“泣き虫愛ちゃん”として親しまれた元卓球選手・福原愛もはや32歳。彼女が台湾の卓球選手・江宏傑(ジャン・ホンジェ=32歳)と国際結婚したのは2017年元旦だった。

   その後、2人の子どもを授かり、台湾では「おしどり夫婦」といわれていることは、日本でも報じられた。

   その”至上の愛”が壊れかけていると、今週の文春と女性セブンが報じている。だが、文春は「夫のモラハラとモンスター家族に嫌気がさして愛が離婚する」、一方のセブンは「台湾に子供を残して里帰り中に不倫している愛」と”視点”が正反対なのである。

   夫婦間の問題だから、どちらが正しいということはないが、読んでいると頭が混乱してくる。

   文春に情報を流しているのは福原愛本人か、極めて彼女と親しい人間であろう。

   冒頭、元旦に帰国した愛が1月中旬、日本語と繁体字2枚の「離婚届」を書くシーンから始まる。書き終えた愛は、台湾にいる夫に電話をかけ、離婚の意志を告げる。

   3歳でラケットを握り、11歳で日本代表になり、五輪には4回出場した。江はリオ五輪にチャイニーズタイペイ代表として出場しているが、世界ランキングは79位、愛のほうは9位だった。

   2014年に愛が腰痛で長期休養を余儀なくされた時、江がSNSで励まし交際が始まった。江の「愛のやりたいことは僕が全力で応援する」という言葉にほだされ、結婚を決意。

   ディズニーリゾートで盛大な披露宴を挙げた2人は、台湾の番組に出演して夫と「64回キスをする」姿を公開するなど、彼の地のスター夫婦になっていく。

   夫・江の家は名家だといわれていたが、実際は違ったそうだ。結婚会見で卓球ボールをイメージしたダイヤの指輪が披露され、3000万円といわれて話題になったが、江の義姉が中国の宝飾メーカーから、「プレゼントするから宣伝のために会見で付けてほしい」と頼まれたものだったそうだ。

   文春によれば、17年10月に愛は第一子を孕むが、つわりが酷く、日に何回も吐いていた時、愛を「栄養がいかない」(お腹の子どもに栄養がいかないという意味か)と叱り、一段落して食べられるようになると、「太るからやめろ」と迫ったという。

   育児でも「悪戦苦闘の毎日だ。紙オムツを洗濯機に入れるミスをしたこともあった」(これは本人でないと語れない内容だろう)という。

   だが夫の小言は止まらず、家事を手伝うこともなかったようだ。妻が育児に奮戦しているのを知りながら、夫は、沖縄に本拠地を置く「琉球アスティーダ」に2年契約で加入してしまう。

   だが、練習をサボり、成績不振で試合にも出られなかったという。妻の愛は、卓球と子育ての両立が難しく、18年10月に現役を引退した。

   家庭ではたび重なるモラハラを受けながら、世間に対しては「夫婦円満」アピールを強要させる。歯医者へ行けば、「誘うような口の開け方をして。この売女!」と罵られ、エッセイ写真集の写真を篠山紀信に撮ってもらうと、「何でヌードを撮るような人に撮らせるんだ」と怒鳴り散らす。

   その上、夫婦のプライバシーをメディアに話してしまう義姉や、義母との折り合いも悪く、愛は「ここに私の居場所は、もうない」と思うに至る。

   19年のクリスマスに2人の子どもを連れて帰国した。夫が追いかけてきて、「やり直したい」と謝罪したため、「次はない」と通告して戻ったが、同じようなことが繰り返されたため、今年の元旦に帰国し、離婚することを決意したというのである。

   今年の2月18日に放映された『徹子の部屋』で愛が、「これからちょっと拠点を日本に移していこうかなというふうに」と答えたところから一気に不仲説が広がっていった。

大谷翔平似のイケメンと連泊

   次にセブン。2月下旬だというから、離婚を夫の江に伝え、『徹子の部屋』が放映された直後になるのだろう。愛と彼女より25センチも高い、大谷翔平似のイケメンと一緒に、横浜中華街でシュウマイやソフトクリームを仲良く食べているところを「スクープ撮」されたのである。

