←『奥様は、取り扱い注意』1〜10話 全レビューを読む

イラスト/Morimori no moRi

新型コロナ感染拡大の影響で、各テレビ局はドラマの撮影や番組の収録が行えず、過去の番組の再放送や再編集版、傑作選などが多く放送されている。

2017年10月〜12月に日本テレビでオンエアされた「奥様は、取り扱い注意」が再放送中だ。エキレビ!で本放送時に掲載した、寺西ジャジューカ氏によるレビューを再掲する(日付などは当時のまま掲載)。

西島秀俊との対決を決意した綾瀬はるか。理想の夫婦になるために

大原優里(広末涼子)のモノローグから始まった、11月29日放送『奥様は、取り扱い注意』第9話。夫・啓輔(石黒賢)の顔を見ながら「なぜ、この人と結婚してしまったんだろう」と心の中でつぶやく、能面のような表情の優里。明朝の起こしてほしい時間を夫から告げられた彼女は「この人にとって私はもう女でも人間でもなく、ただの目覚まし時計なのかもしれない」と、低温度なまま啓輔の寝顔を見つめている。

家庭にいる時の優里は、いつもこうだ。表情が絶望にあふれている。一方、自宅で夫・勇輝(西島秀俊)と会話する際の伊早山菜美(綾瀬はるか)のキラキラした表情はどうか。優里とは、あまりに対照的。何しろ、菜美にとって勇輝は初めて一目惚れした男性なのだから。

“本当の夫婦”になろうと、ようやく渉と向き合った京子

菜美と優里、そして佐藤京子(本田翼)の主婦友3人組はいつも仲良し。日中、ランチをして集まる時などは本当に楽しそうだ。しかし、実はそれぞれの家庭が火種を抱えており、そのどれもが暴発寸前である。

どの家庭が最も危ういだろう? 考えてみたのだが、どこも優劣つけがたい。では、まずは最年少の京子から触れていこう。佐藤家には、亭主・渉(中尾明慶)の浮気疑惑がある。京子は渉の会社帰りを待ち伏せ、尾行を決行した。すると渉は見知らぬ女性と落ち合い、腕を組んでそのままラブホテルへ入って行ってしまった。疑惑が確信に変わった瞬間だ。

こんな夫の裏切りについて、京子は「私にも原因があるんです」と告白する。彼女は、どんな思い当たる節があるというのか?

・旧姓が「浮気(ふけ)」の京子は、高校時代に告白してきた渉と結婚して「佐藤」という普通の名字を手に入れようと考えた。
・子どもの頃は母親が小さなアパートの部屋へ男を頻繁に連れ込んでおり、早く家を出たかった。渉の家庭は広くて大きな家を持っていた。
・京子は渉が全くタイプではなかった。
「私、結局、佐藤くんを利用したんです。彼は優しいからそんなことわかってても、私の思い通りにしてくれたんです」(京子)


クレジットソースリンク