話題の「Go To トラベル」。お得なキャンペーンですが、使い方は少々複雑です。ファイナンシャルプランナーで節約アドバイザーの丸山晴美さんに、キャンペーンの基本と活用方法を解説していただきました。


「Go To トラベル」とは

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続いたため、旅行業界や観光産業は大きく落ち込みました。「Go To トラベル」は、こうした落ち込んだ国内の旅行需要を呼び起こすために、宿泊を伴う旅行および日帰り旅行代金の最大5割を国が補助する観光支援策です。

2020年7月22日~2021年3月15日までで、旅行最終日がこの範囲に入っている必要がありますが、状況に応じて変更される場合もあります。また、補助金予算が上限に達し次第販売終了となります。

第1弾は東京都民、東京都への旅行が対象外となりましたが、2020年7月22日から9月30日までの出発分で、旅行代金総額の35%が給付額でした。支援額の上限は1人1泊あたり上限2万円、日帰りは上限1万円です。

ここがポイント! GoToトラベルの支給額額は連泊や利用回数の制限がないところです。つまり、5連泊したら、上限10万円、10連泊したら上限20万円かつ何度でも利用できます。

対象となる宿泊を伴う旅行とは、個人の場合は、宿泊+交通機関等のセットプラン、宿泊のみ、宿泊に準ずるもの。団体旅行の場合は修学旅行や職場の旅行。

対象となる日帰り旅行とは、個人旅行、団体旅行共に往復の乗車券等の移動+旅行先での消費となる食事や観光体験等とのセットプランが対象となります。

第2弾は2020年10月1日以降出発分から、第1弾では対象外であった東京都民、東京都への旅行も対象となりました。支援額の上限は1人1泊あたり上限2万円、日帰りは上限1万円なのは第1弾と変わりませんが、第2弾は総額の35%旅行代金割引(給付額)に加え、総額の15%の「地域共通クーポン」が付与されます。

宿泊旅行の場合

1人4万円の1泊2日の宿泊付き旅行を申し込んだ場合、支援額は旅行代金の2分の1相当額の2万円。そのうち7割の1万4,000円は旅行代金割引となり、旅行者の支払額は2万6,000円となります。残りの3割の6,000円が地域共通クーポンとして付与されます。

日帰り旅行の場合

1人2万円の日帰り旅行を申し込んだ場合、支援額は旅行代金の2分の1相当額の1万円。そのうち7割の7,000円は旅行代金割引となり、旅行者の支払額は1万3,000円となります。残りの3割の3,000円が地域共通クーポンとして付与されます。

申し込む際の注意点

お得な Go To トラベルですが、すべての旅行が対象になるわけではありません。ますは対象の旅行会社、旅行予約サイト、対象の宿泊施設であることを確認しましょう。詳しく知りたいときは、Go To トラベル事業局HPを参照するとよいでしょう。

各旅行会社WEBサイトでも、対象宿泊施設やツアーであることの表示がされていますので、申し込み前には必ずチェックをしましょう。

旅行会社のWEBサイトで予約をする際の注意点としては、割引を受ける際にあらかじめキャンペーンクーポンの取得をしてそのクーポンを反映させる作業が必要となる場合があります。WEB予約に慣れていない場合は、旅行代理店窓口を利用することをおすすめします。

さらにお得にするコツ

予約をする旅行サイトによっては支援額+αのお得になることがあります。

JTB……Go To トラベルキャンペーン+お店・コールセンター・Webでの予約で毎回最大3,000ポイント付与(最大10回目まで)。

楽天トラベル……楽天トラベル初めて利用かつ、2名以上の予約で最大2,000ポイント+高級宿の宿泊で最大1,000ポイント。スマホアプリからの予約で誰でも500ポイント付与。全プラン対象でエントリー&予約で楽天ポイントが付与されます。