   この男性、都内の一流企業に勤めるエリート会社員だそうだ。愛が結婚する前からの仲で、彼女の仕事の悩みなどを聞いてくれた「彼女にとって特別な存在」(福原愛の知人)。

   「一度ゆっくり横浜を歩いてみたい」という愛の希望を受け入れ、「彼女をエスコートするためにカーシェアリングで高級車を借り、(中略)夜景のきれいなホテルまで彼がしっかりと予約していたようですよ」(男性の知人)。

   その夜は2人してホテルに泊まり、翌日は愛の自宅に招き入れ、過ごしたという。

   セブンは、「本人は否定するが、Aさんと連泊したことは紛れもない事実。ふたりがたとえ友人関係だったとしても、異国で彼女を待つ夫や子供に対しての”裏切り”ではないだろうか」と愛の行動を難じ、台湾で離婚説が出ても、夫は「自分たちがわかっていればそれでいいと思います」と答えていると、やや夫側に同情的である。

   セブンを読む限り、愛が「離婚届」を書き、夫に離婚の意志を伝えたことは、記事を書いた時点では知らなかったようだ。もちろん、文春のいう通り離婚寸前だったとしても「不倫」であることは間違いないから、彼女の行為は責められても仕方ないが、見え方がやや違ってくるのではないか。

   この福原愛の記事を読みながらこう考えた。国際結婚って難しい。私の友人で、イギリス男性と日本人女性のカップルがいる。男性のほうはしばらく前に亡くなってしまったが、彼が生きている時、彼女が私にこういったことがあった。

   「彼は日本語を覚えないから、私の英語で、どこまで心が通じ合っているのか、時々不安になるの」

   若いうちは言葉の問題など考えずに生活できても、年を取ってくると、微妙なニュアンスの違いがわからないと、通じ合えないことが増えてくるのかもしれない。私の家では「おい」「あれ」「それ」でみんな通じるが、そうはいかないのだろう。

総務官僚の接待問題はNTTにまで拡大

   さて、文春の総務官僚たちの「利害関係者」からの違法接待疑惑問題は、NTTにまで広がった。

   菅首相が抜擢した山田真貴子内閣報道官は、菅の長男・正剛ら東北新社幹部から一晩7万円超の接待を受けていたことが、文春で報じられた。


   山田は国会に呼ばれ接待された事実を認めたが、菅は辞めさせなかった。だが世論が厳しいと分かると一転、辞任させ、メディアから隔離するために入院させてしまった。

   もし、山田が居座っていたとしても、今週の文春報道で辞任せざるを得なくなっただろう。東北新社から超高額接待を受けた半年後の昨年6月4日の夜、今度はNTT代表取締役社長・澤田純の接待を受けていたのである。

   文春によれば、NTTの迎賓館と呼ばれるレストランが、東京港区・麻布十番にあるという。グループの中核企業が年会費を払い、会員会社が利用する際には4割引きになるというが、それでも高額であることに変わりはない。

   その中でも最上級の個室は「ピオニー(芍薬)」という。その日は澤田社長と経営企画部門を統括する執行役員、それに山田と、2年後輩の巻口英司総務省国際戦略局長の4人。

   私は下司な人間だから、どんなものを食い、何を飲んだかに興味がある。

   乾杯は1本3万8000円のドン・ペリニヨン。コースはキャビアや黒アワビを盛った「スペシャルコース」。1人2万4000円。魚料理にあわせた白ワインは1本3万6000円のコルトン・シャルルマーニュ。メインの肉料理には出ました! 1本12万円のシャトー・マルゴー。「ボルドーの宝石」とも「失楽園ワイン」ともいわれる。

