高級ホテル ホームレス宿泊所に

スイス・ジュネーブの三つ星ホテル「ベル・エスペランス」の一室をあてがわれたハフィーダ・マルスリさん(2020年4月16日撮影)。(c)Fabrice COFFRINI / AFP

写真拡大


【AFP=時事】ソフィアン・ラハマニ(Sofiane Rahmani)さん(16)は、信じられないほどの幸運に恵まれている。数年間にわたって路上で暮らしたり、一時宿泊施設を転々とした後、今はホテルの部屋で暮らしている。バス・トイレ、3食付きだ。

 ラハマニさんが暮らしているのは、スイス・ジュネーブ旧市街の中心部に位置する三つ星ホテル「ベル・エスペランス(Bel Esperance)。アルジェリア出身の不法移民であるラハマニさんはAFPの取材に対し、「これこそ真のぜいたく」と語った。

 同ホテルは先月、相次ぐ予約のキャンセルを受けて、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)が続く間、施設全体をホームレスの女性と若者用の宿泊施設に転用し、路上生活から抜け出す手助けをすることに決めた。20部屋をホームレスの女性に、11部屋をラハマニさんのような保護者の付き添いがなく、スイスで難民認定申請をすることができない未成年者に提供している。

 ホームレスの女性と未成年者は、6月1日までこのホテルに滞在できるという。

 同ホテルのアラン・ムーリー(Alain Meuwly)氏は、スイスは3月上旬、公の行事をすべて中止したり、飲食店や小売店を休業させたりする措置を開始したことで、「予約の90%超がキャンセルされた」と語っている。

 新型ウイルスによるスイスの感染者はこれまでに2万8000人近くに上り、1100人超が亡くなっている。スイスにはホームレスに対する国策がなく、26州がそれぞれ独自の措置を取っている。

 ジュネーブでは、救世軍(Salvation Army)などの団体が、ベッド数十台を備えた緊急一時宿泊施設を長年にわたり運営してきたが、24時間体制の支援を行ったことはこれまで一度もなかった。

 ラハマニさんは3年前、アルジェリアから危険な航海を経てスペインに渡った。それから仏パリに向かい、先月ジュネーブに流れ着いた。

 ラハマニさんはホテル生活について、「文句なく快適」だと語った。「食べ物について考えなくていいし、寝る場所はどうしよう、風邪をひいてしまったらどうしようと心配しなくてもいい」「ずっとここにいたい」と語った。

 救世軍によるジュネーブのホームレス宿泊施設のプログラムを率いるバレリー・スパーニャ(Valerie Spagna)氏は、現在最も懸念していることは、ホテルに滞在するホームレスが6月1日に退去を求められた時に「現実に戻ること」だと語る。

「彼らはいつか現実の生活に戻らなければならない」「それはつらいものになるだろう」と語った。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
・ベランダからつるした「連帯の籠」で支え合う、コロナ禍の伊ナポリ
・所持金なくなり…インド警察、洞窟で生活の外国人観光客らを隔離下に
・ロヒンギャ船、コロナ懸念で着岸拒否相次ぐ 60人死亡の船も


クレジットソースリンク