じゃらん…じゃらんクーポンと併用可能。「Go To トラベルクーポン」+「通常じゃらんクーポン」+「特別じゃらんクーポン」の3種類のクーポンが併用できる。別途ポイントも付与されます。

ヤフートラベル……初めて予約キャンペーンで、初めて予約5%+基本ポイント1%が付与されます。5の付く日、日曜日の予約で5%、PayPay残高を利用してヤフープランまたはヤフーパック予約をすると3%ポイント付与されます。10月1日~11月13日まで。

一休.com……「Go To Travel×一休.com」は、Go To トラベル最大35%OFFに加えて、一休ポイント最大5%OFFに地域共通クーポン最大15%相当分の合計最大55%のお得。

ねらい目旅行価格帯は、日帰りの場合、旅行代金の50%かつ支援金額1万円までですので、旅行代金2万円。宿泊の場合は、旅行代金の50%かつ支援金額2万円までですので、上限一人1泊4万円前後が支援金額の上限いっぱいとなります。宿泊日数が増えた場合でも4万円×宿泊日数で変わりません。

子どもを含む家族旅行での計算方法は?

大人2人、子ども1人、乳幼児1人で宿泊旅行へ行く場合、1人1泊あたりの上限が2万円なので、2万円×4人分で最大8万円の支援金額となります。つまり、16万円分の国内旅行の予算がもてるということです。プランによっては、子ども料金が設定されているところもあるので、大人分が高くなっても子ども料金で相殺されることになります。

例えば、大人6万円×2人、子ども4万円×1人、乳幼児0円×1人、合計16万円の旅行のうち、5万6,000円が支援金額となり、実際に支払う金額は10万4,000円に加え、地域クーポン2万4,000円分ももらえます。

この場合、乳幼児の場合も1人とカウントされるので、乳幼児が無料だとしても上限2万円の支援金額は変わりません。

「地域共通クーポン」とは

第2弾から投入された地域クーポンとは、旅行代金の15%相当額としてもらうことができます。(1,000円未満の端数が生じる場合には、四捨五入(端数が500円以上の場合は1,000円のクーポン)が付与されます)。この地域クーポンは、旅行業者や宿泊事業者より配布されます。

地域クーポンには紙クーポンと電子クーポンの2種類があり、どちらもお釣りはでません。旅行先の都道府県と隣接都道府県において、旅行期間中に限り使用可能です。

旅行会社の窓口で旅行商品を購入した場合は、旅行会社にて予約完了後に紙クーポンを受け取ります。WEBで旅行商品を購入した場合は、紙クーポンの場合は宿泊施設にてチェックインの際に紙クーポンを受け取り、電子クーポンの場合は予約確認メールに電子クーポンサイト(クーポン発行画面)のURLが添付されているので、そこから予約した旅行会社の旅行業者等ID、予約番号・受付番号等の必要事項を入力してクーポンを取得します。チェックイン当日の15時(日帰りの場合は12時)からクーポンを受け取ることができます。

利用する際は、電子クーポンサイトからクーポン残高をチェックして、クーポンを発行した後、レジカウンターに設置されたQRコードを読み取って「利用済み」ボタンを押して会計の人に確認をしてもらいましょう。

宿泊施設で直接宿泊商品を購入した場合は、宿泊施設にてチェックインの際に紙クーポンを受け取ります。

  • 紙のクーポン見本

地域クーポンはどのお店でも使えるわけではなく、取扱店舗のみで利用することができます。また、店舗によって利用できるクーポンの種類(紙、電子)が異なることがありますので事前に調べておくとよいでしょう。

地域共通クーポン取扱店舗にはこのような表示がありますので、目印にするとよいでしょう。対象店舗を知りたいときはGo To トラベル事業局HPの地域共通クーポン取扱店舗検索マップを確認してください。

Go To トラベルはマスクの着用や、人混みを避ける、検温をするといった感染症予防対策をしっかりすることなどいくつかの注意事項もありますので、事前に目を通してから旅行を楽しみましょう。

クレジットソースリンク