   総額は4人で33万円。ここから4割引きにはなるが、総額は約20万円。「山田と巻口が置いていったのは、一人一万円の現金だったという」(文春)。1万円でマルゴーが飲めるなら毎日でもいい。私はシャトー・ラトゥールでもいいがね。

   この1か月後の7月3日、NTTデータの岩本敏男前社長が同じ個室で接待したのは、菅の看板政策「携帯値下げ」のキーマンで側近の谷脇康彦総務審議官と、金杉憲治外務審議官だった。

   こちらは1人1万6000円の「ヘルシー・コース」で、栃木産の和牛に合わせて出されたのが1本3万4000円のキスラーのピノ・ノワール、「酔鯨」の最高級大吟醸「DAITO」でこれは1本4万8000円だ。「十四代」の大吟醸は四合瓶で3万円ぐらいだから、これよりは安いか。ずいぶん「十四代」を飲んでいないな。

   帰りに谷脇と金杉は会費と称して5000円ずつ支払い、「領収書」をもらっていった。

   これを書き写していて、文春の取材力はつくづくすごいと思う。食事の内容から出されたワインや酒の銘柄まで、どうやって取材したのだろうか。帰りに官僚が支払った金額まで書いているということは、迎賓館の内部に通報者がいるのだろうか。

   官僚たちが超高額な飲食の接待を受けた相手は、誰が見ても「利害関係者」である。元総務省官僚が山田たちをこう解説する。

   「彼女のような国際担当の総務審議官は通信や放送の対外業務を担当しています。NTTグループの利害に直結する5Gや日米の通信行政なども担当する立場です」

   谷脇は「携帯電話を値下げしろ」と菅のお先棒を担いでいるのだから、NTT側にとっては最重要人物であろう。

   それを重々承知の上で、利害関係者である企業のトップたちの出す料理や酒をよく飲めるものだと、変に感心してしまう。

谷脇康彦総務審議官を守りたい菅首相

   文春にいわせれば、山田を切ることが遅れたのは、谷脇を守るためだったというのだ。

   山田が高額接待で職を追われれば、合計12万円もの接待を受けた谷脇への風当たりが強まるから、菅は何としても山田を続投させたかった。

   2月24日に谷脇は減給という懲戒処分を受けている。総務省のナンバー2だが、今夏の事務次官就任はなくなった。だが、まだギリギリ次官への道はあるというのだ。

   政治部記者によると、谷脇が62歳の定年を迎えるのが来年の9月11日。懲戒処分を受けた谷脇が昇任可能になるのは来年の8月24日。次官になって、定年延長すればいいから、処分を急いだのではないかというのである。

   姑息な手段を考えることでは天下一品の官僚たちだから、あながち否定はできない。

   だが、谷脇は3月1日の衆院予算委員会で、立憲民主党の森山浩行衆院議員から、「東北新社以外の衛星放送各社、民放やNHK、あるいは通信会社の社長から接待を受けたことがあるか」と問われ、「公務員倫理法に違反する接待を受けたということはございません」と答弁しているのだ。

   文春はこう断言する。

   「NTTはNTT法によって規定され、事業計画や取締役の選任などは、その都度、総務相の『認可』が必要になる。総務省幹部にとってNTTの社長である澤田氏が利害関係者であることは論を俟たない」

   この報道を受け、NTT側が接待の事実を認めたため、総務省は人事院の国家公務員倫理審査会に調査の開始を通知したという。菅首相の頼みの谷脇も辞任に追い込まれるのではないか。

   もう一つの頼みの五輪開催も、海外からの観光客は受け入れないことが決まった。インバウンドの来ない五輪ではやる意味はないはずだ。コロナの切り札であるワクチンも絶対数が足りないことが判明した。

   外堀も内堀も埋められ、あと残っているのは菅の辞任だけではないのか。春間近というのに、菅の周りの景色は秋から冬のようである。(文中敬称略)

クレジットソースリンク