、ドバイ、上海にすでに開業している6 つのホテルに続いて、2022年にブルガリのホームタウンである、ローマでのホテル開業。同時に2020年から2023年の間にパリ、モスクワ、そして東京に、ブルガリホテルは開業予定である。

Contact info:ブルガリ ジャパン Tel.03-6362-0100

アートプリントが深める、ブルガリ・ブルガリ「シティーズ 限定モデル 2020」の魅力


https://www.webchronos.net/news/46826/

ブルガリの「オクト フィニッシモ」が3つの名誉ある賞に選出される

https://www.webchronos.net/news/45447/
ブルガリ/ブルガリ・ブルガリ

https://www.webchronos.net/iconic/16283/

クレジットソースリンク