コロナ禍で多くのスポーツが延期や中止されるなか、NumberWebでは、『Sports Graphic Number』の過去の記事のなかから、「こんなときだからこそ読んで欲しい」と思う記事を特別公開します!

 今回は「781号 メンタル・バイブル」(2011年6月23日発売)に掲載された『「誠」の心を読み解く8つの秘話。』。日本代表のキャプテン、そして現在もフランクフルトで頼られる彼の精神構造を、旧知の人々が語ってくれています。

<証言1 トランプに勝つためにミスチルを流し続ける(永田充)>

 長谷部は自他ともに認める大の「負けず嫌い」だ。それを物語るエピソードがある。

 今年1月、アジアカップの大会中、日本代表がカタールのホテルに滞在しているときのことだ。長谷部はユース日本代表でともにプレーし、高校時代からの親友である永田充の部屋に電話をかけた。


「トランプをやりたいから、買ってきてくれない?」

 永田は「オレはパシリじゃないぞ!」と思いつつもトランプを買ってくると、さらに注文が待っていた。

「ミツルの部屋に集まって、みんなでトランプをやろう」

 永田はキャプテンの理不尽な振舞いを、冗談まじりに訴えた。

「長谷部は天然なところがあって、自分の部屋はすごくきれいなのに、他人の部屋を汚すのは全然気にしないんですよね」

 集まったのは長谷部、永田に加えて、今野泰幸、森脇良太、柏木陽介。ベテランの遠藤保仁もときどき参加する。他の部屋からイスを持ち込んだが数が足りず、何人かはベッドに座らなければいけなかった。

 ここで長谷部は、自分が座る席に異常なこだわりを見せた。部屋にひとつだけあった高級ソファーを絶対に人に譲らなかったのだ。万全の状態で“勝負”に臨むために。

「長時間やっていると、ベッドに座っている人は腰が痛くなるんですよ。で、『席を替わろう』って言っても、長谷部は絶対に動こうとしませんから。あいつはいい椅子を好むんです(笑)」

 勝つための準備は、これだけではない。

「ミスチルがかかっていると自分は勝てる」と言い張り、ミスター・チルドレンのライブDVDをエンドレスで流し続けたのだ。

 永田は苦笑しながら振り返る。

「みんなミスチルは好きですけど、ライブバージョンなのでイェーイとか聞こえてくるのでトランプに集中できない。みんな『うぜぇ、うぜぇ』と、文句を言っても、それでもあいつは流し続ける。最後にはみんなでDVDを隠したくらいですからね」

 たかがトランプにも手を抜かない。ここまで負けず嫌いだと、ある意味、才能である。

<証言2 真面目キャラを逆に利用する(永田充)>

 もちろんトランプは運に左右される部分もある。もし負けが続きそうになったら、長谷部はどうするのか? 答えは簡単だ。途中で切り上げて、部屋に帰ってしまうのである。

 永田の“告発”は続く。

「負け始めると、長谷部はもっともらしいことを言って帰っちゃうんですよ。『シャワーをあびる時間だから』とか『家族から電話がある』とか真面目キャラを出して。みんなで『勝ち逃げだ!』と突っ込んでも、構わず部屋に戻っていきました」

【次ページ】 「もっとしっかり走ろうぜ」

クレジットソースリンク