左より、渡部建(アンジャッシュ)、東出昌大

 2020年は新型コロナウイルスに揺れた1年間だったが、芸能界は多くの不倫騒動で揺れまくった。東出昌大と唐田えりか、鈴木杏樹と北村緑郎をはじめ、6月にはアンジャッシュの渡部建が複数の女性と多目的トイレで不貞行為に及んでいたことが発覚。11月には、“ジャニーズの長男”マッチこと近藤真彦の5年間不倫、宮崎謙介元衆議院議員は4年ぶり2回目のゲス不倫をスクープされた。そこで今回は10~30代の女性100人に「今年一番印象の悪かった不倫有名人」について聞いてみた。


 第3位は、瀬戸大也。


 東京オリンピック競泳男子日本代表・瀬戸大也選手の不倫疑惑が報じられたのは、9月。20代半ばのCA女性と高級外国車でホテルに向かい、2人で過ごした様子を『週刊新潮』が報じた。瀬戸選手はこれを受け、マネジメント事務所の公式ホームページに直筆の謝罪文を掲載。しかし所属契約を結んでいたANAからは契約を打ち切られ、「味の素」のCM動画はホームページ上から削除、広告出演契約は解除、P&G社「ジレット」の広告も取り下げられた。さらに日本オリンピック委員会(IOC)のシンボルアスリートも辞退。日本水泳連盟は、年内水泳連盟への登録停止などの処分を下した。妻で飛び込み元日本代表の優佳さんも騒動後に謝罪コメントを発表、信頼回復と家族での話し合いを進めているという。


 爽やかなアスリートで夫婦仲も良いイメージだったため、「大好きだった分、ショックが大きすぎた……。奥さんもあれだけ献身的に支えてくれていたのにと思ってしまう」(24歳/女性/学生・フリーター)、「奥さんと小さい子どもがいるのに、家族を裏切ったから」(23歳/女性/学生・フリーター)、「以前奥様と一緒にテレビに出ていて、生活の中でとても支えられていると言っていたので、残念すぎた」(28歳/女性/営業・販売)、「オリンピックが内定しているときだったので他の選手に迷惑をかけるし、選考に落ちた人に対しても失礼だと思う」(39歳/女性)、「アスリートの性善説が自分の中で崩壊した」(36歳/女性/総務・人事・事務)、「子どもの保育園の迎えの前に不倫相手と会うとかありえないし、生理的に無理!」(38歳/女性/主婦)など、好感度が高かっただけに衝撃を受けた人も多かったようだ。


クレジットソースリンク