エンゼルスの大谷翔平がMLBのオールスターゲームに出場(日本時間2021年7月14日)が決まった。ア・リーグ指名打者部門で、前日に行われる恒例の本塁打競争にも出場する。バッターとしての活躍は目を見張るものがあるから当然だが、ここへきて投手としての大谷に、やや心配な兆候が見える。

   FLASHが伝えているように、審判の判定が厳しくなってきているのだ。6月12日のダイヤモンドバックス戦では、1イニングで2つのボークの判定を受け、大谷には珍しく「なんで?」という表情を見せた。ストライクの判定も、明らかに首を傾げざるを得ないものが多くなっているが、一番心配なのは大リーグの「粗悪なすべるボール」への対応である。

   日本時間の7月1日に行われたヤンキース戦では、3分の2回で5四死球、2安打、7失点という乱調で降板した。フォーシームは浮き上がり、スプリットはバッターの手前でお辞儀してしまう。大谷は松ヤニなどの違法なものは使っていないから心配はないが、これからますます暑くなってくると、さらに汗ですべりやすくなるはずだ。このクソボールをコントロールできるかどうかが、投手・大谷の最大の課題になる。彼なら克服できると思いたい。

「Awesome City Club」青髪PORINとホテル密会のオザケン 「離婚協議中」と言い残してNY にトンズラ

   私もオザケンぐらいは知っている。小沢健二(53)は父親に筑波大学名誉教授でドイツ文学者の小澤俊夫、母親は臨床心理学者の小沢牧子、叔父に指揮者の小澤征爾がいて、自身も東京大学文学部在学中に、小山田圭吾らと「フリッパーズ・ギター」としてメジャーデビューしている超サラブレッドである。

   長身、端正な顔立ちで、渋谷系の王子様としてアイドルになり、1993年にはソロデビューして、「愛し愛されて生きるのさ」「ラブリー」などのヒットを連発、NHK紅白にも2年連続して出場している。98年に「自分のペースで生活したい」とニューヨークへ移住し、2009年には写真家のエリザベス・コールと結婚して2人の男の子を授かっている。

   幸せを絵に描いたような人生ではないか。ただ、次男が生まれて、子どもを日本で教育させるために密かに戻って来ていたそうだ。そして、文春砲に、23歳年下の女性と深夜、”ラブリー”していたところを隠し撮りされてしまうのである。

   5月21日、夜11時過ぎに六本木のテレ朝の楽屋から出てきた小沢は、自宅へと向かったが、家には入らず、今度はタクシーに乗り換え、コンビニに寄ってシャンパンなどを購入(そんな高級な酒を置いてるコンビニってあるんだ。私の近くはワンカップだけだが)、またタクシーを走らせた。外資系高級ホテルで降りる。ここは小沢が客室を仕事場として使っているそうだ。

   専用エレベーターに乗り込み、その5分後に、印象的な青い髪をのぞかせた黒のバケットハットを目深にかぶった女性もエレベーターに乗り込んだそうである。彼女は3人組バンド「Awesome City Club」のボーカルをしているPORIN(30)で、今年、映画『花束みたいな恋をした』のインスパイアソングとして(何のこっちゃ?)リリースした「勿忘(わすれな)」でブレイクしたそうだ。

   この夜、ホテルのフロント階に着いた2人は、チエックインの客が多いために踵を返し、小沢は再びタクシーを拾って1キロ先の名門ホテルへGO! 続いてPORINも同じホテルの同じ部屋に消えたという。

   2人の関係は3年近いそうで、彼女は小沢から、「妻と離婚に向けて話し合っている」と聞かされ、悩んでいるという。まあ、不倫男の常とう句だが、週刊文春の直撃に対してPORINは、「こういう場合はどう答えればよいのかちょっと。小沢さんの方が知っているかもしれないですね。芸能界が長い方なので」

   さすが芸能界が長い方だけに、小沢は現在、再び渡米中だという。逃げるは恥ではないようだ。ニューヨークでは聞こえないかな?「オザケン、フザケンナ!」の声は。

世話になったスポンサー「バンダイナムコ」ともケンカはじめたバカ殿たけし 老醜さらさず静かに消えたら

   デイリー新潮が、<離婚協議中と伝えられていた『NEWS23』(TBS系)のキャスターを務める小川彩佳氏(36)と、医療ベンチャー『メドレー』の前代表・豊田剛一郎氏(37)の離婚が成立した。6月30日までに、都内区役所に離婚届が提出され受理されていた>と報じている。一説には慰謝料10億円などと噂されたが、どうやらそこまでではないようだ。

   志村けんの演じた「バカ殿」はいなくなったが、世にこの類はまだまだ多いようだ。軍団から「殿、殿」と祀り上げられていたビートたけしが、何を血迷ったのか、長年世話になってきたバンダイを訴えて、法廷闘争を繰り広げていると週刊新潮が報じている。

   訴状には「被告は原告に対し、金6738万円を払え」とあるそうだ。バンダイといえば、たけしのつまらない(失礼!)映画の出資者になり、製作者にも名前を連ねてきた。たけしにいわせれば、海外使用については許諾を与えていないのに無断で使用され、対価も一切払われていないから、損害賠償せよということのようだ。

   これは本来、たけしが設立した「オフィス北野」にいうべきことだが、たけしが社長の森昌行と対立して独立し、「北野」から森が退社し規模を縮小したため、バンダイナムコアーツにその権利を譲渡し、同社が権限を持つようになったそうだ。著作権法に詳しい弁護士たちは、口を揃えて「たけしの主張は無理筋」といっている。なぜなら、著作権法上、著作権は監督にはなく出資者や配給会社にあるからだ。

