17 歳の少年が起こした殺害事件。すべてを狂わせた彼の母親は、怪物(モンスター)? それとも聖母(マリア)だったか——。 男たちとゆきずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきた秋子。シングルマザーの彼女は、実の息子・周平に奇妙な執着を見せる。幼い周平にとってもまた、頼れるものは母親しかいなかった。やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していく中で、母と息子の間に生まれた“絆”。それは成長した周平をひとつの殺害事件へ向かわせる——。 何が少年を追い込んだのか? 事件の真相に迫るとき、少年の“告白”に涙があふれだす。彼が罪を犯してまで守りたかったものとは——? 主演の長澤まさみが、シングルマザーの秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく母親に挑戦。また、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲが演じている。製作は、日本アカデミー賞(主要部門)三冠の『新聞記者』(19)、『宮本から君へ』(19)など話題作をおくりだし、現代社会の様々なテーマを世に問い続ける映画会社スターサンズ。河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『日日是好日』の大森立嗣監督とタッグを組み、新たな物語として映画化した。

17歳の少年が起こした殺害事件、彼の母親は怪物、それとも聖母?実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』!

今回解禁されたシーン写真は合計 8 点。「身内から絶縁され、社会から孤立していく、後戻りのできない秋子(長澤まさみ)と周平(奥平大兼)が二人で橋を渡る」シーンや、「子供たちのそばにいながらも、心はその場所になく、うつろな目でタバコをふかす秋子」、「転々と流浪する生活を送る秋子と子供たちが、ラブホテルのベッドで川の字に眠る」姿、「秋子の母親(木野花)の前で思いつめた表情で座る周平」、「秋子の家に転がりこんだ遼(阿部サダヲ)が、幼少期の周平(郡司翔)を茶化すように笑う」シーンのほか、児童相談所の職員・亜矢(夏帆)が周平たちの力になろうと相談にのる様子や、行くあてが無くなった秋子が、住処を得るためラブホテルの従業員・赤川(仲野太賀)を挑発する場面写真も解禁。 『新聞記者』(19)、『宮本から君へ』(19)の映画会社スターサンズと、『日日是好日』(18)の大森立嗣監督がタッグを組み、母親役に長澤まさみ、内縁の夫役に阿部サダヲ、息子役に新人・奥平大兼を迎え、実際に起きた事件に着想を得て、新たな物語として送り出す衝撃作『MOTHER マザー』は、今夏全国公開。


クレジットソースリンク