   それはともかく、昔は「カネに振り回されるな、人間が下品になる」といっていて、カネにだけはキレイだったたけしが、なぜ晩節を汚すような行動に出たのか。新潮によれば、一緒に暮らす「愛人妻」の差し金ではないかという。女は男では変わらないが、男は女で簡単に変わる。とくにたけしは、彼女と引っ付いたため、糟糠の妻と別れ、戦友である森社長を斬り捨て、たけし軍団の連中を寄せ付けなくなってしまった。テレビで老醜を晒し、もっと評価されると思っていただろう小説は直木賞にもひっかからず、映画のネタもほとんどなくなったようだ。

   たけしよ、後期高齢が間近いのに、「俺は金が欲しいだなんて、そんな当り前のことを言うのは、俺はウンコをするのが大好きだと言うのと同じ」(彼の本『全思考』より)ではないのか。あんたにできるのは、静かに消え去ることしかない。私はそう思う。

二人三脚で生き残りに走る「小池・菅コンビ」五輪終わったら総選挙まっしぐら

   哀れな人特集には、小池都知事と菅首相を入れないわけにはいかない。小池は6月22日(2021年)に、突然、入院してしまった。原因は過労だというが、コロナ対策だけではなく、7月4日に投開票される東京都議選で、小池が特別顧問をしている都民ファーストの会が劣勢なこともあり、東京五輪も東京の感染者が増え続けていて先行き不透明なこともありと、難問山積から逃げ出したというのが大方の見方のようである。

   週刊新潮によれば、小池は五輪が終われば都知事の椅子に魅力はなくなるから、自民党・二階幹事長を頼って国政に出ようと謀っているそうだ。だが、官邸幹部や自民党執行部が受け入れる様子はないから、「都議会自民党との関係を徐々に修復していきながら、国政復帰を窺うのが現実的です」(政治部デスク)

   しかし、週刊ポストは、新潮とは真逆で、小池の国政復帰を後押しするのは菅首相だというのである。小池はこれまでも何回か菅と会ってはいるが、入院する直前の6月19日には、初めてプライベートな空間である「首相公邸」で、約1時間にわたって五輪の運営について話し合ったというのだ。菅の側近がこう話す。

   <「総理の小池に対する評価が変わったのは最近です。パフォーマンス好きの小池が国民の五輪批判に便乗して”五輪中止をぶち上げるんじゃないか”という心配があったが、小池は軽挙妄動せずに総理の開催方針についてきた。いまや2人は五輪では運命共同体。警戒心の強い総理は小池を決して信用はしていないが、利用できるカードと考えている」>

   また、国政転出を窺う小池に都合がいいことに、次の総選挙では東京に自民党の空白区ができたのだ。公職選挙法違反で議員辞職した菅側近の菅原一秀元経産相の選挙区の東京10区だ。小池の衆院議員時代の選挙区の隣で、地盤も重なる。菅原は3年間の公民権停止処分が確定して、次の総選挙に出馬できないため、公認権を持つ菅総裁と、小池と関係がいい二階幹事長のオーケーさえあれば、自民党公認で出馬できる状況だというのだ。

   菅の生存戦略は、五輪をなんとしても成功させ、9月の自民党総裁選挙を実施せずに無投票再選へ持ち込むことだが、安倍前首相や麻生太郎、甘利明などがすんなり認めてくれるかは未知数である。そこで、よくも悪くも知名度の高い小池を取り込み、オレを引きずり下ろすなら、子分の河野太郎行政相や小泉進次郎環境相を小池と組ませて対抗するぞ、と牽制することで、政権の延命を図ることを考えていると週刊ポストは見ているのである。私はまったくこの見方には同意できないが。

   菅首相は哀れというより、”無残”といったほうがいいかもしれない。大博打を打った東京五輪開催は、感染者は増え続け、外国から来る選手団に早くも陽性者が出て、有観客でやるのは難しくなってきた。そのため、組織委が観戦チケットについては6日に予定していた再抽選の結果公表を延期することを検討しているようだ。

   追い詰められる菅首相だが、フライデーに菅のカジノ構想に反対している”ハマのドン”藤木幸夫と、国家公安委員長などを辞任して横浜市長選に出馬を表明した小此木八郎の3人が写っている写真が載っている。小此木は菅が秘書を長年務めた小此木彦三郎の三男で、彼もカジノ反対派である。小此木の出馬はいろいろ取り沙汰されてはいるが、フライデーは<「菅さんが『横浜カジノは一旦、棚上げでもいい』と考えていて、両者の『手打ち』という意味があると思われます」(自民党関係者)>と見ているようだ。

   菅にとってはカジノどころではないというのが正直なところだろう。五輪後に再選を果たして、その後にじっくりカジノを進めようという魂胆であることは間違いない。しっこさではこの男の右に出る者はいないから、万が一にも諦めるようなことはしないはずだ。

ああ懐かしいホテルグランドパレス!金大中元大統領拉現場、江川卓ドラフト事件

   フライデーに、6月末(2021年)に閉館した東京・九段にあるホテルグランドパレスの2212号室の部屋の写真が掲載されている。ここで1973年、宿泊していた韓国の金大中(後に大統領)がKCIA(韓国中央情報部)に拉致された事件が起きた。

   当時、私は月刊現代の編集者だったが、講談社から近かったこともあって、先輩からいわれて駆け付けた。だが、何をしていいのかわからず、ホテルの中をウロウロしていて、先輩に怒鳴られた。ホテル側にいわせれば、いつまでも金大中事件のホテルといわれるのは嫌だったかもしれないが、歴史を刻んだ場所が次々になくなっていくのは残念なことである。

   フライデーによれば、78年にはここでドラフト会議が行われ、その後に「江川卓事件」が起きたという。(文中敬称略)

クレジットソースリンク